CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

入会案内

マリーナ会員

海域情報

2021年11月03日

10月 事故発生状況 マリンレジャー中の事故が急増!

令和3年10月事故発生状況(愛知・三重)

マリンレジャー中の事故が急増!


令和3年10月は、降水量が多かった7、8月、台風接近に伴う荒天となった9月と比較すると晴天の日が多くなったことなどからマリンレジャーが活発となり、


釣り中の事故が過去最高(月間)、10月に発生したプレジャーボート事故隻数として過去最多(10月)となる事故が多発しております。


 マリンレジャーを楽しむために、気象海象情報の入手、ライフジャケットの着用とともに、操船時においては見張りの励行、機関等のトラブル防止のために専門業者による定期的な点検・整備の推奨などの事故防止活動を図っています。


釣り中の事故 8人【別添参照】
海中転落 5人
負傷 3人
※釣り中の事故 過去最多(月間)

プレジャーボート事故 11隻発生【別添参照】
運行不能 4隻
衝突 3隻
浸水 3隻
爆発 1隻
※10月に発生したプレジャーボート事故隻数として過去最多(10月)

これらの情報を周知していただくとともに、関係箇所に掲示していただければ幸いです。

詳しくは下記PDFをご覧ください。


今後も安全運航にご注意いただくとともに、海上保安業務へのご理解とご協力をお願いいたします。

海難防止カード第4号-1.

海難防止カード第4号-2.

2021年10月21日

令和3年度 矢作川口沖灯浮標ほか5基全交換工事のお知 らせ

第四管区海上保安部所管の灯浮標、全6基の全交換工事を実施します。
付近を航行する船舶は十分注意のうえ、ご協力をお願いします。
また、このお知らせは、当工事の水域利用者に周知します。

※詳しい説明・地図等は下記資料をご覧ください。
工事作業期間

作業日2021年11月1日〜令和3年11月4日
(予備日2021年11月5日〜令和3年11月30日)
作業時間

日の出から日没まで
作業の概要

(1)クレーン付台船を灯浮標に接舷し、対象灯浮標を交換します。

(2)灯浮標を点灯確認の後、帰港します。

※ 灯浮標の交換順序は、当日の気象海象を考慮して決定します。
工事区域

衣浦港第一号灯浮標  衣浦港第五号灯浮標

衣浦港第二号灯浮標  衣浦港第六号灯浮標

衣浦港第三号灯浮標  矢作川口沖灯浮標
連絡先

施工会社 渇ヘ崎海事
TEL 0569-72-1203 FAX 0569-72-4320

現場代理人 河崎金徳
TEL 090-3150-9659

交通船兼警戒船 第三十福徳丸
TEL 090-2619-2496(国際VHF)

作業船 第二十三福徳丸
TEL 090-3463-8282

2021年10月11日

マリンレジャー中等の事故発生状況(愛知・三重)

週末10月2日()から
10月4日()にかけて事故多発!!

プレジャーボート事故 4隻発生
9月のプレジャーボート事故は、月間で3隻のところ、
10月に入り既に4隻発生

釣り中の事故 2人(うち1人死亡)【別添参照】
9月の釣り中の事故は、月間で4人のところ、10月に入り既に2人発生
令和3年10月4日現在で累計32人(昨年同時期 26人)
秋季釣りシーズン前に過去最多となった昨年(計34人)を上回るペースで発生。うち死者7人、昨年6人を上回る。

※詳しい説明は下記資料をご覧ください。

海難防止カード第01号.pdf
愛知県
(1) シーカヤック浸水【負傷等なし】ライフジャケット非着用3人
担当部署: 三河海上保安署
梶島付近(三河湾内)、愛知県在住、男性2名、女性1名

10月2日(土)17時時頃、シーカヤックで航走中、波浪の影響により浸水し、航行不能。巡視艇により救助。

(2) 釣り中に海中転落【軽傷】 ライフジャケット非着用
担当部署:三河海上保安署
西尾市 東幡豆港、 愛知県在住男性(77 歳)
10月3日(日)13時53分頃、釣り中に立ち眩みがし、海中転落。消防により救助。
(3) プレジャーボートと漁船衝突【骨折】ライフジャケット着用
担当部署:中部空港海上保安航空基地
常滑市 中部国際空港島沖、
プレジャーボート 船長 愛知県在住男性(74歳)、
漁船2名乗 船長 愛知県在住男性(68歳)

10月4日(月)8時50分頃、航行中の漁船と錨泊中のプレジャーボートが衝突し、プレジャーボートは沈没。海中転落したプレジャーボート船長は、他船により救助。
三重県
(1) 釣り中に海中転落【死亡】 ライフジャケット非着用
担当部署:尾鷲海上保安部
10月2日(土)8時40分頃 、紀北町 大島、奈良県在住男性(67歳)
渡船で岩場に渡り、磯釣り中に同岩場から海中転落。付近釣り人が救助。

(2) ミニボート岸壁衝突【入院加療】 ライフジャケット着用
担当部署:尾鷲海上保安部
10月3日(日)6時33分頃、紀北町 引本港、愛知県在住男性(67歳)
釣り目的で航行中、岸壁に衝突後、フロート部が裂け、半沈没。海中転落した船長は、
他船により救助。なお、手動膨張式ライフジャケットを着用していたが、海中転
落によるパニックとなり手動で膨張させることが出来なかった。
(3) ヨット推進器障害【負傷等なし】 ライフジャケット着用
担当部署:鳥羽海上保安部
10月3日(日)7時30分頃、志摩市 波切漁港沖、大阪府在住男性(46歳)
漂流ロープが推進器に絡索し、航行不能。他船により救助。




令和3年度安全対策推進ネットワーク第1号-01

令和3年度安全対策推進ネットワーク第1号-02

2021年10月01日

金城ふ頭岸壁築造関連工事のお知らせ

名古屋港金城ふ頭岸壁築造工事に伴い、金城ふ頭工事区域内において、以下のとおり、裏込作業が実施されます。北航路及び付近海域を航行する船舶は十分ご注意のうえ、ご協力をお願いします。

※詳しい説明・地図等は下記資料をご覧ください。
工事作業期間

2021年10月13日~2021年12月29日
(予備日:2022年1月4日~2021年1月31日
作業時間

日の出から日没まで
工事作業概要

本工事は、ガット船により直接、または起重機船に石材を積替え、施工箇所に投入を行うものです。ガット船は、南側開口部から工事区域内に出入りし、またガット船から起重機船への石材の積替えは、工事区域内にて実施します。
安全対策

(1) 安全対策(基本)
本工事の海上作業における安全対策については、「名古屋港岸壁整備に係る船舶航行安全に関する調査研究報告書(平成31年3月)」に基づき実施します。

(2) 警戒船の配備
・工事作業中は、工事区域の北側に中型警戒船1隻、南側に小型警戒船1隻を配備します。
・警戒船は一般船舶に対し、工事区域の侵入及び工事作業船への異常接近防止の注意喚起、一般船舶からの問い合わせに対する情報提供、工事作業船への誘導を行います。

(3) 工事区域への小型船舶の誤進入防止
プレジャーボート等が工事区域に誤進入し、汚濁防止膜に接触しないよう、工事区域の灯浮標間を50m程度の間隔で補完する位置で汚濁防止膜上に灯浮標を設置します。

(4) 金城ふ頭58号〜62号岸壁利用船舶への安全対策
工事区域北側の法線と対岸の59号岸壁間は、200mの可航幅を確保します。また、59号岸壁と57号岸壁間の護岸前面の浅瀬部は、灯浮標により明示します。
その他

警戒船を含む工事作業船は、作業船旗を掲げます。
作業に関するお問い合わせ先

国土交通省中部地方整備局名古屋港湾事務所
TEL 052-651-6594 FAX 052-651-6287
名古屋みなと建設工事安全連絡協議会
TEL 0567-68-5628 FAX 0567-68-5629
みらい建設工事株式会社 金城ふ頭作業所
TEL 0567-68-3575 FAX0568-68-3576

2021年08月30日

名古屋港新土砂処分建設工事(工事用標識設置・汚濁防止膜設置工事)のお知らせ

中部国際空港西側海域で工事作業を行いますのでご協力をよろしくお願いいたします。

※詳しい説明・地図等は下記資料をご覧ください。
工事作業期間

2021年9月1日~2022年1月21日(予備日を含む)
作業時間

原則、日の出から日没まで
※但し、空港近くで転移表面の高さ制限に低触する場合は夜間作業をする場合があります。

工事作業概要

(1) 標識及び汚濁防止膜の海上運搬
・工事用標識は津港から、汚濁防止膜等は名古屋港から現地に曳航運搬します。

(2) 工事用標識設置
・起重機船にて浮体式灯標4基及び灯浮標(大型)5基を設置します。

(3) 汚濁防止膜設置・広瀬灯浮標撤去
・工事用標識設置後、起重機船にてシンカーブロックを設置し、「広瀬灯浮標」を撤去後に汚濁防止膜を設置します。
・汚濁防止膜設置位置には、小型船舶の誤進入を防止するため、100m間隔に灯浮標(小 型)を設置します。
安全対策

(1) 警戒船の配備
・工事作業中は、警戒船(中型:国際VHF無線搭載)と警戒船(小型)を配備します。
・警戒船を含む工事作業船は、作業船旗を掲げます。

(2) 作業範囲の明示
・工事用標識設置工事及び汚濁防止膜設置工事の施工時においては、起重機船のアンカー
投入位置に小型の簡易灯浮標を設置します。
・汚濁防止膜設置工事区域を工事用標識(黄光4秒1閃、光達距離11~12km、同期点滅) により明示します。

(3) 夜間停泊について
・工事用標識設置工事の起重機船は、作業終了後常滑港へ帰港します。
・汚濁防止膜設置工事の起重機船は、工事区域内に夜間停泊します。その際、法定灯火の他、航路船舶の見張りの妨げとならないよう下方照射を行い、自船の存在を示します。
また、係留アンカー位置に灯浮標及びアンカーワイヤー入水部付近に灯浮標Aを設置します。
作業に関するお問い合わせ先

【汚濁防止膜設置関工事】
施工者:五洋・りんかい日産特定建設工事共同企業体
工事責任者:乗松 秀臣
携帯 090-5260-3768 
【工事用標識設置工事】 
施工者:株式会社山野建設
●工事責任者 中井 伸幸
携帯 090-4854-0731 
●名古屋港湾事務所 名古屋港新土砂処分場担当
TEL 052-857-6799 

2021年08月07日

豊橋みなとフェスティバル2021について

中止のご案内
例年開催されております豊橋みなとフェスティバルですが
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、
今年の開催は中止となりました。

ご理解のほど、よろしくお願いします。

2021年08月06日

名古屋港庄内川泊地浚渫工事関連のお知らせ

名古屋港庄内川河口の金城水域北側において、以下のとおり浚渫工事及び浚渫土運搬作業を実施します。西航路、金城水域及び付近海域を航行する船舶は十分ご注意のうえ、ご協力をお願いします。

※詳しい説明・地図等は下記資料をご覧ください。
作業期間

2021年7月25日〜2021年11月15日(予備日を含む)

日出から日没まで(ただし、作業終了後の土運船運航は夜間に及ぶ場合があります。)
作業概要

工事は、スパッド式グラブ浚渫船1船団により、空見ふ頭西側70号岸壁南側航路・泊地の工事区内域で施工し、浚渫土砂は押航式土運船により、弥富第一貯木馬へ運搬します。(土運搬の運航は、1日最大2〜3往復です。)
安全対策

(1) 警戒船の配備(各船VHF搭載)

・工事作業中は、工事区域至近に小型警戒船1隻を、また土運船運搬経路上航路横断部に中型警戒船1隻を配備します。

・警戒船は一般船舶に対し、工事区域内の侵入及び工事作業船への異常接近防止の注意喚起、問い合わせに対する情報提供、工事作業船の誘導等を行います。

(2) 工事作業船の退避警等

・浚渫施工時、工事区域至近に着離岸する船舶の操船に支障がある場合、並びに大型船舶の通航時は、作業を一時中断するとともにその30分前には浚渫船団を操船に支障のない場所または待機停泊場所に退避します。
・土運船は、工事区域至近及び土運船運航路経路を航行する一般船舶に支障のないよう運航調整します
その他

警戒船を含む工事作業船は、作業船旗を掲げます。
作業に関するお問い合わせ先

●国土交通省 中部地方整備局 名古屋港湾事務所
TEL 052-651-6594  FAX 052-651-6287
●名古屋みなと建設工事安全連絡協議会
TEL 0567-68-5628  FAX 0567-68-5629
●宇佐美工業株式会社庄内川作業所
TEL 0567-67-7011  FAX 0567-69-7012
●浚渫区域警戒船:警戒船A(小型)
TEL 090-7915-8362 
●土運船運航経路警戒船:警戒船B(中型)
TEL 080-1618-3805 

2021年07月28日

海水浴を安全に楽しむための4Keep 8Keyword

海水浴シーズンとなりましたが、遊泳禁止区域で遊泳中に沖に流され行方不明となる事故が発生しています。


海水浴は開設された監視員のいる海水浴場を利用し、子供だけの遊泳は避ける、救命胴衣(ライフジャケット)を着用する、天候が悪いときは泳がない、お酒を飲んだら入らないなどの行動が事故防止につながります。



これらの情報を周知していただくとともに、関係箇所に掲示していただければ幸いです。

詳しくは下記PDFをご覧ください。



今後も安全運航にご注意いただくとともに、海上保安業務へのご理解とご協力をお願いいたします。

2021年07月15日

環境調査に伴う設置物のお知らせ

名古屋港とその周辺にブイ及び観測機器を設置し、水質、潮流等の連続測定を実施致しますので、設置物付近を航行する船舶は十分な注意とご協力をいただきますようよろしくお願いいたします。

※詳しい説明・地図等は下記資料をご覧ください。
調査期間

2021年7月20〜2022年2月28日
調査に関するお問い合わせ先

●一般社団法人 全国水産技術協会 担当:新井、佐藤
TEL 03-6459-1911  
携帯 070-1298-3747(夜間・休日連絡先) 

2021年07月13日

『伊勢湾第五号灯浮標』仮修理作業のお知らせ

 「伊勢湾第五号灯浮標」の洋上修理を行うため、灯浮標の位置にクレーン船を係留致します。作業中は2隻の警戒船(国際VHF搭載)を配備しておりますが、作業区域付近を航行する船舶におかれましては、十分ご注意のうえご協力いただきたく、何卒宜しくお願い申し上げます。

※詳しい説明・地図等は下記資料をご覧ください。
作業日

2021年8月1日
(予備日:2021年8月2日〜2021年8月29日)
8:30〜14:00
作業概要

灯浮標の発電装置交換、マーキング装置の交換
※作業前日に翌日の航行動静を確認し、その状況によって作業時間を変更する場合があります。又、現場の進捗状況により作業時間が前後する場合があります。
安全対策

(1)作業中は、国際VHF搭載の警戒船2隻を配備し付近を航行する船舶の動静に注意し海上交通事故防止に努めさせます。

(2)作業開始時、船団移動時、作業終了移動時には、警戒船からハーバーレーダーに通報します。

(3)クレーン台船のアンカー投錨位置には橙色玉ブイを設置します。

(4)他船舶の航行を阻害しないよう動静を確認しながら作業を行います。

(5)万が一、他の航行船舶の支障となる場合は、作業を一時中断し、アンカーワイヤーを緩め海底に着底させるなどの措置をとります。
作業に関するお問い合わせ先

●森本工業株式会社
TEL 052-383-1739  FAX 052-383-0775
●現場代理人 嶋村 彰浩
TEL 090-5614-3401