CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年01月09日

協働の満足度

年賀状
されど
年賀状

今年たくさんいただいた年賀状すべてに感謝
いただくととてもうれしいものです。


そこでこがちゃんが今年選んだベスト1〓の年賀状
というより・・、最高にうれしかったベスト1の年賀状を報告


それは・・
竪穴式住居復元で建ててくださった匠の会のおひとり
重忠のおじちゃまから初めていただいた年賀状。

初めて?  それもそのはず・・・
出会いが昨年の夏
ものすごくお世話になっています。
重忠おじちゃまがいつも活動しているの匠の会の面々
平均年齢、推定73歳
ものすご〜く 心身ともに元気

心温かく、心広く、そして心深く
人生の大先輩

こがちゃんの大師匠です
こんなに素敵で大尊敬している重忠おじちゃまから
年賀状でこんな言葉をいただきました。

皆様の仕事に対する積極性と元気には感心してます。
共に仕事するのが楽しみです
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



もうこの言葉に感激ラブ
団体として認めていただいた言葉ですよね
(npo)iさいとの皆さん〜 よかったよね〜
よそ者のこがちゃん。少しお役に立てた気がします。


竪穴式住居復元は、宮崎県との協働事業
最初からすんなり進んだわけではない
相手(行政)を知らないがゆえの勝手な思い込みのトラブルだったり、
まぁこのブログで書けないことも少々ありVS

それだけに東米良の匠の方々との出会いは
最高でした。

こがちゃんにとってこの事業の一番の成果物は
東米良の方々と一緒に携われる喜びかもしれない
経験した者にしかわからないとちょい自慢。

だって・・このうれしい言葉でこがちゃんの満足度アップなんだもの。

まだまだ続く竪穴式住居復元!いよいよ2棟目復元開始いたします。


協働事業というたった一つの事から
一つの出会いがありました。

ここから
人との出会い
いろんなつながり
深まり、
広がり
わくわくしどうしです。

この事業を一番経験し、楽しんでいるのは
もしかして私かもしれないと
思っちゃった電球



この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック