CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年06月19日

銀鏡東京に行く

狩猟や焼き畑など山の民ならではの民族、修験系の神楽、そしてこの地域一帯に伝わる日向神話などの要素が混交しての構成されているようです。






ししとぎり
*これは猪をうつ話 夫婦のにわかですが、こがちゃんには方言がよくわからず
村の人と笑いに差があるこがちゃん。すこし通訳がほしい

神送り 


今回、このような場に参加させていただいた事、観光協会の事務局長 銀鏡の方々に感謝いたしていおります。
この場をお借りして
心より御礼申し上げます。

飛び入りで、それも女性はこがちゃん一人
地元の方からの振る舞いをいただけたことものすごいことです。
それを知っているこがちゃんは感激でした
神楽の舞いで着替えをする舞台裏でのお食事
おいしい、珍しいおにぎりにお煮つけ・漬物
どれもおいしく 全部いただきました。

来週の国立劇場での公演の楽しみにしております。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック