CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年07月30日

夏の特別体験講座大成功

西都原考古博物館の敷地内にある古代生活体験館で
第一回目の「しの笛をつくろう講座」が今日ありました。

感想は・・・
じゃじゃじゃ〜ん!皆さんのおかげで大成功となったようです。

感謝・感謝です。
そう!「このブログを読んできました」という素敵なママに会場でお会いしたんです。
大・感・激!のこがちゃん。
うれしかったですラブ


では講座の様子をご紹介いたしましょう。
このおへやでは・・

しの笛を作っています。ところで「しの笛」ってご存知?


竹を専用の台ではさんで固定。そして笛の穴を開けます。
で、おとが鳴るのよ!今日は夏季特別臨時講座のため
ものつくり名人 ゴールド親分がボランティアで助っ人に来てくださいました。

こがちゃんの思いでよく爆走することありの体験館運営支援というおしごと。
その思いに、懐が大きくドラえもんのポケットのように次々いろんなこと出してきて教えてくださるゴールド親分はこがちゃんにとって、大〜好きで「先生」と呼んでいるお方。
とてもお忙しいのに、いつも快く助けてくださり感謝感謝の親分さんです。

おっ!次々笛ができてきたようです。
笛ができると・・・
やっぱ吹いてみたいよね!そして音楽を奏でたいよね!
でもそう簡単に音がでません汗・・・・・と、
「ぴー音符」子どもはすごい。音が出始め一生懸命にプロの指導を受けてレッスン中です。

この後の演奏会の様子は次のブログで・・・案内します。


ここ古代生活体験館はいろんなメニューが体験できます。
しの笛のほかにも今日は勾玉つくりを体験を楽しむお客様が多かったかな。


ちなみにこの勾玉つくり
小さいのは50円から製作できます。作り方も指導員が教えてくれますよ

このようにして親子で参加される方も多いです。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック