CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2007年08月03日

ホテルで懇親会


かっこつけまんが通う中学の父兄と先生の懇親会がサンホテルフェニックスであっています。

会費は5000円
バイキング

我が家は主人がいつも出席
こがちゃんは、ものすごく苦手・・なんです汗
3年生は出席者数が極端に少なかったようです。

このあと2次会にいかれたお母さんも多いとか・・

「お迎えに来て〜」と酔っ払い熱燗の主人から電話携帯あり・・
やさしいこがちゃん、お迎えに行ってあげました。
夫婦といえども、貸しを作っとかないとね!

今度大きな顔で、頼めないもんねOK

療養費費請求

医師が治療上必要と認め、その処方に基づいて製作された装具代金については…基準枠で返還金をうけられます。

舅は老人医療受給者
市役所の老人医療係りへ請求にいきます。

それでは・・・宮崎市役所を案内しますね


見晴らしは最高

目の前は大淀川
昨日の台風で水かさが増えてます。泥水です。

大淀川にかかる大きな橘橋。ここが冠水したら大変なことになります。この下流は宮崎観光ホテルなどあります。

と前置きが長くなりましたが・・・
申請する老人医療係につきました。

医証・領収書・健康保健書・老人保険証・振込口座・印鑑がそろっていたので
これでオッケー
来月の20日に9割還付されます。

還付はありがたいけど・・・
なんで療養費はあちこちで還付をうけるんでしょうね?
(社会保険は今話題の社会保険事務所・国民健康保険は国民健康保険課など場所が変わる)
装具つけるということは・・不自由だということ。
本人が行くことは無理なんじゃない・・・かなと思う。
行きたくても行けない、舅みたいに脳梗塞で字がかけなくなったら、どうするんでしょうね。
コンナ状態の人を平日、わざわざ市役所まで来ないと還付できないよ!というのはどうかなと思ってしまった。

ありがたい制度でありながら、ありがたくない申請方法のようにかんじます。
何も思わんのかな・・・

余談ですが、宮崎市役所の河川敷の駐車場にとめると、急な階段を上がらないと市役所につかない。階段使わないとものすごく遠回りになる。
ヒールの高い靴を履いてると怖いと感じる。
手すりは両はしにあるけど・・
腰痛がひどいとき・・ものすごくしんどかった!

急な階段・・・誰からも文句でないのかな・・・
写真とってくればよかった・・・落ち込み

馬鹿がつく散歩

毎朝6時、大淀川の河川敷の散歩を続けているのは・・
主人です。
こがちゃんは・・・まだ寝ています

今朝、主人が散歩から戻りコーヒーを飲んでる時の会話です。

「今朝は散歩する人がいた。」
「へー雨降りでも傘さして散歩するんだぁ〜」
「さすがに昨日は誰もいなかった」「台風の中散歩するのは馬鹿だよなぁ〜」
「・・・・・」

そうなんです。台風のさなか散歩してずぶぬれになって帰宅した主人。
まぁよく寝られるようになり、健康にいいのですが・・・
台風の日に散歩して、怪我でもしたら何のための散歩かわからなくなります。
自分でわかってますが、お馬鹿さんです!

でも、気持ちよく毎日散歩出来るように
台風の中、ベチョベチョスニーカーを洗い乾かし・・毎日大洗濯していることをしってるのかねぇ?



歩きっぱなし・・・これでは・・