CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年07月29日

別府冷麺団


冷麺がローソンで発売される記者発表の日でした!と別府のAPU大学に通う娘からメールが・・
我が娘は、団員でして・・・・・取材されています。


テレビ放映はこのかぶり物姿だったらしい・・・落ち込み
男の子は同じ大学生でこれまた大分名物「とり天Bメン」?らしい


別府冷麺団監修 「別府冷麺」←クリックしてね

7月27日(火)発売
販売地域:九州、山口県下関市の一部
価格:450円(税込)


別府の冷麺をこよなく愛する謎の秘密組織「別府冷麺団」監修のもと、別府冷麺を忠実に再現し商品化!ツルツルとした食感の麺は、別府冷麺同様そば粉を配合し、風味と食感が楽しめます。また、普通のキムチとは一味違うキャベツキムチと、すっきりした味わいのスープの相性は抜群です!


なにやら冷麺を食べ回っているとは以前から聞いていましたが・・・


母の明日の昼ご飯はローソンに決まりだね。
別府の街づくりは・・・・・すっごいぞ大分のニュース「別府冷麺団」いざ出動!
[2009年06月23日 10:01]




http://www.youtube.com/watch?v=eztwBIO7PM8


決起集会の後、早速、冷麺を味わう「別府冷麺団」の団員=22日
 「食」を切り口とした観光振興を図ろうと、別府市が売り出し中の「別府冷麺(れいめん)」。その文化を探るため、有志が自腹で食べ歩く「別府冷麺団」を結成し、22日、市内の専門店「胡月」で決起集会を開いた。独自の発展を遂げた別府冷麺の魅力を全国に発信していくという”志”を確認した。

 素性を隠した覆面調査を旨とするため、メンバーはベレー帽とサングラスを着用し、虫眼鏡を持った探偵風のいでたちで登場。YUKO団長が「いよいよ本格的な冷麺シーズンが到来した。今こそ気を引き締め、コシの入った調査を」と呼び掛けた。
 「ほかのメニューの誘惑に負けず、冷麺をオーダーする決断力が大切」などと調査の心得を確認。
 別府の「食観光」の分野では先輩となる「とり天Bメン」を立会人として、「熱湯たぎる鉄釜のような熱い思い」で「出来たて冷麺のようなクールで私情をはさまない調査をする」とうたった宣言書を採択した。
 集会の後、出席者約10人は会場となった老舗の冷麺をすすった。胡月のおかみ、浦田直美さん(64)は「別府は温泉と冷麺で売り出したらいいと20年前から考えていた。(有名な)盛岡冷麺に負けないような存在となることを願っている」とエールを送った。
 団員は現在30人ほど。市内各店の冷麺を調べ、マップ作成の基礎資料とする。
 メンバーは随時募集しており、市観光まちづくり課を通じて申し込める。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック