• もっと見る

2018年02月21日

困った エンジンがかからない!

本年1月、当部管内において釣りを終えたプレジャーボートが帰港するため機関を起動しようとしたところ、バッテリー上がりにより、機関が起動せず運航不能となり、曳航救助される事故が発生しました。

海上での運航不能は、波浪による転覆、浅瀬等へ乗揚げ、他船との衝突といった引き続く事故を招く蓋然性が高く非常に危険であるにもかかわらず、例年、バッテリー上がりのほか燃料欠乏といった単純な原因による運航不能の事故が発生しています。
出航前点検の実施のほか、万一に備えて、予備バッテリーや予備燃料を積んでおき、同種事故の発生防止に努めて頂きたいと思います。
また、機関故障の発生に備え、仲間の船やマリーナ等の救助艇による救助体制をあらかじめ確保するよう心がけてください。

これらの情報を周知していただくとともに関係箇所に掲示していただければ幸甚です。
下記資料をご一読いただき、安全対策、注意喚起、講習資料等の参考としても広くご活用ください。


29年度 安全推進ネットワーク海難防止カード(第11号)


今後も安全運航にご注意いただくとともに、海上保安業務へのご理解とご協力をお願いいたします。

この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック