CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年10月31日

平成29年度完了事業

平成29年度完了事業についてご報告します。
詳細は各リンク先をご参照ください。

@平成29年度 海上安全指導員 連絡調整会議及び研修
*海洋レクレーションを楽しむ人達、そして、これからの未来に美しい海を繋げていくためにも、専門分野の方々から指導を受け、海に親しむ人達に広く多くを伝えることができるように、海洋レジャーシーズンが始まる前に、会議・研修を開催し切磋琢磨します。活動する場所は異なっても、お互いの目標や反省等を述べる場所でもあり、活発な意見がでます。皆さん、とても多くの知識を持っておられ、回答も高度なものとなることもしばしあります。1件でも海難事故が減り、海を楽しむことができるよう、この輪が広がればと思います。
>>成果物詳細ページへ(様子写真はファイルをダウンロードしてご覧ください)

A平成29年度 海上安全講習会
*老若男女、皆様が興味を持って参加してくださいます。海難事故においては、実体験を話し
ていただくことに対しての活発な質疑応答。その応答に対して、関連事項の説明が探究心に繋がり、より興味をもって講習を受けることができたとの感想もいただいています。また、海上保安官の実技講習を受け、プロの“技術”を目のあたりにして感嘆の声があがっていました。参加された方々がこの講習や訓練が役にたつような状況になってはいけませんが、習得することは無駄ではないですね。
>>成果物詳細ページへ(様子写真はファイルをダウンロードしてご覧ください)

B平成29年度 合同安全パトロール
*海洋レクリエーションを伊勢湾海域で楽しんでいる人達に、未然に事故防止をするため、海上保安官と合同で、パトロールをしました。今年度は、鳥羽地区においては、水上バイク使用の指導員さんが積極的に活動に取り組んでいただいています。パトロールは、ボランティア活動の一端であるため、お声かけをすることに遠慮を感じることが多いのですが、海上保安官と一緒にパトロールをすることで、「指導員という存在を伝えることができるのかな」と、指導員さんのお声です。大変ですよ、釣果の良くない時の偶然のお声かけ。ご機嫌も悪くなることと思います。どうぞ、その場の空気をいち早く読んでいただけますよう、スマイル、スマイル。

C平成29年度 出艇式・海上パレード
*夏、真っ盛りの時期と残暑厳しい時期に、自治体との協賛事業として出艇式を実施いたしま
した。出艇式では開催地域の皆様、そして若年層の人達にも『海を楽しみ 海に親しむ』こ
とが紹介できるように、一般の方に一日海上安全指導員等になっていただきました。最初は
緊張した面持ちでしたが、ステージに上がり、整列された指導員さん方にしっかりと訓示を
されました。また、この場所は『海を守る』人達でもある指導員さんが、多くの市民の皆様
に活動をアピールできる場所でもあります。中部地区独自の指導員制服を身に着け、その指
導員さんが所有しパトロール艇の指定を受けている船舶には、協会員旗やパトロール艇旗が
掲げられています。市民の皆様の前を海上パレードすることにより、その緊張感が各人の意
識の高揚にもなっています。これからも、見本となるように、尚一層気持ち引き締めてのご
活躍をお願いいたします。

D平成29年度 親子海洋安全教室
*日頃、海に係ることのない児童、海辺に住んでいても海を知らずに過ごしているかもしれない児童とそのご父兄を対象に、協会員さん所有のプレジャーボートに体験乗船をさせてもらいました。大きな客船は知っていても、プレジャーボートにはなかなか出会うことはないこかと思います。三重県では、バリアフリーまつりと協賛ということで、安全で誰もが楽しめる「人にやさしい体験」ができたと思います。将来の海猿を目指し、ロープを渡ったり、ご父兄と一緒に実際にロープ結びを行い、子供さんに指導を受けているご父兄もいらっしゃいました。今回は、教室に参加したことで、一生お目にかかることのない専門機材を使用しての体験学習もありました。愛知県は、あいにくの雨天となってしまいましたが、雨天も忘れるほどの興味津々の体験学習となりました。身近に灯台があることも知らなかったと回顧しながら、測定値を計り目を輝かせてみえ た親子さんもいらっしゃいました。AED体験では、現実に遭遇した時の心得を印象に強く残るように教えていただき、大変満足されてみえました。実際に遭遇した時に『慌てず焦らず』取り組むことができることが目標です。
posted by cyuuannkyou at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成果物

2015年05月01日

「海上安全指導員連絡調整会議及び研修」

(公社)中部小型船安全協会では、平成27年度の「海上安全指導員連絡調整会議及び研修」を第四管区海上保安本部及び部署のご協力を得て、5地区において実施しました。
各会議では、海上安全指導員の本年度の活動計画や重点指導事項、指導時の心得等の説明が行われた他、各地区における小型船海難の発生状況について部署担当者から説明がありました。
その後、活発な意見交換が行われ、今後の指導に生かされることと思われます。

海上安全指導員連絡調整会議及び研修.pdf
posted by cyuuannkyou at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成果物

2012年02月17日

災害支援

災害支援 が公開されました。

災害支援対策訓練
 当、中部小型船安全協会は、平成21年12月三重県と災害支援協定を締結したことから、
県からの災害支援要請に対し円滑な対応が取れるよう訓練を行っております。
 平成23年度は、愛知県の衣浦地区(高浜市)及び名古屋地区(常滑市)において下記の
とおり実施しております。、
  衣浦地区・10月9日(日)
         当協会に所属します安全指導員6名及びパトロール艇3隻が、近隣の市が         行う防災訓練に参加し、被災者の海上輸送訓練
  名古屋地区・10月29日(土)
         当協会に所属します安全指導員13名及びパトロール艇5隻により、出動か         ら現場での小型船曳航や無線使用訓練等




成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
posted by cyuuannkyou at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成果物

2011年09月06日

合同パトロール

合同パトロール が公開されました。

 社団法人中部小型船安全協会は、日本財団からの助成を受けて小型船舶の海難防止活動を行っております。
 この海難防止指導については、通常当協会所属の海上安全指導員が第四管区海上保安本部長から指定を受けた安全パトロール艇により実施し、また、マリーナや岸壁等においても指導をおこなっております。
 しかし、ボランティアとして海上安全指導員が指導を行うためには、海上安全指導員制度を
一般の方にも広く知って貰い理解していただく必要があり、海上保安官との合同パトロールを通じて海上安全指導員の認知度の向上を図り、もって海難防止指導の円滑な実施に努めております。
 本年は、7月〜8月の間に6ヶ所の海上保安部署(名古屋・四日市・尾鷲・鳥羽・衣浦・三河)で行い、プレジャーボート、水上オートバイ、遊漁船などに対して、救命胴衣の着用・連絡手段としての携帯電話の携行、緊急時の連絡として海の「118番」の周知を海上保安官と合同で行いました。



成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
posted by cyuuannkyou at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成果物

2011年08月17日

親子海洋安全教室

親子海洋安全教室 が公開されました。

 平成23年7月26日(火)三重県鳥羽地区におきまして、親子海洋安全教室を開催いたしました。この教室には新聞募集により三重県内各地から応募多数あり、抽選で99名の親子と県内の児童施設から50名(大人58名、子供91名)を招待して実施いたしました。
 当日は心配された台風の影響もなく海上平穏の中、親子達は定刻に集合し、出発前の安全指導を受けた後、桟橋で出港を待っていた旅客船に乗り込みました。
 船内では、海上保安官から海難防止のための講話・救命胴衣の着用の大切さや海洋環境などの話を熱心に聞き入っていました。
 約1時間の洋上での教室を終え、その後水族館に入館して海洋生物の観賞、更に水族館担当者からサメなどの海洋生物の特徴や生態についての講話を聞き、約4時間の安全教室は夏休みの貴重な1ページになったようでした。



成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
posted by cyuuannkyou at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成果物