CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年01月26日

東国原県知事と県民ブレーン座談会

こがちゃん 東国原宮崎県知事 との「県民ブレーン座談会」に参加してきました
(ところで・・ブレーンってどういう意味?)
会場は宮崎県知事公舎  はじめていきました。迷わず無事着き ホッ笑顔
(だって今日は師匠はいない。一人で行動です力こぶ) 
午後3時半から5時まで
参加者はNPO関係者など 9名 そうそうたるメンバーです。
こがちゃんが、この場にいていいんでしょうか?と、少し不安気味〓

知事公舎に案内されて入りました。
ほーっ 公舎は木がたくさん使われていて・・・・いいですね。
しかし、ここには知事は住まわれておりません。
理由は・・・無駄だからだそうです。経費削減だそうです。

宮崎県では「県民総力戦」による県政の推進を図ることを目的に、知事が県内の様々な分野で活動している方々と意見交換を行う「県民ブレーン座談会」を開かれています。
今年度は10回ほど開かれる予定で、今日は7回目

と・・・なあんじゃ???
今日の座談会に参加された「くしま商道芸人」
自己紹介でパフォーマンスをされました拍手
今まで保育園などで活動していたが、病院などでも活動の輪を広げたいと言われていた。
実現するといいですね。

こがちゃんも2・3 発言させていただきました。

「宮崎県の委託事業 宮崎県NPO活動支援センターの県民向けの協働講座をする上で
県の施設があるのに、ある教育関係の施設の許可が下りず使うことができませんでした!
本当に苦労して県職員とともに会場を探しました。なぜここは使えないんでしょうか?」と、知事に伝えました。
すると・・・・
知事から返ってきた答えが
「ここ使いなさい。有料だけど・・知事公舎使えますよ!」

目から鱗ですキラキラ

ここは思い浮かばなかった・・
このことは・・・事務所に帰ってすぐ報告し〜ましょまる

まぁこの件は、あとで詳しく職員に聞かれ
しかじか・・・と説明
使えるようにしてくださるとのことまるまる
講座をするうえで「会場」の確保、npoにとって意外と大変注意なんです。

最後に、
こがちゃん知事にお願いしました。
「新しい公共」「協働」等、職員の協働の研修をぜひ見て感じて下さい。
職員の協働に対する意識がわかります。現場を見てください
とお願いした。
2月、産官学を見事にまとめたモンテカシム氏が宮崎県庁で職員向けに研修されます。
このかた・・・昨年まで別府にある立命館アジア太平洋大学学長でした。別府のまちづくりには欠かせない人物。それよりも、ほんと辺鄙な町に日本中の企業の社長と世界各国のビップが集まるんですよ。


こがさんメガホンと後ろから声が
知事から呼び止められ、びっくりウインク
時間調整ができれば・・と言われたメガホン笑顔まる(もしかして調整付けば講座に来られるかも)



あっという間の時間でした。
知事は多忙。集合写真を撮った後、公務ですぐに移動された。
宮崎県 生活・協働・男女参画課の職員のみなさんと、参加された数名と
玄関で写していただきました。


はい チーズカメラ

今回のこと、ものすごくいい勉強になりました。
ありがとうございました。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック