CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年06月09日

飛島ふ頭東岸壁整備関連工事のお知らせ

 名古屋港飛島ふ頭R1岸壁耐震補強に伴い金城水域において、以下のとおり岸壁桟橋上部工事を行います。基本的に岸壁上から作業を行いますが、工程遅延等が発生した場合には海上作業を行います。なお、海上作業の必要が生じた場合は、期間等を改めてお知らせします。
 金城水域、西航路、東航路及び付近海域を航行する船舶は十分ご注意のうえ、ご協力をお願いします。

※詳しい説明・地図等は下記資料をご覧ください。

作業期間

2021年6月21日〜2022年3月31日(予備日を含む)
日出から日没まで

作業概要

工事は、起重機船等により、名古屋港飛島ふ頭R1岸壁(-15m)桟橋部の上部工を施工するものです。
区域設定

工事作業船は、起重機船等スパッド式とし、アンカーワイヤーを必要としないため、浮標による明示は行いません。
安全対策

(1) 警戒船の配備(各船VHF搭載)

・作業中は、作業区域北側に中型警戒船(VHF搭載)、南側に小型警戒船を配備します。
・警戒船は、一般船舶に対し、作業区域内の侵入及び工事作業船への異常接近防止の注意喚起、問い合わせに対する情報提供、ならびに、工事作業船の誘導を行います。


(2) 夜間・一時待機停泊時の対応

・工事作業船をR1岸壁に横付け係留する場合には、隣接バース利用船舶航行ルートのクリアランス50mに及ばない範囲に係留します。また、法定灯火のほか、下方照射、間接照明を行って、自船の存在を示します。

(3) 隣接バース等利用船舶への安全対策

・R2・R3岸壁利用船が入港する場合は、コンテナ船の入港経路(離隔距離50mを含む)に支障のない位置で準備(または待機)し、着岸後に移動し作業を行います。

・R2岸壁利用船が出港する場合は、コンテナ船と100m以上の離隔が確保できるよう、原則作業船を退避させます。

・80号〜83号岸壁利用船が回頭操船を行う場合には、2L以上の回頭水域を確保します。
作業船の運航

工事作業船は、一般船舶の運航を妨げないように運航します。
その他

警戒船を含む工事作業船は、作業船旗を掲げます。
作業に関するお問い合わせ先

●国土交通省 中部地方整備局 名古屋港湾事務所
TEL 052-651-6594  FAX 052-651-6287
●名古屋みなと建設工事安全連絡協議会
TEL 0567-68-5628  FAX 0567-68-5629
●東亜・大本・徳倉特定建設工事共同企業体
TEL 0567-69-9355  FAX 0567-69-9356


この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック