CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年01月22日

釣り中の事故が過去最多のお知らせ

愛知県と三重県で釣り中の事故が
過去最多ペースで発生中です!

事故発生人数が7人、うち死者4人 (2月11日現在)
死者数が昨年1年間の死者数に並ぶ

※詳しい説明は下記資料をご覧ください。


愛知県
(1) 海中転落【死亡】 ライフジャケット非着用
担当部署:鳥羽海上保安部
田原市日出の石門海岸、愛知県在住男性(37歳)
1月2日、釣りに出かけた本人と連絡がつかないと家族から通報があり、捜索を実施したが未発見。1月25日静岡県浜松市沖合にて漂流状態で発見。

(2) 海中転落【死亡】 ライフジャケット非着用
担当部署:鳥羽海上保安部
2月11日(木)午前、田原市 防波堤、静岡県在住男性(58歳)
防波堤上を歩いていたところ、海中転落し浮いているのを発見 。消防により救助。

三重県
(1) 海中転落【死亡】 ライフジャケット非着用
担当部署:尾鷲海上保安部
1月14日(木)午前 、熊野市 磯場、和歌山県在住男性(71歳)
磯場にて釣りをしていたところ、波にさらわれ海中転落。波にのまれているところを瀬渡し船が救助。

(2) 海中転落【死亡】 ライフジャケット非着用
担当部署:鳥羽海上保安部
1月17日(日)午前、志摩市 消波ブロック、三重県在住男性(52歳)
消波ブロック上で釣りをしていたところ、海中転落し消波ブロック内で発見。消防により救助。

(3) 海中転落【死亡】 ライフジャケット非着用
担当部署:鳥羽海上保安部
1月22日(金)夜間、鳥羽市 岸壁、三重県在住男性(69歳)
岸壁上を歩いていたところ、足を踏み外し海中転落。付近にいた目撃者が 通報し、消防により救助。

(4) 海中転落【死亡】 ライフジャケット非着用
担当部署:尾鷲海上保安部
1月23日(土)午前 、尾鷲市 磯場、大阪府在住男性(49歳)
磯釣りのため崖をおりていたところ、5m下の岩場に転落。海上から当庁が救助。

(5)海中転落【軽傷】 ライフジャケット着用
担当部署:鳥羽海上保安部
2月4日(木)夜間 、志摩市 防波堤、三重県在住男性(44歳)
防波堤上を歩いていたところ、段差に躓き海中転落。自らの携帯電話にて通報し、消防により救助

<事故対策の好事例>
本事故者はライフジャケット着用に加え、携帯電話 を所持し自ら通報が出来たため、転落後30分で救助されています。
(事故者7人のうち海中転落者6人、ライフジャケット着用者2人)


※件数には、消防・警察機関からの通報件数を含みます。
posted by cyuuannkyou at 14:19 | Comment(0) | 安全

2017年05月16日

海でも「ながらスマホ」は危険!!

5月5日(金)、当部管内において、釣りをしていた男性がスマホを

見ながら防波堤を歩いていたところ、足を踏み外し海中転落する事案が発生しました。


幸いにも、目撃者と男性が救命胴衣を着用していたため、救助され命に別状はありませんでしたが、足を骨折し、入院を余儀なくされました。


ながらスマホは画面に集中するため、注意力散漫になります。

活動中は“ながらスマホ”を行わず同様の事故防止に努めて頂きたいと思います。



下記資料をご一読いただき、今後も安全運行に努めていただきますよう、お願いいたします。

今後共安全にご配慮いただくとともに、海上保安業務へのご理解とご協力をお願いします。
posted by cyuuannkyou at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全

2017年05月06日

プレジャーボートのバッテリーに注意

今年のゴールデンウィークは、東北・北海道地方では真夏日を記録するほどの気温の上昇で、

海辺に出かける人達も多いようで、海難事故も多発しております。

「あの時、こうしておけばよかった」の「あの時」には、戻ることはできません。

「あの時、こうしておいたから良かった」と言えるように、日頃の点検実施を心がけてください。



下記資料をご一読いただき、今後も安全運行に努めていただきますよう、お願いいたします。

今後共安全にご配慮いただくとともに、海上保安業務へのご理解とご協力をお願いします。
タグ:安全
posted by cyuuannkyou at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全

2017年05月02日

気象海象の急激な変化に注意を!

【事案事項】

4/29(土)に第四管区海上保安本部管内にて、

練習中の高校ヨット部のディンギー10隻が、突風により集団転覆する事案が発生しました。

幸いにも全員が救命胴衣を着用していたため、全員無事に救出されましたが、

一歩間違えれば大きな事故につながる可能性がありました。



出航前、活動中は、気象情報を常に確認し、

気象の悪化が見込まれる場合は、

出港の取り止めや、早めの帰港の徹底をしましょう。


管内では急激な気象の変化による事故が発生しています。

十分に注意しましょう。


下記資料をご一読いただき、今後も安全運行に努めていただきますよう、お願いいたします。

今後共安全にご配慮いただくとともに、海上保安業務へのご理解とご協力をお願いします。
posted by cyuuannkyou at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全

2017年04月25日

「霧」発生時における事故に注意!!

今週末からゴールデンウイークが始まります。
ゴールデンウイークのマリン活動に備えて安全情報をお送りさせていただきます。

夏が近づくにつれて『霧』の増加に伴い、船舶海難の多発が懸念されます。

下記資料をご一読いただき、今後も安全運行に努めていただきますよう、お願いいたします。

今後共安全にご配慮いただくとともに、海上保安業務へのご理解とご協力をお願いします。
posted by cyuuannkyou at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全

2017年04月17日

目指せ! 海難ゼロチャレンジ!

安全対策推進ネットワーク(4号)を公開しました。

春先は、冬季の運航や点検をしていなかったプレジャーボートなどの機関故障等が多発しています。


マリンレジャーシーズンを迎え、

初出航に際しては、確実な発航前点検を行い、

定置網等の漁具の設置位置、浅瀬・暗礁等の危険海域の確認をし、海難事故を未然に防ぎましょう。



●平成29年度安全対策推進ネットワーク第4号
『釣り人の海中転落・死亡事故発生!!』


ネットワーク通信第4号.jpg

今後共安全にご配慮いただくとともに、海上保安業務へのご理解とご協力をお願いします。
posted by cyuuannkyou at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全

2017年03月13日

救命胴衣の着用徹底について

安全対策推進ネットワーク(3号)を公開しました。


船舶等から海中転落した場合、救命胴衣着用の有無が、生死を分ける大きな要因となります。

こうした状況を受け、平成30年2月1日からは、小型船舶の船室外の甲板上に乗船している者に対しても、原則、救命胴衣の着用義務が課せられるなど、救命胴衣着用に対する動きが広がっています。

海中転落時の死亡率、救命胴衣着用が功を奏した事例及び救命胴衣着用義務範囲の拡大化についてのポイントを下記資料に取りまとめましたので、ご一読お願いいたします。


今後も安全にご配慮いただくとともに、海上保安業務へのご理解とご協力をお願いします。



●平成29年度安全対策推進ネットワーク第3号
『救命胴衣の着用徹底について』

ネットワーク通信第3号.pdf

ネットワーク通信第3号1.jpgネットワーク通信第3号2.jpg
posted by cyuuannkyou at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全

暴風雨等による係留船の浸水・転覆事故に注意

安全対策推進ネットワーク(2号)を公開しました。


平成29年2月11日から13日の降雪により、北海道や鳥取県において係留中の小型船舶50隻が浸水・転覆しました。

東海地方の沿岸部では、降雪の影響による船舶の浸水・転覆事故の発生は少ないと思われますが、
暴風雨等が予想される場合は、最新の気象情報入手し、事前に係留状態の確認を行うとともに陸揚げを行うなど、事故を防止し大切な船を守るために必要な対策を講じましょう
今後も安全にご配慮いただくとともに、海上保安業務へのご理解とご協力をお願いします。


●平成29年度安全対策推進ネットワーク第2号
『暴風雨等による係留船の浸水・転覆事故に注意』

ネットワーク通信第2号.pdf

ネットワーク通信第2号.jpg
posted by cyuuannkyou at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全

2017年01月17日

安全対策推進ネットワーク(1号)を公開しました!

安全対策推進ネットワーク(1号)を公開しました。

平成29年1月、三重県宿田曽漁港内の防波堤先端において、釣りに来ていた人が海中転落し、死亡するという事故が発生しました。事故者は、ライフジャケットを着用していませんでした(ライフジャケットは防波堤上に残されていました。)

第四管区内で平成28年に発生したマリンレジャー中の人身事故者は60人であり、そのうち釣り中の事故者が17人で最も多く、うち10人が海中転落し、4人が死亡しています。この度、同じような釣り人の転落・死亡事故を防ぐために注意点をまとめました

これを機にぜひご一読いただければと思います

●平成29年度安全対策推進ネットワーク第1号
『釣り人の海中転落・死亡事故発生!!』
ネットワーク通信第1号.pdf

ネットワーク通信第1号.jpg

今後共安全にご配慮いただくとともに、海上保安業務へのご理解とご協力をお願いします。
posted by cyuuannkyou at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全