CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2006年11月18日

ノンステップバス

なんか変怒り

今日は、宮崎市総合福祉保健センターで子育てネットワークがあった。
昼からの分科会が終わり、講師をお願いした永山昌彦さんを送るとき・・の話バス

永山さんが、「本数が少ないノンステップバスバス」だから・・先に帰る。ゴメンね・・と車椅子
でバス停に向かわれた
今日は雨が降り傘息が白くなるほど寒いダッシュ・・・
時間になってもバスが来ない
困った
でも永山さんは、外で待っていた

やっとバスがきたバス。それも相当遅れて・・・困った
乗り込もうとしたら、後ろからもバス。バスが屋根のない前のほうに移動した。永山さんは雨の中、車椅子で移動困った
「屋根のところに行くので戻ってほしい」とだけ言われ、ユーターン・・・・
とは、な・ら・な・い困った車椅子。
バスを移動した運転手、なんと要領得ない怒スロープの裏表を間違えこちらから指摘注意

そのとき!運転手が言った言葉がなんと思いますか?
お待たせしましたの言葉ではな「予約されましたか?」
永山さんは「はい!」と答えられた。
連絡ミスなんですね」と言い捨てた怒

こがちゃんはムーッ怒バスは予約なしで乗れるものではないの?
確かに車椅子席は一つ。二人重なると待ってもらわないといけないからだとは思った。
このバス、誰も車椅子の方が乗車されていないバス
なのに・・・何の為にわざわざ予約したかと永山さんに確認するの?まず、遅れたこと謝罪する言葉があってもいいはず
宮崎市総合福祉センターの前にあるバス停。で、この施設の利用者はどんな人!と言いたい

分科会の中で永山さんが障害者の自立は、「助けてくださいと言える強さがいる」と話され、雨の中傘もさせずにひとりでバスに乗るその強さに、こがちゃんはキラキラ・・・だった。
その後に、この現実!困った

宮崎交通さん 
まず時刻表が何のためにあるの?ノンステップバスは誰の為に導入されたの?運転手の教育はどうなっているの?と聞きたい。
バリアフリーとしきりに言うけど名ばかりで心のバリアフリー!全然なっていないんじゃない注意

こがちゃんにとって、永山さんの人間としての大きさを、少し垣間見たような出来事でした。
本当に素敵な方ですラブ

永山昌彦さんは、NPO法人障害者自立応援センターYAH!!DOみやざき代表。
自立したいと思っている在宅、施設入所者の障害を持つ仲間達の応援を行うために、ピアカウンセリング、自立生活プログラムの実施、情報発信、ヘルパーの派遣や各種相談、権利擁護などの活動をされています。