CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年06月10日

明日退院

お舅さんが大腿骨骨折で夜遅く救急車で搬送されてから
ひと月たちました。
長いようで早かったような・・・

どうなるいことかと思っていた
手術も無事おわり
術後の経過も良く

明日退院することになりました。

かあさんの家も
受け入れ準備できました。
毎日代わる代わるお見舞いにきていただいたスタッフの皆さんのおかげで、認知症も進むことなかったようです。

2014年06月06日

お庭の「グミ」効果


本日はご機嫌の朝
朝食も全部食べられました。髭剃りも丁寧に・・・

な〜ぜでしょう?

テーブルの上の「ぐみ」なんです。
お舅さん宅から持ってきました!
目が輝きました。

退屈な入院生活もあとわずか!

10357236_652471084845413_223734235263476730_n.jpg

2014年06月05日

退院のめどつく

おはようございます。

宮崎は昨夜大雨で避難勧告が出た地域もあったようです。

私はいつもの朝
夜中に洗濯して、乾燥機で乾燥させて
朝病院に届ける毎日
あと少しで入院一か月間になります。

昨晩、やっと退院のめどがつきました。
朝、お舅さんに話すと嬉しいそうな顔
わかっているんですね!

あとすこし
頑張りましょう!

10300159_651868458239009_6757885566288554242_n.jpg

2014年05月30日

術後のシャーワー


朝一番、お舅さんが入院している病院へ
廊下で 「ばかー!」

と、遠くからどこかで聞いた声


お舅さんの病室は空っぽ

おー!!
お風呂に入ってました。
10269634_648038765288645_4283157079012310232_n.jpg

入院して、一回
術後初めてのシャワー

大騒ぎしてましてが、気持ちよさそうな顔でした

10334248_648038785288643_6771400301145955830_n.jpg

2014年05月27日

術後5日目

DSC_0599.jpg

DSC_0598.jpgお舅さん
術後5日目です。

笑顔がでています。
本日から、本格的?なリハビリ開始です。

病衣から変身
普通の洋服に着替えました。

車椅子に座れるようになれるよう頑張ってほしいです!

2014年05月23日

昨日、手術無時終わりました


お舅さんの右大腿骨頸骨折の手術がおわりました。

少し緊張して手術室へ
三時間後に病室にもどりました。

人口骨頭置換術
疼痛の軽減で早期リハビリも可能になり、受傷以前に近い生活レベルへの回復が期待されます。

なんと
いろんな管も取れて
夜はおしゃべりできています。

同じ県病院手術経験者として

手術室どうだった?
ドラマと同じ世界だったよね!
等々はなしています。

大腿部に15p程度の切開はあるものの、元気で本当によかったです。
10325391_643698752389313_2992097160400826823_n.jpg10404881_643698815722640_2040336067666681957_n.jpg

2014年05月22日

本日お舅さん手術

待機中のお舅さん

昨日から
下剤に浣腸に
その上
朝からは飲み物までもとられない状態で、手術の順番を待っています。

2014年05月20日

入院10日目 入浴完了

手術まであと三日
本日は入院して10日目 お風呂に入れました。

骨折中で動かすだけで痛がるので、どんなにして入るのか?
不思議ちゃんの私

どうも、バスタブが上に上がってくるらしい。

私も何度も県病院に入院しているが
術後は、シャワーでした。
こんなお風呂があるとは知らなかった。

明後日の手術がうまくいきますように・・・・

2014年05月17日

入院中の口腔ケア

入院中のお舅さん
アルツハイマー型認知症です。そのうえ、ものすごく痛がりと怖がり!

歯磨きは当たり前のことだけど

場所と担当する方がかわるとなかなか、どうして……...
どうも怖いみたいな感じがします。
暴言が出てしまいます。
すると男性職員やベテランさんが登場!

すると
さらに、拒否の繰り返し

難しいものです。

ただ、かあさんの家のスタッフがしてくださると
「ばか〜」といいながらも、なんでもするんだけどなぁ

1610008_640601812699007_2035727433713320141_n.jpg

2014年05月12日

入院3日目


舅が入院して3日
認知症はあるものの、今は静かに受け入れている舅です。

かあさんの家のスタッフをはじめ理事長、副理事長、ケアマネージャーが何度も来て声をかけてもらい笑顔がでている舅です。

今、なにが必要なのか?
手術後どうなるのか?

私自身、先がわからないから
かな 不安になっていたら
偶然?病院玄関で声をかけられ
「大丈夫よ!」
「87才の○○さんも復活してるよ!」
と、理事長からあたたかい言葉。

いろんな話をして家族として前向きに手術も受け入れられるようになりました。

いきなりではないが本人が納得せずに痛い事をされると、暴力がでてしまいます。
今は入院先の看護士さんでは
お手上げ状態になります。

かあさんの家のスタッフは、舅への対応はスペシャリスト

親戚以上に家族のように
そしてプロとして
接して頂け、感謝しています。
10342401_637685802990608_7993397967135651169_n.jpg