CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2007年03月07日

N響ホルン主席奏者との出会い

今日は宮崎市にある県立芸術劇場でN響のコンサートがあった。
毎年楽しみしているコンサート。
県外の大学に行く前に、憧れのホルン奏者の音をどうしても聞きたかったらしい。
演奏後、楽屋に行き・・直接お会いし挨拶できて・・・ルンルンの女の子

娘は中学から、部活でホルンを吹いている。
ホルン?
と思われた方が多いと思う。ぐるぐるまきの金管楽器。アルプスの少女ハイジで流れるあの柔らかい音です。ラッパが後ろ向いてて手で支えてます。
娘は、入部の時 じゃんけんで負け、体が大きいと言う事で・・・残ったホルン担当になっただけのこと。
でも・・・
ホルンと出会ってよかったのかもしれない・・・
だってこの楽器を通しての出会いがすごかったキラキラ

女の子部活に入り・・こがちゃん楽しみに娘の音を聞きにいったら・・・へっ???困った
音がずれてる・でない音がいくつもある・・・

次の日、ホルンを教えてくださる先生を、 探しました。
なんと、とてもいい先生に出会えました。
これからがすごかった。
この先生、桐朋出身で凄い人脈の持ち主キラキラ
おかげでレッスン生というだけで、一流の演奏者と出会え、個人レッスンまでしてもらえた。
宮崎というローカルな土地だからできる事で・・・ラッキーな娘です。
N響のホルン主席奏者松崎氏にもレッスンしてもらえた・・東京じゃ〜大学教授なので絶対、音大生で、高いレッスン料払わないと出来ない話。
こがちゃんもいいことあり。N響の方たちのリハに潜り込めたり、お食事できたり夢のような体験あり。

また女の子楽器との出会いが凄かった。
こがちゃんの趣味の展示会のとき、たまたま当番を一緒にした、シュガークラフトの先生の息子さん。
この息子さん、留学中のボストンからお正月で日本に戻ってこられていて・・・
なぜかしら初対面なのに話がはずんでいろんな話をしたこがちゃん。
その中で娘のホルンの話になり・・
なんと
「僕がボストンフィルの方知ってますので、プロに楽器選んでいただいて購入してきましょうか?」となった。

嘘のような本当の話になり・・実現音符
ボストンから戻られた夏休み、東京のご自宅へ娘とホルンを受け取りにいったんです。そこで直接手渡ししていただき・・・
大感激。今、思うと感謝しきれないです・・・

今でも大事に愛用していて、お気に入りの楽器です。
N響の松崎氏から「僕も同じの持っているよ!いい音が出る楽器だ」と言われ、もう最高〜女の子

大学へもこの楽器を持ってオーケストラ部に入るそうです。

音楽はいいですよね・・・
言葉が要らな・・・音でコミュニケーションが取れる。
うらやましいこがちゃんです。憧れの世界です。

先日、片付けていたら娘のリコーダーを出てきたので吹いたら・・意外と難しい、けど楽しかった。
娘から、ご近所から下手な子どもが居るもんだと思われるから、「やめて!」と注意されたダメ
ピアノを前にドレミ・・と楽譜見ながら鉛筆もって数えながら弾いていた。ちょっと曲になって喜んでいたら・・
主人から、「下手すぎてイライラするからやめてくれ」と言われたダメ

そりゃ〜ポロポロン音符と軽やかに弾く娘に比べたら、雲泥の差です。いいじゃん怒りブタ
でもね・・・こがちゃん中学生のころ部活でクラリネットを吹いていて、マイ楽器がほしかった。でも、ほしいとどうしても親にいえなかった。

こがちゃんの「夢」を娘がかなえてくれたようで・・・嬉しいんです。

なんか今日は、話が長くなりましたね。読んでくださりありがとうございました。

心和む趣味「花」

今日はこがちゃんの趣味のひとつを紹介  「フラワーアレンジ」
今日の作品はラブ いかがですか?春らしいでしょう!
花の種類は、チューリップとラナンキュラスそして桜 足元に紫アジサイと白い花?・・・なんだったっけ?全然上達してないですね困った(反省)



こがちゃんさぁ〜!どんなに疲れていても・・花を眺めているだけで、なぜかしら心が和らぐんですブタ
娘が、初めて受験を迎えた中学3年生の秋にはじめた「フラワーアレンジ」。
娘のためにと始めたつもりが・・・

高校受験・中学受験・大学受験を迎えた3年間。親は不安だらけ。でも先生と花との出会いで、ほんとうに穏やかに過ごせました。

人との出会いは、ほんとうに不思議です。

フラワーアレンジの先生。今、先生に出会えたことにとても感謝していますドキドキ大
これからも先生と、お付合いさせていただくことが、とても楽しみなんです。

春〜キラキラこがちゃんの遊び心がつくしんぼのように にょき っと出てくる季節なんです。
頑張るのも必要ですが、遊びも 温泉料理熱燗 たまには必要ですよね・・・
ご褒美作るの上手なこがちゃん。次のご褒美何にしようかなブタ
面白い本{湯めぐり宮崎}を手に入れたもんね・・・