CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2006年11月30日

講演のテープおこし(高山氏)

やっと完成拍手
初めてテープおこしを経験したこがちゃん。
先日開催された・・・
11/18子育てネットの中の分科会「子育て支援の必要性と現状の捉え方」l講師高山静子さんのです。

カチャカチャと画面だけ見て打てる・・・な〜んて、とんでもない困った
キーボードを見ながら、なおかつパソコン画面も見つつ・・でないと打てないパソコン
非常に時間がかかる。
でも今回は、私がせざるをえない汗
(何処からか・・あなたが忙しくしてる原因を作ってないか?と聞こえた・・)

でもね・・・本当にやってよかった。自分の言葉になった。
先日「講演よかった〜」と言った割には・・・気持ちだけで、なにも伝えられていない。

文字にする作業の中で・・・聞こえてるだけの 都合のいい 耳  と気がつきました困った

聞いてない方に何がよかったのか、わかるように言えなかった。

文字にする作業の大切さを痛感しました。


以前、行政マンの協働講座に参加させていただいた時のこと思い出した。
プレゼンテーションのワークショップでの出来事。
(こがちゃんがこのプレゼンの経験がなく、書けない・伝えられない。だから・・勉強に行った講座)
口では言えるけど書けない行政マンがいらっしゃった困った
こがちゃんは、行政マンが書けないことに・・・すごいショックをうけた。

書けてあたりまえと思っていたのが、おかしいのかな?
若い人は書けないのかな?
なんかおかしい?お仕事は何?

人の振り見てわが身も直します。

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック