CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年05月12日

車いすから滑り落ち大腿骨骨折

5/8日 舅 県病院 入院しました。
只今、翌日夜中の1時
帰ってきました

車いすからずり落ちて
大腿骨骨折救急車で運ばれました。

血液サラサラのお薬を飲んでいるので二週間後の手術に向けて検査があります
84才 麻酔とかに耐えられるか心配です。

2012年09月16日

敬老の日

2012091611460000.jpg2012091611490000.jpg2012091611480000.jpg台風接近中の宮崎

舅が生活する
かあさんの家、あおきに行ってきました。

風邪もなおり元気
自分の部屋に車椅子で案内してくれたほど

ちょうどお昼時

あらっ!こがちゃんの今の食事と一緒のメニュー

2011年10月02日

83 歳お誕生会

本日、舅の誕生日会をかあさんの家で開いていただきました。
大好きなビールをうまそうにのんで、刺身をペロッっと食べ、ちらし寿司にケーキまで全部たべました。
歯はないはずだが・・・・?


脳梗塞をおこして入院していた時は・・病院食は全部練り物っぽく、どろっとしていた。
毎日同じに見えてしまう。

今は舅の大好きな刺身やお酒をおいしそうに自分の口で食べられている
この姿を見て、改めて食の大事さを感じました。

ただ、片手が不自由
はしゃぎすぎもあり・・手づかみで食べていました落ち込み
小さい子がお客様の前でハイテンションになるのと同じに感じた
旦那と認知症が進んだ?と話しました。

でも、失語症の舅
コミュニケーションがうまくいっているのには驚き・・・
毎日の環境のおかげでかも

人それぞれ症状が違う認知症
舅の症状は家族でもよくわかりません・・・・

裏方は



まだまだイベント中です。
お昼が近づくと・・スタッフの方々は静かにてきぱきとご飯の準備を始められました。
裏方の力なくしてイベントは成功なし。

入居されているおじいちゃん、おばあちゃんが当たり前のように生活できるのは
裏方のお蔭だと動きをみているとわかりますね。

かあさんの家 2

演奏の後は、紙芝居がはじまりました。
くいいるように聞いている舅の姿に少し驚いています。

かあさんの家

舅が生活しているかあさんの家です。
きょうはそれぞれの家族も集まり一緒に演奏を楽しんでいます。

舅がとても楽しんでいる姿を見て、今が一番幸せだなぁと旦那と話しています。



ただ1時間の演奏はすこし長すぎたかも
おじいちゃん、おばあちゃんは平均年齢80以上

ボランティアの満足度は上がるかもしれないが・・・

2011年09月19日

敬老の日

きょうは敬老の日

舅が生活している
かあさんの家に夫婦できています。


寝るときのお部屋は別々でも
入居している五人は共同生活。

またそれぞれの家族が御祝いをしてくださり、
交流があり賑やかです。



新しいスタッフがはいられ挨拶をされました。
笑顔が素敵です。

男性スタッフがいらっしゃることは家族にとっては心強い
介護の世界、男性の力が本当に必要です。

まだ暑いので自宅では半ズボン
お肌がかさついてきたりする季節になります。年を重ねると毎日ケアをしてもかさつくのはこがちゃんも経験あり
父の肌は年はとっているけどまぁきれい・・
半身まひの舅はお風呂上がりには毎回スタッフにクリームを塗ってもらっているとのこと
家族でもなかなか・・・できるものではありません。
ありがたいの一言です。

2010年12月31日

大晦日のかあさんの家

大晦日、舅が生活しているかあさんの家あおき
ここで生活を初め3回目の大晦日を迎えます。
いつも通りの生活が当たり前のようにでき
あたたかい家族に囲まれ幸せです。



お部屋にはお正月のお花があちらこちらに飾られていました。
元気に年を越せることを しずかに祝う雰囲気です。



お正月のおせちを注文してきました。
このおせちは、以前家族だったZ氏から引き継いだおせちです。

舅の歯は満足にありません
でも大好物のエビを・・・
おいしそうに、上手に食べる姿が見れたのも
Z氏がこのおせちを用意してくださったから・・
ありがとうございます。

2010年12月24日

こがちゃんサンタは大忙し

朝からもうダッシュ

こがちゃんサンタにも空を飛ぶソリがほしい



かあさんの家でクリスマスを楽しむ舅にも
こがちゃんサンタはケーキを届きましたよ

みんなの喜ぶ顔を思い浮かべ車で走っています。



これは・・舅作
脳梗塞を発症 右手のまひ
今は左手で何でもしちゃいます。
似顔絵が上手
この絵のモデルは誰なんでしょうね?

さて次は・・
おせちの予約に・・
舅が楽しみにしているおせち料理
昨年はエビをおいしそうに食べていたなぁ〜

今年も頼みにいきました。楽しみに待っててね!

2010年10月25日

干潮の夜

こがちゃんの大切な友人のお姑さんが大往生で亡くなられた。

母さんの家で生活し、そしで親族が集まる中で最後を迎えられた。

今夜、お通夜に行ってきました。
兄弟揃いかわいい孫に囲まれている姿を見て
近所に兄弟がいるあたたかさっていいなぁーと
しみじみとおもいました。
だって、こがちゃんは旦那と二人なんだもん。

お通夜の帰りに橋を渡るとき大淀川の大きな引き潮を見た
亡くなったこがちゃんのおばあちゃんの時も大潮だったこと思い出しました。
不思議だね
また家に着いてマンションのエントランスでは以前脳梗塞をおこしリハビリされていたおじいちゃんのご婦人があわてて救急車に乗り込まれていたところを見かけた。

なんか・・・・・ね。

当たり前がどれだけ幸せなことか、
改めて気づかされた一日になりました。