CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年03月08日

@こども発達支援センター訪問

電球おいちゃんが宙に浮いた記事から・・・・次回といっておきながらすいません
大変お待たせしました。

では早速、紹介させていただきます!
えっ何だったっけ?うそー落ち込み もう忘れたの?
おいちゃん(宮崎県NPO活動支援センター長)が延岡まで車を走らせ車ダッシュ
わざわざ見に行った所ですがな〜汗

はい!ここは、宮崎県延岡市古城町
NPO法人 げんき
延岡こども発達支援センター さくら園


ここの園長先生 山口映子さんは、NPOの講座で知り合ったお友達なのよキラキラ

さくら園ってね・・・こんなところですよ電球

 早期に発見されたしょうがいのある子どもや特にしょうがいがなくても発達に特別な支援が必要な子どもと、お母さんが利用できる支援施設です。

 毎日楽しく遊ぶ中で子どもの発達に応じた療育をしています。またどんなにしょうがいが重くても同年齢の子どもたちが経験する生活体験ができ、社会を構成する一員として生活する基礎を培っていけるよう家族と共に追求し、療育のお手伝いをされています。

 定員は25名。指導員(保育士など)、理学療法士のほか、非常勤の言語聴覚士、音楽療法士、作業療法士が集団指導、個人指導をあわせて療育されています。


↑まず見せていただいたお部屋は・・・
「おもちゃライブラリー」
すごい数の木のおもちゃ。懐かしい〜
ここはどなたでも、小学生でも遊びに来ていいお部屋拍手おもちゃの貸し代もしているんだって。
但し、開館日は決まっているので注意してね注意


↑このトイレ かわいい〜 子どもの体に合わせてよく作られています。
これだと安心してできますよね。
あなたが小さいころ、思い出して!
こがちゃん?40年前かな・・大きなスリッパをパタパタ履いて、思いっきり足を広げ
暗い和式便器で用を足していたような・・・そんで、よく片方のスリッパを便器の中に落とした困った

トイレで感激しまくりのこがちゃん!もうひとつ感激を見つけたもんね電球
それは和式トイレがあること

かっこつけマンの入園のときほんと困ったのよ!
それは・・立ちションができなーい汗上の子は、おねーちゃん。座って用を足します。

もちろん自宅のトイレは様式便座。ふつうどこでもそうじゃないかなぁ?
男の子でも、小さいころから便座に座って用を足していた。
幼稚園に入園する前、かっこつけマンが立ちションができないこと発覚
幼稚園と学校は和式トイレ これっておかしくない!でもできないと困るのは息子
しょうがない
恥ずかしがる旦那に「立ちション姿」を息子に見せてとお願いした・・

ここはそういうことを配慮して、幼稚園・学校のトイレを再現して、子どもが戸惑わないようにしている拍手

次のお部屋に行く前に・・
今回、お忙しい中気持ちよく案内してくださった皆さんを紹介しますね。素敵な笑顔です。


ちょっとここで休憩・・バラ

ひげ爺〜メガホンここご存知ですか?

次回につづく

和三盆

和三盆ってご存知?

こがちゃんの大好物笑顔


先日宮崎で開催された協働講座のパネリストとしてお見えになった へんこつ侍様から
お土産でいただいたのがこの「和三盆」 品がいいよね!そしてかわいいキラキラ

でも・・何で四国のお土産?と疑問になっていた。
あなたはこの「和三盆」どこのお菓子だと思う?

こがちゃんは、てっきり京都のお菓子と思いこんでいました。

 『ウィキペディア(Wikipedia)』 によると
和三盆(わさんぼん)とは、主に香川県や徳島県などの四国東部で伝統的に生産されている砂糖の一種である。黒砂糖をソフトにしたような風味を持つ。

日本では江戸時代に砂糖の存在が既に知られていたが、サトウキビの栽培地は南西諸島に限られており、作られる砂糖も黒砂糖が一般的であった。

やがて徳川吉宗が享保の改革において全国にサトウキビの栽培を奨励すると、高松藩が特産物創生と財源確保を目的としてこれに呼応した。 その経緯については高松藩の項が詳しい。

その後徳島藩でもサトウキビが育てられるようになり、その品種改良に力を注ぎ、領内各地で栽培できるまでなった。 しかし精糖の方法については不明だったため、他国における秘伝扱いの情報を収集し、高松藩とほぼ同時期の1800年代前半に精糖方法を確立させた。

そして和三盆は貴重な特産品として諸国へ売りに出されたが、これは全国の和菓子や郷土菓子の発展に大いなる貢献を果たした


なるほどね・・・
だから、四国のへんこつ侍様が、お土産でくださったんだぁ〜

見て楽しみ、頂いてさらに楽しみ・・・
おいしいお茶と一緒に頂きました。

和菓子・・ほんとにいいですよねラブ

お互いの呼び名は?

ラブ土曜日の昼下がり・・

あちゃー もう夕方か!

ご結婚すでにされて、こどもさんがいる方に質問です?
お互いなんと呼び合っていますか?


いや〜なんでこんなこと急に話題にしたのかって?
こがちゃんちが、変というわけではないのですが・・・
同じ歳の友人宅は、子どもが大学生になって
自宅にいなくてもよ、「お父さん」・「お母さん」でお互いを呼び合っていて
実家の親みたいと思っちゃったのよ。
でもこれって当たり前?

我が家は、ピシッと使い分けしています。

子どもの前では
パパ・ママ

友人の前では
主人、旦那 ・ 家内、奥さん

夫婦だけのときは
名前!
「ママー!」なんて呼ばれたら、「あなたのお母さんじゃない!と言われちゃうんだから笑顔
その上
用事を頼むときは「ちゃん」付け!というルールがなんとなくある〓

先ほど
仕事関係の会合(=ようは酒飲み会)があるらしく
旦那が会場まで送ってもらいたいというのが見え見えで、そばをうろうろ・・・

「○○ちゃん、ドライブに行こう!」と猫なで声で言う。うまいと思わない?

これは旦那なりに考えてのご発言のようです。
こがちゃんの場合、言い方次第でも却下されるので・・〓


まぁ〜こういわれたら送らざるを得ない妻の性格を見抜いての発言音量

皆さんのところは?

20年も一緒に生活をしてても
黙って何でもしてもらえると思ったら大間違い
夫婦だからこそ、コミュニケーションは大事で必要

思い込みが一番喧嘩の元怒りと 最近 気が付いたこがちゃんです。

いろんな講座を受講して、スキルを学んだこと
自分の家庭の場で、役にたつなーと最近思う。
今、団体を運営していないこがちゃんにとって・・我が家で実践!
ここでできないことは、自分にとって机上論だなぁと最近思う。

しかし・・かっこつけマン
まったくマネージメントできない困った
まだまだ勉強が足りません。

必殺仕掛け人

「EXplorer Hokkaido母親たちの探求」
ひとみさんから、コメントをいただき・・こんな嬉しいことないですよラブ

「いろいろなアドバイス、凄い嬉しいです。改行とか段落とか、目からうろこです。

誰も教えてくれる人もいないし、苦情もなければ、反響もないという状況が日常ですので、いつも「これでいいんだろうか、これでいいんだろうか」って思いながら進んでいるという感じです。
「誰に何を伝えたいのか?」全く考えていませんでした〜 
何か、活動記録+自分の感想みたいな感じでした。
今後も、こがちゃん様はじめ、CANPANの中をEXPLORERして学ばせていただきます。
凄く凄く嬉しかったです。どうもありがとうございました
Posted by:さとう  at 2008年03月08日(土) 10:20」



脇坂先生のブログ 「ブログ道」でも紹介され・・・力こぶ

「ブログで広報」

 前回のこのブログでも紹介し、トラックバックをいただいた「MAMAのすったもんだ」のこがちゃんさんが、別の記事で、ブログの記事の書き方について、アップされていました
それを紹介します。

 嬉しいトラックバック です。

なんかこういうアドバイスやお互いのブログに対する意見の交換など、どんどんつなげて行きたいですね。
みんなでいっしょにレベルアップして行けたらな、と思っています



なんか嬉しいです・・・でもね!でもね!こがちゃんはこのコメントがくるまで
内心、ドキドキだったのよ。
こんなこと分かっている!とか 失礼なこと言ってるよね!などと思われていないか・・・・
いろんな方がみるブログ いろんなとらえ方があるので
だからこそ、気を使います。


宮崎のカンパンブロガーがなぜ上位にランクインされていたり、なんで仲がいいのか?
脇坂氏をはじめ、全国のみなさん不思議に思われているようですねはてな


それはね・・
続きを読む・・・