CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年03月16日

おはぎ10個

3月20日はお彼岸です

お彼岸といえば・・墓参り
墓参りには・・・・・おはぎ

連想ゲームをしているわけではないが、
20日は娘を別府につれて帰るので
今日、おはぎを作り、早めに仏様にお供えしました。
チーン!
ここで話が終わるわけがない・・・
なんと!おはぎ大好きなかっこつけまん
何個食べたと思う

10個困った
娘は1個 旦那は3個(むねやけ寸前) こがちゃん3個(これ以上食べると太る)

信じられん注意
卒業式が終わったら、ダイエットして勉強して・・と昨晩言ったような

気のせいなのか?
まだ卒業してないのか?
部屋はそのまんま!
口だけ・・動く

いいかげんニしなさい怒りと、大きな母の声が家中に響きます

市民講座の肝

今回の都城市4回連続市民講座 最終回
「NPOのはじめ方・実践編」


こがちゃんにとっても参加させていただき、実り多いものになった。
モーリー様、ニポリン様ほか都城市役所職員の皆様ありがとうございました。

こがちゃんの満足度・・・いろんな事を気づくきっかけになりましたので100%とさせていただきます。

参加された皆様はどうでしたでしょうか?帰られるとき、みなさんほんとうにいい顔をされていましたよね。

4回目の今日は、実践編ということでワークショップをしました。

「身上書」の作成
つまり、事業計画や助成金の申請書の書き方の基本です。初心者に難しい言葉はダメ
あえてこの言葉を使ったのは、うまいまる


書面に落とす作業
・ご自分の活動のミッション
・活動を始めるに当たる要因(背景)
・活動内容
・成果の予想

これをグループの中で1人3分間で伝えます。


今回のワーク
@相手に伝わるか!が「肝」
見えるように書く。相手が何を求めているかおさえて書くことが重要

Aなんといっても成果が大事
いい事をしているのは、すべていいことでないということ!が、次の「肝」。


(たとえば障がい者の例)
障害を持ち、汗をかきながら街を歩いていた。
すると、かわいそうにこんなに汗をかいて・・
大変ねと哀れむおばちゃんがいます。
このおばちゃんはとても気のいい人なんです。
悪気も何にもありません

でもね・・・この障がい者の方
ただ、早く彼女に会いたくて・・汗をかいて歩いていただけ
哀れんでもらったけど、実は・・・の、はなし。

おいちゃん、突然、市民講座に参加している車椅子の方に、
「そうじゃないですか?」と直接聞かれた・・・こがちゃんびっくりして振り返るとその方は笑って、
そうそうと大きくうなづかれた。

ここはNPO活動する上で大事な肝だと思います。


今回の講座のまとめとして
行政を、冷たい平等性というならば、市民活動はあたたかい不平等と言われた。
文化・性格が違うんだからしょうがない。
協働を考えるという同じ目的であれば、手は握られます。お互い活用すればいいんです。
そこは気が付いてほしい

前回2回、事例発表で宮崎を代表するNPOの方々は口々に「趣意書」でものすごい時間をかけたといわれた。
これは思いをそろえる作業で、つまり思いを書面に落とす作業なんです。
これがしっかりしていると目的・目標を達成するための事業が考えられます。
その中で理事・スタッフ・ボランティアとの連携が大事なんどとも講師は言われる。

NPOは、これがないと意味がないもんね!

NPO活動は「人」にはじまり「人」でどのようにも動いていくといことがよく分かりました。

都城市は市民活動のボトムアップということで2年連続このような講座を開かれた
その中で、NPO法人がいくつか立ち上がり年々、事業収益を上げながら活動をしている。
今回の講座でも・・いくつか立ち上がりそうです!
これはすごいことです。

NPOの講座を聞いて分かったと言うことは簡単ですが、実際にNPO法人を立ち上げ、活動を続けるのは大違い。
講座終了後、いろんな相談を講師にできること、これがほんとの「肝」かも。

この講座の中で、講師が伝えたいことが、参加者に伝わり行動までもおこす

これってすごい成果じゃないかな。伝わったということですよね電球
いや〜次年度どのような講座を都城市さんが企画されるのか・・ものすごく楽しみです。


*1回目 おいちゃんの講座
*3回目 事例発表 宮崎ホームホスピス

節目の卒業式

無事?かっこつけまん 中学校の卒業式が終わりました。

「中学部の卒業式は節目で、これで義務教育が終わりました。高等部では・・・」
と校長先生が子ども達にむけて高等部では思いっきり勉強し運動し、一生忘れないような青春にしてくださいという話をされていますが・・

かっこつけマン男の子分かっているのか・・・

写真撮影のとき、相変わらずクラスの友人とじゃれあい、けりあい・・・
体は本当に大きくなりましたが(Lサイズから4Lサイズになりました)
まだまだ子どもです。 ジャリが、ガキに昇格した程度・・
女の子は男の子に比べると・・しっかりしています。 何でこんなに差があるんでしょうね。


式の最後に生徒による歌がありました。
旦那 「今どきは、仰げば・・歌わんのか?」「こんな歌知らん・・・」
そうなんですよね。
4年前、上の娘の中学の卒業式でも歌わなかった。昔と変わりましたね
でも総勢70数名しかいないけど、体育館に響きよかったです。

式終了後、クラスに戻り・・担任の先生とのお別れ会です。

息子の担任は・・
この中学の先生になり3年目。32歳 独身 初めて3年間持ち上がりをした学年だった。
そして3年間担任として受け持った子が6名! わが子ジャン!
いろいろありすぎて(もしかしてわが子も含まれるかも・・・困った
のところで、先生感極まり涙・涙・・。

途中、本当に僕は先生辞めようかな・・と思ったこともありました。






でも、今は君らのおかげで定年までこの学校の先生でいたい・・・と
何度も何度も顔をくしゃくしゃにして語られた。

先生言いたいことたくさんあったようですが・・涙・涙で語れない
このクラス一番早く終わっちゃった! 

でもね、こがちゃんは思いました。

こどもらは・・先生が初めて生徒の前でくしゃくしゃになりながら涙された姿
びっくりして・笑っていたけど、茶化していませんでした
自分たちの担任の言いたかったことが、心に伝わったんだと思う
この先生らしい、お別れ会だったと・・・思いました。

いい先生です。高等部でもまたお世話になりたいです。

このあと、ホテルで祝賀会がありお世話になった部活の先生などとお話でき
心に残る卒業式とあたたかい先生方の心が伝わる祝賀会でした。

さぁ〜4月から高等部です!
同じ校舎だけど、ほかの中学から受験して入ってくる子等と一緒になります。
1クラス20人だったのが、いきなり倍の人数になります

頭切り替えて、がんばって欲しいです。