• もっと見る

2022年08月11日

金城ふ頭岸壁築造関連工事のお知らせ




名古屋港金城ふ頭航路泊地浚渫工事(-12m)に伴い、名古屋港北航路第3号灯浮標の一時移設・復旧工事が実施されます。北航路及び付近海域を航行する船舶は十分ご注意のうえ、ご協力をお願いします。


※詳しい説明・地図等は下記資料をご覧ください。

20220810 金城ふ頭岸壁築造関連工事のお知らせ.pdf

工事作業の期間

(移設)2022年8月16日
(予備日:2022年8月17日~2022年8月20日のうち1日間)

(復旧)2022年8月25日
(予備日:2022年8月26日~2022年8月29日のうち1日間)

※予備日での実施に際しては、別途FAX等にて周知いたします。
作業時間

(移設・復旧)9:00~13:00

作業は、朝のラッシュ時間帯(6時~9時)を避けて行います。ただし、9時前に浚渫区域内に作業船を入域させます。現場海域での航路ブイ引き揚げから移設(復旧)までに要する時間は、4時間程度です。なお、遅れる場合があっても17時には終了させます。
工事作業概要

名古屋港北航路第3号灯浮標(航路ブイ)を南側航路沿いに220m南側に移設します。移設(復旧)は、クレーン付き台船(100t~250t吊)を航路ブイの西側に配置します。コンクリートブロックは、クレーン付台船の船上に積み込み、航路ブイをクレーン付台船の舷側に係留し、移設場所まで移動し、設置します。移設・復旧はGNSSを使用して、クレーン付台船を誘導し、航路ブイを所定の位置へ設置します。
クレーン付台船は、現地に夜間停泊せず基地港(稲永ふ頭または金城船溜まり)に帰港します。
安全対策

(1) 警戒船の配備

・工事作業中は、クレーン付台船の作業範囲(280m×130m)の西側に警戒船1隻を配備します。

・警戒船は、一般船舶に対し工事作業船への異常接近防止の注意喚起、問い合わせに対する情報提供、工事作業船の誘導を行います。

(2) 作業範囲の明示

・クレーン付台船のアンカー投錨位置を浮標により明示します。
その他

警戒船を含む工事作業船は、作業船旗を掲げます。
工事に関するお問い合わせ先

国土交通省中部地方整備局名古屋港湾事務所
TEL 052-651-6594 FAX 052-651-6287
名古屋みなと建設工事安全連絡協議会
TEL 0567-68-5628 FAX 0567-68-5629
●あおみ建設株式会社名古屋支店金城ふ頭作業所
TEL 050-5527-4040 FAX 050-5527-4041
●警戒船
TEL 080-1562-1305 E-Mail meijo.tug.ro2@docomo.ne.jp
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック