CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年06月05日

ボランティアコーディネーター

西都原での出来事をひとつ紹介しましょうかね・・・

西都原考古博物館でボラティアガイドをされている会員で作られた
「西都原ボランティア協議会」とい団体がある。

ここの会長と・・・朝一緒にコーヒーをいただきながら
おしゃべりタイム

先日会長は、チカライシアンドカンパニー(株)の代表取締役の力石氏の講演を聞かれ
とても気づくことが多かったし、是非みんなに伝えたいと!熱く語られた。
ほんとのおもてなしとは・・相手も自分も高まらないといけないのではと・・

こがちゃんも先日のスタッフ研修で、綾町で同じようにガイドボランティアさんをコーディネイトしている 宮崎文化本舗の職員そうまちゃんの姿勢に多くを学んだばかり。

ここ西都原考古博物館では団体予約が入ると、ガイド希望かどうかスタッフが電話で確認します。そして希望だとボランティアさんに頼みます。
これは業務のひとつ。
でもこれだけでいいんだろうか?とずっと気になってしょうがなかったこがちゃん。

思い切って会長に伺った。
「どんな方々の集まりか分からないのにいきなりガイドするなんてこわくないですか?」
「情報は要りませんか?」
会長!私がガイドなら、お客さんに満足していただけるガイドがしたいから、事前にどんな団体でどんな内容のガイドをすればいいのかという情報が欲しいと思います。」

「僕も実はずっと前から思っていたことなんですよ!今まで頼めなかった。
こがちゃん!そうしてもらえると非常にありがたい
でもその情報を活用するのは本人次第で活きたり死んだりするのも事実。僕らで活用できるように研修をあらためてしてもいいかもね」

これをすることで若干事務局の仕事は増える。でもこれって本来しないといけないことかもしれない!とおもった。
ここのスタッフは優秀!マッチングだけがコーディネータの仕事とを思っていないのよね・・・
ほらね!やりましょうと前向きな発言が出て来た。

いや〜ガイドの皆さん・お客様の喜ぶ顔が浮かびます。
こがちゃんは、明日早速ボスに報告力こぶ
システム化させますぞ。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック