CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年01月19日

人を育てるNPOin宮崎

今日は宮崎県都城市の連続市民講座の第一回目
あれ?おいちゃんと一緒にいる人はだあれ?メガホン



第一回目の市民講座講師はおいちゃんめがね
おいちゃんは皆さんご存知のように、宮崎県NPO活動支援センター長で、今日の講師依頼もこの肩書きでおねがいされている。
おいちゃんの肩書きは・・・まぁたくさんあるびっくり
その中の一つが、NPO法人宮崎文化本舗の副代表

この法人、九州でも超有名な法人です。
スタッフも30数名、いろんなことを手がけ事業高もすごい

すごいのは収益だけではない
ここは・・・人を育てるNPO法人なんです
こがちゃんだけが感じているわけではない。

NPOにとって「人」はキーワードといろんな講座で言われる

分かっていても、人が集まらない、引き継ぐ人がいない、と人が育たないと口をそろえて皆さん言われる。こがちゃんもその経験者だから、よ〜く気持はわかる
市民活動している人にとっては、永遠のテーマになるぐらいこの「人」で悩むものです。

今日は・・宮崎県立西都原考古博物館
の運営支援事業をしている宮崎文化本舗の新人スタッフS君。おいちゃんの講座の受講させています。
写真は講座前の腹ごしらえで、レストランに入ったところでした。

一般企業と違う考え方もあるNPOを、体で感じ・頭で考えられるいいチャンスです
それも NPOの講座を全国でされている おいちゃんから、直に・・・

ただ、NPOでは普通は事業に終われ、その人がいないと回りが困り
勉強は必要とわかっていても、一日出張扱いなんて出来ないところがほとんど!

でも人を育てることは、その団体にとっては
遠回りのようで、ものすごい近回りなのかもしれない
特にこれから力になるかもしれない若手!

4回連続講座をすべてを受講させるといわれる文化本舗の人づくりはすごい。
こがちゃんは、以前団体(小さな)の代表をしていたのよ・・・
ベクトルをそろえるためには学びが必要と感じていた。だって成功しているところは、いつも学んでいるんですよ!
団体の中で一人気がついても時間帯だったり、業務に支障があるなどいろいろと・・・
「学びは必要なんだ」と言える仲間を見つけられなかったことは今でもおおきな悔いです。


だからこそみんなで学べる「場」がある、みんなが学ぶことを理解し認めてくれる、・・・この体制がどれだけ羨ましかったことか。

さぁ4回終了後
学んで感じたことを・・今度はいかに現場で活かすか?気づきがあるか?

後動くのは、S君次第です

頑張れ〜びっくり

センター試験初日

今日はセンター試験初日

ふ〜ん!
じゃないのよ・・・この日を迎えた親の気持は・・・・

昨年娘がセンター試験を受けました。
前期は在校している市であるから・・いいんだけど

宮崎では公共交通の便が悪い。
自転車ではいけない距離。
なので・・・高校から貸し切りバスが出る(個人負担)

センター試験は、ほんとうに体力勝負だと感じます。
2日間朝から夕方まで集中力をいかに持続させられるか?

親としてしてあげられること
願うばかりの2日間

母は脳みそに栄養が行くお弁当をと本を購入したり、カイロを持たせたり・・・
あっ!思い出した
お弁当に受験時、母からの愛メッセージを貼り付けてた
これで、気持の切り替えができたらと・・・言葉を添えた。
(まぁこの言葉を考えるのに1週間考え続けた・・)
帰宅した娘のお弁当は空。メッセージはどこかにいってる。

でも・・・いつだったか、文集かなにかに感謝の言葉を書いていたのを読んだ。

そうそう
帰りの貸し切りバスは
収容所に行くバスの中ってこんな感じかも・・
と言うバスもあれば
妙にテンションが上がっているバスもあったと話していた
バスの中もいろいろ反応が違うと言うわけ

あれから・・・1年たったんですね
短いようで長かったように感じる。

娘の友人は、今日明日と再チャレンジしてる。
行きたかった大学にストレートで入学できた娘は・・
センター試験のニュースを見て、初心に戻ったかな?

市民講座

宮崎県都城で連続市民講座が今日からはじまります。
初回は宮崎県NPO活動支援センター長のおいちゃん
第一回目の講座って、ある意味講師の手腕が試される
いろんな事が学べるチャンス!です。
また報告しますね