CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年05月10日

かあさんの家 花見会

本日,我が家の車の助手席に座っているのは、舅さん
興奮気味の義父です!
IMG_20150510_101830592.jpg

本日は「かあさんの家」合同の花見会です。
舅と入居している「かあさんの家檍(あおき)」に夫婦(長男と妻である私)がお迎えに行くと、いつもより大きな声でおでむかえ演劇
とても楽しみにしていたのか・・もうそわそわ
かあさんの家でゆっくりしてから行きましょう!一緒に行きましょう!
なんてことはできませんちっ(怒った顔)
もういくことに集中している舅。
会場で待てばいいさ〜で、本日参加する入居者の女性を置いて先に会場に向かうことに

まぁ〜そこそこの介助しかできてない夫婦
車いすで右半身マヒで失語症の父を車に乗せてシートベルトかけるまでに
手順間違えると、足が動かない
体重は重いので持ち抱えるのは無理
介護側がおちついて、対応
車の「このレバーもって」と声かけ
次は介助者である旦那の肩に手をかけてもらい
そして、体重移動
はい!足を一歩だして・・・違うーつ(汗)右足〜
順番まちがえる二人でつっ立ったままになります。こうなるとふらふら

父は「痛~い!」の連呼
「痛くないっ(笑)!」の連呼は旦那と私
言葉が出にくいけど、喜怒哀楽すべてにおいて「馬鹿」と「痛い」だけは常に出てこれで表現している感じ・・・
他人が聞いたら、びっくりするよ〜

舅を助手席に座らせると、麻痺側に体が傾かないようにチェック!
よし!
次は車いすの足部分をはずし、たたみ
よっこらしょとトランクに持ち上げて
完了!

わが子どもが小さいころ、ベビーカーを担ぎ込んで
泣くこどもをとりあえずチャイルドシートに縛り付けて
運転する前に飲み物、よだれを吹き、お気に入りのおもちゃを準備して
汗だくになり移動していたのを思い出さいました。
おんなじことしています…笑っちゃいます!



IMG_20150510_102241722.jpg

2015年03月10日

全国版の毎日ニュースにでてる!


義理の父が笑顔で暮らしているかあさんの家 檍

11024651_814796625266193_6405638648798326519_n.jpg


全国版の毎日新聞に掲載

毎日新聞2015.2.19.pdf

理事長が記事をかかれています。

毎日新聞15 2 8村上紀美子さん.pdf

2015年01月29日

宮崎はインフルエンザ猛威

ブログ講座2回目 延期・・・となりました。
今、宮崎県では全国でニュースになるほどの
インフルエンザが流行っています。

この時期、どんなに気をつけても
体力がない年齢の方々が入所しているかあさんの家
風邪が流行ったり・・・

かあさんの家も
ウイルスを外から持ち込まない体制で
スタッフがスタッフは細心の注意を払っています。

ただ、家族が会いに行って
インフルエンザのウイルスを持っていく可能性「大」なんです。

この時期、家族も自粛して
流行りが収まるのを静かに待つしかないです・・・

2015年01月08日

第一回 ブログ講座開催

昨晩、ブログの書き方のアドバイスにホームホスピス宮崎の事務所へ行ってきました。
参加者は、スタッフ3名 副理事長

とにかく、ブログの書き方がわからない、写真の添付方法がわからない等々相談を受けました。
実際アップしているブログを見ると・・・・公に発信する文章の書き方、見せ方が難しかったようです。読み手を意識しないと法人としてぶれてしまいます。

用意していった資料でまず説明。

10387530_777778582314662_7699329598191182174_n.jpg

ブログって何?個人の日記ではないんです!
その後、アップされている記事をもとに具体的に説明。
まず、講演会の告知記事では、基本の5W1Hが入っているのか?
住所・連絡先、締切り等抜けていないかどうか?
そして法人が、この講演会開催する思いや、誰に講演会に参加してもらいたいのか?
などの具体的な書き込み方や丁寧に文章を作る事の大事さ、
スラスラと読める文体(段落、フォントの使い方)などを助言させていただきました。

読み手は全国にいるんです。
告知文に関しては
今後、当日の様子、アンケート結果など載せると報告書かわりになることも助言しました。

次に、ただいま改築工事中の記事では、法人の立ち位置が見える書き方をレクチャー。
地域の方々を視野に入れた書き方。
読み手がイメージできるような書き方、共感し応援してもらえるような書き方などレクチャー。

日本財団運営サイトCANPANによるブログの特異性や利点などを説明後、特に、コメント、ト
ラックバックにより非難中傷にさらされる可能性など発信の怖さも理解してもらいました。


アドバイスの最後にスタッフ全員から「とにかく書いてみよう!」「今までの記事を書き直
します!」と、前向きな意見が出たことが嬉しかったです。

ただし明日から、一人が記事を上げるのではなく、下書きとしてスタッフみんなで文書を共
有し、書き足し、チェック後に記事をアップすることになりました。

みなさんが「ホームホスピス宮崎」のブログを見てくださること!が一番の応援になります!

2014年12月19日

ホームホスピス宮崎 ブログ講座始まる?

ブログの書き方を、かあさんの家でみなさんご存知かと思います
「ホームホスピス宮崎」の理事長市原さんからお手伝いしてくれませんか?と連絡アリphone to
私のレベルは・・・スタッフのみなさんと変わらないとおもいますよ〜と返信!!!
ただ、スタッフのみなさんとともに学びながら
伝わる書き方、読み手が共感できるかき方、法人の理念を出す書き方
など、私が意識して書いているコツみたいなものが、楽しく笑いながら
ともに学ぶ「場」があるといいなぁ〜と思っていますわーい(嬉しい顔)

宮崎県庁のnpoアドバイザー事業を活用して
http://npo.pref.miyazaki.lg.jp/advice/dispatch/

npoマネジメントadviserとしていきま〜す!

その様子は・・後日このブログで報告しますね!

私がそうでした。ブログは書かないと始まりません。
書く事で、自分の立ち位置とか、何がいまおこなわれているのか・・
学ぶことより、気づきひらめきが多くなりました^^。

話すことが苦手な方もいます。
書く事で表現できたり、書くことで人とつながる楽しさなど
ブロガーを広げる「場」にしていきたいです黒ハート

2014年09月15日

かあさんの家 敬老会

IMG_20140915_14230562.jpg



IMG_20140915_153847688.jpg

義父が暮らしているかあさんの家 あおきにてスタッフの声かけで
敬老会が開催されました。

入居者は5人
無理のない範囲で
それぞれの家族が集まり、スタッフと本人と
楽しく語らう素敵な時間が過ごせました。
入居者のみなさんの笑顔がみられて嬉しかったです。

普通と思えるこのことがかあさんの家の良さなんだと改めて思います。

入居者のみなさんが家族。
さびしい思いもせずたくさんの方に囲まれ
こんな老後望んでも出来なあなぁ〜
義父は本当にしあわせです!

(^O^)手作りシフォンケーキ焼いていきましたよー!

10周年記念

IMG_20140913_124932882.jpg

IMG_20140913_191209203.jpg

IMG_20140913_20130306.jpg


かあさんの家10周年記念講演会

上野千鶴子氏

「おひとりさまでも大丈夫」

おひとりさまの上野です(笑)から講演会がはじまりました。
今の世の中、死をめぐるタブーがなくなり「在宅ひとり死」準備セミナーにたくさんのお客様がこられる時代。
孤独死ではない、在宅ひとり死
私の時には選択出来て誰もが望む最後の在り方かもしれないなぁ〜なんて考えながら興味深く聞き入りました!

後半は祝賀会に家族として出席
家族にはそれぞれの家族のかあさんの家への思いがあります。
多くを語らずとも分かち合える家族の方々と
この場を楽しみました。

親の介護に
不安感から安心感
嫁だから、娘だからとひとりでがんばらなくていいんだぁ〜
相談できる場がここにある
かあさんの家 

家族として、これからいろんなことを乗り越えていくスタートの日になりました。

2014年06月11日

うれしいメールです!

昨日、お舅さんが無事元気に退院できたこと。そしてかあさんの家に帰られたことを
ホームホスピス宮崎 理事長に感謝の意も含めてお礼と報告のメールをいたしました!

すると・・・理事長からうれしいメールが届きました。

「退院おめでとう!」とかあさんの家で古賀さんとハイタッチしました。
入居者のMさんもHさんも、良かったとニコニコでした。
家族になっているのですね。

今夜の晩御飯は、魚ずしと茶碗蒸し、西瓜、卵汁でしたが、みんな美味しそうに食べていました。ともかく元気になられてホッとしました。

入院中は、大変でしたね。でも、MAMAのすったもんだブログを見て、
古賀さんのご家族の暖かいふれあいに、楽しくなりました。


市原でした。



今回の入院・手術 本人にとって、痛いことは無いほうが望ましいことですが
歳をとるということは、骨折はおこりうるということ
ただ、手術を選択する理由を家族として考える 
いい経験をさせていただくことになりました。

年齢が年齢だから・・・とあきらめなくていいこと
経験された理事長、プロでもある副理事長から教えていただき
そうなんだ?が、そうなんですね!になりました。

合併症のこと
口腔ケアーのこと
認知症のこと
リハビリのこと
今までの介護プランの見直しのこと

介護・医療を含め周りが動いて下さり、
知らないが故の勝手な枠をつくらず本当に良かったです。

旦那ととも昨晩話しました。
任せられるところがあることの家族としての安心感は
言葉では伝えきれないものがありました。

これからも かあさんの家で お世話になります。
みんなと一緒にかあさんの家のおいしいお食事が最後まで食べられるように
口腔ケアのひとえ先生 今後ともよろしくお願いいたします。


2014年06月10日

かあさんのいえに帰る

DSC_0682.jpg

DSC_0683.jpg

DSC_0679.jpg

お舅さんが生活している「家」
かあさんのいえ あおきに戻りました。

入居者やスタッフ、訪問の医療関係者から
「こがさーん!」とあたたかく迎えられ
嬉しさいっぱいの顔

我が家が一番ですね!

お舅さん退院です!

DSC_0673.jpg

DSC_0001.jpg

ひと月間の入院生活から解放
本日退院です!
病院で最後に朝シャンしてもらいました。
最後の最後、看護師さんにちょっかいかけて悪さもしました。
ここは相変わらずです。反省です(-_-#)