CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2007年02月06日

帰るコール

こがちゃんの旦那様
仕事が終わると・・メールで必ず携帯帰るコールをしてくる。

ラブラブではない、これがないと、夕ご飯がなくなる!
最近ものすごく食べるかっこつけマン男の子がいるから・・美味しいものは狙っている。
おかずがあまるとペロリと食べる。

携帯がなると・・・
時間を逆算して、てんぷらなど揚げたり出来るから・・便利&好評。
プラス家族みんなで食事が出来る。
時々、事務所でおしゃべりに華が咲き、帰るコールがなってから慌てて戻り、ばたばた夕飯作ることもある。セーフですブタ

日曜日の出来事。
娘が夕方から食事を作ってくれた。

出来上がって、パパがどこにいるのか分からない・・と子どもが騒ぎ出した。
こがちゃん昼寝していて気がつかなかった。
本屋でも行ったんじゃない?と・・・
携帯鳴らしても出ない!こんなこと久しぶりです。

親子3人で夕飯を食べた。
女の子はせっかく作ったのに・・・と、しょんぼりしている。
男の子は、心配と不安でいつもはたくさん食べるのに、パパの分は残している。
みんな帰ってくるのを待っている。

帰るべき時間に帰らない・・
子供達には、いい経験でした!
少しでも遅いと、こんな気持でみんなの帰りを待ってるんだよと話せた。
連絡を入れることは相手を気遣うことなんだとわかってくれたかなぁ〜

「ママは心配にならんと?」とかっこつけまん男の子が聞いてきた。
こがちゃんは・・「何か用事があったんじゃない!」「寝てたから伝えなかったのかも」と言う。
(内心少しは心配したけど、だいたい行きそうなところ分かるんので、しらんダッシュ状態)

ガチャガチャと鍵の音。12時前帰宅してきました。みんなこの音聞いて安心して寝たようです。

翌日の夕飯時に・・・
それぞれが昨日の心配の心をパパにぶつけていた。
まぁみんなが心配したことが、嬉しかったのか・・聞いてる。
女の子手厳しく「みんなに謝って」と言ってる。パパは娘には弱い汗ごめんなさいをしていた。

4月から女の子は、県外の大学で一人暮らしをします。4人家族の一つ一つの出来事が今とても大切に感じるこがちゃんです。そしていろんなことを伝えたい母です。


番外
何処に行っていたかって・・
認知症の舅宅でした。一緒にテレビでも見てたみたいね!
時々、認知症の舅の夜の見守り(横にいると安心するんです)が、必要でなんですよ。
ただ、連絡なしはダメ こがちゃんから、イエローカードを渡された注意