CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2007年04月12日

心のチャンネル

おはよう笑顔

宮崎はいいお天気。今日も暑くなるらしい・・・
宮崎は、紫外線が強い太陽
紫外線対策が、特に必要な季節になってきました。
帽子をかぶり、日焼けによるしみ防止
運転中はサングラスをかけ、眼を守る
大げさでなく、ほんとうにまぶしくて眼が痛くなるほど。さすが南国宮崎です。
こがちゃんが、福岡から宮崎にきてはじめて思ったことは、まぶし〜いキラキラ

そう今朝ラジオを聴いていたら・・・
障害者の方の自立の話があってた。
毎日お風呂に一人でゆっくり入りたい。
自分で今何が出来るか?ではどうやったら可能になるか?そのためにどんな訓練したらいいのか?と言う話の中で、片手で一人で全部やれる方法を紹介された。体をとにかく柔軟にする訓練とちょっとした器具で毎日お風呂に入れる生活が出来たと言う話でした。

健常者が、勝手に障害者がかわいそうと思い・・できる機能まで取り上げ「心」まで駄目にしている事も言われていた。
こがちゃんが大好きな障害者自立応援センターYAH!DOみやざきの永山さんのことを思い出した。

こがちゃんの舅も認知症。障害者です。
年々出来なくなることは多い。でもまだできることはたくさんあるんだと思うようになった。毎日通う施設のみんなを喜ばせることが得意なんです。
先日は、自宅の大きな桜の幹を脚立に上りのこぎりで切り落とし・・外に出られない入所者のために持参した。花見会になったらしい。
家族は、ゴミさえも持っていけない舅が脚立をどうやってここまで運べたの?杖をついている80歳のおじいちゃんが脚立から落ちて怪我をしたらどうするの?誰がそんなの大きな桜を運ぶの?桜の木は切っちゃいけないんだよ!など言いたいことばかり・・・
でもね。本人には直接的には言わない。
専門家の知恵を借り、地域を巻き込み施設のスタッフと連携とり、ものすごいと言われるほどのフォローで、したい事を可能にしている。
舅は素敵な方々に見守れ・・・今、ほんとうに幸せな時を過ごしていると思う。
生活の何から何までお世話になってるけど、そう感じず不安なことを取り除き、認知症の舅にとっての普通の生活が過ごせている。
だからこそ心がまだたくさん機能している。まわりの方々のために何かできることが喜び・幸せだと感じての行動がたくさん見受けられる。

舅のこともそうだが
自分の価値観や・都合だけで考えると、舅の「心」が見えなくなる。

心のチャンネルを切り替えることは、こがちゃんにとって簡単ではない。いつも葛藤する。
でも切り替えられる心を持つことは、とってとっても必要だと感じる。

日々勉強です力こぶ
以前NPOの巨匠 播磨氏から聞いたユニバーサルデザイン(Universal Design)
これは、文化・言語の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計(デザイン)をいうのですが、このユニバーサルデザイン・・ちょっと興味出てきた。だって社会の中で今、必要じゃん!そう思いませんか?

夜中の友 ハムスター

夜中〜
まだ家族の中で起きてるのは一匹とブタ
お互いポリポリ食べてる・・・
ハムスターはひまわりの種!
ブタこがちゃんはピーナッツ食べてます。太るぞ〜でも『やめられない・止まらない・・音符

絶好調〜とばかりに回し車を全速力で走る、我が家のハムスター事、らんちゃんネズミ
さくばん初めて我が家で過ごした。
早速、主人が夜中うるさくてたまらんと・・と苦情怒り
確かに・・

今日は、かっこつけマンの部屋に移動させられた。
初めて手渡しでキャベツをあげたら・・・
素直に受け取った。
性格いいかもラブ・・・というより 男の子と一緒でただ食べたいだけかも・・・