• もっと見る

2022年10月25日

自分との対等性

何かをできない自分を自分で叱咤したりするのは、自分と対等ではない。

自分の中で上下関係がある。

その場合、他者にも「ダメじゃないか」と言いたくなる。

自分の中で自分と対等な関係ができている人は、他者にも「大丈夫だよ」と言ってあげられる。


おれは、自分と対等じゃなかったな。


ある時、こう訊かれたことがある、

「あなたは人にはそんなによくしてあげるのに、自分に対しては何でそんなに厳しいの」


おれは、自分に対しても、安心感を持たせた方がいい。

人は、心が安心している状態がいちばんパフォーマンスが上がるという。

脅されるのは当然、ダメ。

褒められるのも、実は逆効果だ。というのも、「褒められない状態への恐怖」が一緒についてくるから。

だから、「安心」がいちばん大切。「それでいい」と、無条件に大事にされること。


それを、自分に対してもやろう。自分と対等になろう。

2022年10月23日

オンライン決済ー日本と中国のちがい

11月に鹿児島の小牧じいちゃんに会いに行くことにした。

早速東京・鹿児島往復の国内線を予約する。
往復で4万6000円のを買おうとするが、いつの間にか保険や事務手数料を追加請求され、5万円以上になる。
「仕方ないな…」とそのまま払いそうになるが、保険のチェックマークを外す場所があることに気づき、46000円に戻せた。

でも、なんだか不安になり、買いたくなくなる。
もしかしたらもう少し良心的で安いサイトがあるかなと思って検索すると、4万円ちょいのがあった。
「検索してよかった…」と思いながら支払い画面に進む。

この支払いが大変。
いろんな情報を申し込みフォームに入力すると、メールが送られてくる。
そのメールの支払いURLをクリックすると、クレジットカード情報入力のページに移る。
すると今度は、「Vpassパスワード」とやらを入力するよう言われ、「なんか、そんなのあったかも」と思いながら4回くらい入力間違えをし、やっとパスワードが合っていた。
が、決済失敗。
パスワードを入力し過ぎたからかなとか思い、もう一度メールに戻り、支払いURLをクリック、しかし、結局決済失敗。
それを合計3回やるが、最後まで決済失敗。

この時点で、航空券検索開始から既に30分以上経過…
しかも、まだ航空券は買えていない…
馬鹿馬鹿しすぎる…

ふと、そういえば、中国の航空券予約のアプリ「Ctrip」でもしや日本の国内線を予約できるのではと思い、検索するとやっぱりあった。
「Ctrip」のアプリ内で支払いはAlipayで数秒で済む。
「Ctrip」を開いてから購入完了まで3分もかからない。
かつ、値段は4万円以下。

なぜ、こんな違いがあるんだろう。
おれが日本の便利なアプリを知らないだけなのかな。

2022年10月12日

北京日本倶楽部

北京の日本倶楽部で講演させて頂きました。

オンラインではなく、人前で話すのは何年振りだろう。
かつ、今回はパワポなしでやってみた。
本を書きながら過去を振り返った結果、過去に講演で話してきたことは全体の1/3になり、他の2/3は別の内容となった。
話し慣れない内容で、かつ、自分の内面を振り返る内容だったので、言葉が出なくなる場面が2度くらいあった。

2022年10月07日

20年の振り返り「本」

今年4月から書いていた過去20年の活動を振り返る「本」を書き終えた。
これまでも何度か書こうと思ったことがあったが、どうしても書くことができず、20年が経ってしまった。
書くことができなかった原因は、書く時間を取れないことではなく、活動と自分を同化しており、客観的に活動を見ることができなかったことにある。
また、いつの間にか自分で創り上げてしまった自分に対する勝手なイメージに囚われ、自分を解放できていなかったことにも原因がある。

「本」と言っても、出版社が決まっているわけでもなく、本になるのかはわからない。
それでも、これまでの20年をもう一度体験し直し、総括するという大切な機会になった。
そして、これから進む方向が見えた。

2022年09月30日

PCR検査の箱

上海では3日に一回はPCR検査をしないと外出が制限される。

歩いていると、写真のような箱と遭遇し、「そうだ、PCR検査やろ」と反射的に検査を受ける。


スマホでPRC検査用QRコードをすぐに出せて、それをこの箱の中の1人目にスキャンしてもらい、2人目が綿棒で口の奥をチョロリと擦ると完了。その他の情報入力などは一切不要。通常、並ばずに30秒ほどで終わる。並んでも5分くらい。もちろん、無料だ。


ただし、その綿棒は1つの検査用試験管に10人分の10本が入れられる。

だから、自分が陽性でなくても、他の9人のうちの1人でも陽性だったら、10人全員が陽性になる。


この箱には空調までついていて、24時間検査対応の箱もあり、上海の至る所にある。

この箱はどこが製造してるんだろう、結構儲かってそう。

PCR検査要員が足りないんだろう、箱には検査要員のバイトの募集広告も貼ってある。


うちの近くのこの箱には、いろんな色のランプまでつけてあって、かわいくしてある。

国慶節が近いからな。

2F8F27A8-7CDF-4087-84AA-ACE716A0C5FA.jpeg
posted by tynoon at 21:12| Comment(0) | ヒトリゴト

2022年09月27日

誕生日おめでとう


小牧爺(小牧義美さん)が今日92歳になりました。

28F43A36-2321-4F44-A3EA-FD8F4B27514B.jpeg


このブログはアクセスできなくなり、更新していませんでした。
最近またアクセスできるようになったので、無理せずに、時々更新します。
その間、時々このブログを見ていてくださった方々がいらしたようで、どうもありがとうございます。
posted by tynoon at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小牧義美

2016年02月16日

ブログの再開と引越し

みなさん、こんにちは。

2013年ごろから資金不足によって、それ以前よりもドタバタになりました。
その間、すっかりご無沙汰してしまいました。
現在でも資金状況は相変わらず苦しいのですが、ブログは再開します。

ただ、このブログは更新しにくいので、下記のURLに引越ししました。
http://tynoon.hatenablog.com/

過去の記事はまだ引越しを終えていませんが、徐々に移動します。

どうぞよろしくお願い致します。

(ブログをご無沙汰している間、Facebook(HARDA Ryotaro)に少しは書いていました。が、Facebookはそもそも中国でブロックされており、近日はほぼ全く見ることができなくなっているのでブログにします。Facebookにメッセージなどいただいている方、反応できず、すみません。開くことができたら返信します)。

2013年06月21日

輝ちゃん

広州のとある飲み会で中島三智代さんという方に出あいました。
その後中島さんは娘さんの輝ちゃんを連れて、JIAが毎月一度週末に行っているキャンプに参加しました。
その後中島さん親子は個人的にも何度も村を訪れています。
その中島さんがこんなメールをくれました:

輝はとても良い経験をさせて頂いて、村へ行かせて貰ったことで人生観が変わるような気がしています。
昨夜は原田さんから頂いたサイト(JIAの日本語版ウェブサイト)を、自分のメモ帳へ書いていました。
(JIAのサイトにある映像の中では)やっぱりよく会っている水伯の映像が気に入っていますね^^
行ったことのない村の映像で、ひとりのおばあちゃんが写っていたんですね。
椅子に腰かけていて、失礼ですがお顔と足と手に後遺症の変形がありました。
輝がそれを見て「このおばあちゃん、かわいいね〜」って。
正直私の方が驚きました、彼女の本心だったと思います。
「本当に可愛い」って、心の底から出て来た言葉でした。

最初はやっぱりちょっと怖かったようです。でもいまでは全くです。
おじいちゃん、おばあちゃんが可愛くて仕方ないって^^:
添付させて貰った写真でも分かると思います。

P1040523.JPG
posted by tynoon at 16:14| (カテゴリなし)

2013年06月04日

JIAのウェブサイト(日本語)

JIAのウェブサイトの日本語版ができました→

http://jiaworkcamp.org/jp/
posted by tynoon at 11:39| (カテゴリなし)