CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年01月07日

講演会に是非ご参加お願いします

宮崎のターミナル・ケアを牽引している団体のホームホスピス宮崎(HHM)の代表から下記の案内が届きました。

そう!ここはこがちゃんちの認知症&右半身麻痺のじっちゃまが幸せに暮らしているかあさんの家を運営しているNPO法人です。

ホームホスピス宮崎=HHMは家族で、地域で「看取り」をと「かあさんの家」を運営し、本当に利用者第1のサービスを展開している団体です。ほんとうに心のこもったサービスをどのように提供するか日夜悪戦苦闘(特に経済的に)していますが、下記の講演会はそのような活動の底辺を広げる活動です。是非ご参加下さい。ご協力おねがいいたしますすいません

(代表の言葉)
皆様に配信しております。
明けましておめでとうございます。穏やかなお天気に恵まれたのか、宮崎神宮は初詣の人でいつになく行列ができていました。いかがお過ごしでしたか。
 さて、1月14日(祝)に開催予定のホスピスケア講演会についてご案内です。なにせ、お正月を挟むのでチケットをご案内するには、厳しいと思っておりましたが、お正月が過ぎて1週間しかなく、やはり苦戦しております。13日の宮崎県医師会館の新築記念講演会にお出でになる機会に、翌日をお願いしましたので日程的にはここしかありませんでした。
 医師会での講演会とはちょっと違った視点でお話いただきます。ソプラノの東由子さんも、“まるで絵本のような歌を”と所望し、優しい歌を選曲してくださいました。きっとそのあとの講演ともあいまって優しい時間になること請け合いです。皆様のお力をお貸しいただいて、どうぞ、周りの方々にお誘いくださいませんか。もう一声かけていただけませんか。チケットをお手元にまだお届けしていない方もあると思います。メールで返信していただければ、直ぐに郵送いたします。どうぞ、よろしくお願いいたします。

今回の講演会の益金を少しでも「かあさんの家」の運営に役立てていくつもりです。あくまでよいケアを目指していますと、経済的には苦しくなんとか軌道に乗せるべく悪戦苦闘しております。入居者が5名くらいが一番よい・・つまりその人の気配を感じてスタッフが動ける人数だと思っていますが、そこに配置するスタッフの数は7人は必要になり、効率的ではありません。しかし、最期の時間を支えるには介護、それも行き届いた介護が重要だと今実感しております。そのモデルを作っている時期だと思っています。
宮崎のまちで、安心して最期を過ごせるように・・と願って、どうぞ皆様のお力をお貸し下さい。 市原拝

 ホスピスケア市民公開講演会
         「豊かな「生と死」のために」

 講師 : 柳田邦男 氏
 日時 : 1月14日(月)  19:15開演
 会場 : 宮崎市民プラザ・オルブライトホール
 参加費: 2,000円

*チラシは


特定非営利活動法人ホームホスピス宮崎
〒880-0913宮崎市恒久2丁目19-6
電話0985-53-6056・fax0985-53-6054
メール:office@npo-hhm.jp

昨年のアクセス数

日本財団の荻ちゃんこと荻上氏
ブログのことを書かれていますが、ごらんになりましたか?

仕事始めにあたって、2007年の自分のブログを振り返り
ブログ:3,915.3
合計:4,152.3
年間総アクセス数は49,827.6件でした!と報告


すご〜いキラキラさすが荻上様拍手・・・・
ふと、すったもんだばかりのこがちゃんは、どのくらいアクセスあるんだろうか?と思った。

ありゃ!昨年の12月が消えてて・・・えーっと、足し算と引き算して

お・おーっ!
ブログ:33、038
合 計:33、784

数字だけ見ると3万台。プロフィール数が少ないのは新しい人の訪問数が少ないってことかな?などと分析する。
しかし正直こんな数字にあるとは思ってもみなかった。
皆さんのあたたかいアクセスのおかげです。感謝・感謝

ありがとうございます。

皆さんも1年間書き続けた成果が出ていると思います。ブログ数振り返りませんか?

ブログを書くことは簡単ですが、やっと簡単ではないと気付いたこがちゃん。
記事数をこなせばいいってもんじゃないのよね
カンパンブログは「公益」

そうなんです・・・
私が書きたいから、楽しいから・・・でなく
すったもんだしている介護問題、子育て問題、そして団体運営のマネジメントなどなど
困った人間だからこそ、十二分に分かっているはずなんです
その人達のために 役に立つように 意識して
読み手に伝わるように書く。
これが目標であり、目的なんです。それも継続してね。

書く前は、たかがブログ・・と思っていたけど

何のためにカンパンでブログで書いているのか
目的意識をもって、ちょっとは進化しないとなぁ〜と思っちゃいました。
だってブログ2年生に突入のこがちゃんなんだもん

荻上さんの今回のブログのお陰で、いろんな気づきをさせてもらいました。
ありがとうございました。

やっちゃいました

新年早々・・・やっちゃいました
事の次第はブログを読んでね。

今日から始動と張り切って朝早くからおきて
仕事に向かったこがちゃん

元気な声で
「おはようございまーす音量

「えっ、今日までお休みだったのでは・・・」

小さな声で
「だった〜〓」

かっこつけまんが家にいるから休みにしてくださいと無理に頼んでいたのを
すっかり忘れていた・・・落ち込み落ち込み

あーあ、用なしでそのままユーターン
時間もガソリン代も無駄。自業自得

でもね、いい事がありました。
チョイ寄ったところで、何気に拾ったもの中に
なんと お金お金がはいっていて
すんごく感謝されちゃいました

めちゃめちゃ こがちゃんいい気分で帰宅

なんか今日はいい日だった気がする。
きっと出かける日だったんだね笑顔

朝〜 in宮崎

今日は1月7日 月曜日

「七草粥の日」ですね。

七草がゆの由来 
1月7日は、七日正月、七日節句とも呼ばれ、朝、七草がゆを作って食べる風習があります。これは古くから全国的に行われている行事で、大昔は、七草とは米・麦・稗(ひえ)・粟(あわ)など七種の穀物をさし、これでかゆを作って食べてその年の五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈るという農民行事の一つであったといわれます。これがいつのころからか朝廷の行事にとり入れられ、穀物が、七種の野草や野菜にかわっていったようです。

 七草がゆの前日の6日は、野に出て若菜を摘む風習があったことが、宮廷歌人による若菜つみの歌によって、うかがい知ることができます。正月七日に七草がゆを食べると、万病を避けられると言い伝えられています。

七草とは
 昔は米や麦などを七草といっていましたが、今日では、「芹(せり) 薺(なずな) 御形(ごぎょう) はこべら 佛座(ほとけのざ) 菘(すずな) 蘿葡(すずしろ) これぞ七草」と歌に詠まれる七種類の若菜をいいます。ちなみに、なずなはぺんぺん草、ごぎょうは母子草、すずなはかぶの葉、すずしろは大根の葉のことです。みなさんは言えるかな?



暴飲暴食・・ではないが食べすぎて胃が常に満腹状態ブタ かれこれ1週間続いています。
そろそろ規則正しい生活に戻さないと・・・・やばいです。
何が・・・勿論、体重困った

こんばんは七草粥だけにいたしましょうか!
こんな晩御飯をみたら、息子が怒って怒り泣く悲しいでしょうね汗
当の本人、明日から学校が始まるというのに、9時過ぎても、まだ寝てる怒り

こがちゃんは、今日から始動。
昨日、部屋の片づけをしたり
夜中2時過ぎまで本を読んでいたので・・・しょっぱなから寝不足&筋肉痛気味
気合で乗り切りまっす力こぶ
ところで今読んでいる本 「妖」が出てきて面白いのよびっくり