CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年07月08日

48歳 卵巣腫瘍の検査

まさか・・こがちゃんが卵巣腫瘍になるとは
人生いろいろです。

卵巣は症状が出にくい?らしくって一般的な卵巣腫瘍は痛みがないためものすごく大きくなるまで気付かれないことも多いみたいね。

こがちゃんの下腹部痛は何のサイン?

気仙沼へのボランティア行きをストップした産婦人科の先生は
卵巣嚢腫茎捻転を恐がられました。
卵巣腫瘍は存在するだけでは痛くないんだけど、ものすごく痛くなるときがあって
これが発生すると、自分では救急車を呼ぶことができなくなるくらいの痛みなんだって。
緊急で手術をして捻れた卵巣ごと全部摘出。

こがちゃんのサイズは6センチ
直径5〜6センチくらいがもっとも捻れやすく危険なサイズです。飛び跳ねるタイプのスポーツ等は厳禁らしい。


何が原因かどう治療するか検査しております。
一応今日で検査はは終わり
先週の金曜日に受診して検査ばかり。医療費が凄い
1件目で1万
県病院に紹介状を書いてもらい先日と今日ですでに1万6千
内診、経膣超音波検査、腫瘍マーカー検査、CT、MRIなどなど。



今日はMRI 造影剤を使った検査。
検査の待合室に入ると 検査着に着替えます。
すごい音が聞こえてきます。

名前の確認があり看護師さんが来て機械へ横たわる。クーラー効きすぎ
検査中は、ものすごく大きい音がするのか、ヘッドホンを検査技師さんがつけてくれました。

そして機械が穴の中に
ただ、体調が悪くなったら握ってくださいとボールみたいなものを渡された。これで外部へ連絡ができるらしい。

しっかり握りしめて穴の中にごろごろという音ともに移動
検査開始 

イヤホンから声がした・・ 「大きく息吸って〜」「ハイ止めて」 おっ! 苦しい まだか・・
技師さんの声 「呼吸楽にしてください」
「はぁ〜〜〜〜」
なんか連写されているような感じがする 
しかし、息止めては何回あるのか???

穴からでてきたこがちゃん
やっと終わった?と思ったら
「じゃっ!今から造影剤を注射しますね。すこし痛いですよ!」
チクリ!!!

「半分は終わりましたから」といわれたものの困った 


またまた「息止めて〜」

MRI で寝ないようにと言われてたのに
寝る間もなく、息止めの連続とあらゆる音を聞いての30分間で無事に終了。

会計が終わり15時
絶飲食のこがちゃん 自販機直行で水を飲み干しました。






この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック