CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 学習会「被災地の現状と今後、必要とされる支援」開催報告»
「被災地の現状と今後、必要とされる支援−現地での活動報告から」開催! [2019年11月17日(Sun)]
台風15号、19号、10月豪雨災害対応
 被災地の現状と今後、必要とされる支援
 −現地での活動報告から
 
参加者募集!

台風15号、19号、10月豪雨により大きな被害を受けた千葉県南東部。
県外からも多くのNPOが駆けつけてくれ、現在も活動を継続しています。 
被災内容は、屋根の損壊や倒木、家屋の浸水といったもので、復旧、復興には長い時間が必要です。被災地では、今もボランティアを必要としています。 
現地の状況と復旧、復興に向けた取り組みについての報告をもとに、「自分たちができること」を始めませんか。
台風.jpg
日時:2019年12月7日(土) 14:00〜16:30(受付13:30〜)
会場:千葉県社会福祉センター4階 第1会議室http://www.chibakenshakyo.com/0003access.php
対象:NPO、社協、行政職員等、関心のある市民  
参加費:無料  定員:50名
内容:
・台風豪雨被害・被災家屋の対応を学ぶ
  小林直樹さん(風組関東代表)
・大房岬少年自然の家の被災状況と取組みについて
  白井健さん(大房岬少年自然の家副センター長)     
・ブルーシート展張、倒木の処理等、生活再建ニーズへの対応について
  加納基成さん(千葉南部災害支援センター)
・参加者情報交換〈ボランティアマッチング〉

主催:つなぐCHIBAプロジェクト 共催:NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
協力:千葉県、(社福)千葉県社会福祉協議会、NPO法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク、千葉県災害ボランティアセンター連絡会(依頼中)      
問合せ・申込み先:
つなぐCHIBAプロジェクト(NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ内)
千葉市美浜区真砂5丁目21-12
TEL 043-303-1688  E-mail youko-nabe@hotmail.co.jp

公益財団法人ちばのWA地域づくり基金助成事業

タグ:被災地支援
Posted by NPOクラブ at 20:06 | 学習会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント