CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年07月14日

宮崎県協働推進のための職員研修2日目午後

宮崎県庁での職員研修
午後のワークショップ始まりました


NPOとの協働は安くなるから・・なんてこと、この場で言ってはいけません。
NPOはボランティアだから無料・・なんて思っていないよね
ボランティアを活用して活動する法人だから・・・ただでしてくれるよね
なんてことはございません。
法人は企業と同じ
税金ももちろん払います。保険もかけます。スタッフには家族もあり養っていくだけの給与も必要です。

協働の相手として安くなるからでなく
ひおうたい効果があるということで選択してほしい
NPO側は自分らのミッションと合致しているから協働をするわけです。

パートナーシップといっているものの
行政は委託者 どうしても委託受託の関係では委託者が強い
県庁のホームページで開示していますよといわれても
なかなか市民には見つけだせない現実

これらをNPO側の人間は伝えながら
行政職員に気づいてもらいながら応募要項作りをしています。

仕事文化が違うということ
机上ではなかなか気づけないことを
このワークショップを通して学んでいただき
擬似協働を体験し、実際の職場で活用をきたいしています。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック