CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年10月31日

映画監督の見た3.11東北大震災

映画監督の講演会はじまりました。

ボランティアの過剰な善意
人の心の善意の嘘くささ

被災者の方々が支援なれしてしまったり、やる気がうせたりしているのが問題だとはなされています。

ボランティアとは
自己満足
自分探し
でいいんだろうか?

同じ目的持った仲間同士は仲がいいけど
地元の方とはどうなんだろう?
被災者が毎日、ボランティアに対して言わないといけない危険なありがとう
もういいたくない、疲れたと話されていることをご存知なのか?

毎回ちがう人が来て、ボランティアにリーダーがいないなかでの作業は、頼む側も大変だと思う。



他人事を他人事でないようにすることは大事
再生へのみちは長い
ずっとずっと見守っていくことの大事さをかんじました。

続く
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック