CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

トランジションタウン したまちさんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ttshitamachi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ttshitamachi/index2_0.xml
よろづ交流会@藤野 [2010年12月31日(Fri)]
12/25(土)、トランジション藤野の地域通貨よろづ屋の交流会に、したまちから3人ほど参加させていただいたそうです。
レポートはこちら。よろづのみなさん、ありがとうございました。
Posted by かとしゅん at 12:00
相模湖竹やぶ作業&交流会 [2010年12月01日(Wed)]

11/28(日)には相模湖で、竹やぶ作業とTTつながりの交流会がありました。地元の相模湖、藤野、たま、渋谷、したまち、葉山などから、20人以上が参加してました。
お昼は、用意していただいた焚き火料理にて、芋煮、津久井大豆入りおこわ(取れたての新米)、焼き芋、そして各自持ち寄りのいろんな料理をいただきました。


午前と午後には、いつもお世話になってる農家の方の竹やぶ作業のお手伝いをしました。


そして、収穫したばかりの津久井大豆をいただきました。ありがとうございます。味噌づくりに使わせていただきます。


畑の周りには、美しい秋の里山の風景が広がっています。


最後は、チームごえもんのシンボル、五右衛門風呂で、足湯につからせていただきました。おつかれさまでした〜
Posted by かとしゅん at 12:36
土と平和の祭典@日比谷公園 [2010年10月22日(Fri)]

10/17(日)には、オールトランジションとして、日比谷公園で開催された、種まき大作戦の大地に感謝する収穫祭「土と平和の祭典」に、ブース参加してきました。

”東京の真ん中、日比谷公園・にれの木広場に「人と自然とつながる暮らし」をテーマにした「トランジションタウン&エコビレッジ」が出現。人と自然が循環する暮らしには、おいしい、うれしい、楽しい事がいっぱい。気軽に一日コミュニティ体験しちゃいましょう!” by kco


”俊郎さんに出演していただいたステージ平和のトークでは、エコビレッジとトランジションタウンの紹介をし、海外で生まれた2つの概念が日本の農村でも役に立つの? というお話をしました。
限られた時間で、詳しい活動の内容までは話せなかったのですが、俊郎さんの「エコビレッジもトランジションもめざしているのは同じ。トランジションは枠をつくらないで広げていく」という言葉がTTの活動をよく表していたなあと思います。” by kco


ブースの横でたたずむのは、小金井のポールさん。日本のTTのシンボルの一人ともいえる、大きくて心やさしくい英国人です。
ブース前では、鎌倉のマキちゃんの布ナプキンワークショップ。お客さんがたえず、ずっと「ちくちく」縫っていました。また、オサムちゃんのくるくる市も、どんどん古着の洋服が回転していて、周りが生産物や食事ばかりのにぎやかなブースの中で、逆に目立っていました。


ブースのもう一方の前の看板には、トランジション・タウンのポスターと、藤野の地域通貨「よろず屋」を説明した、ステキなパネルが飾られ、通りすがりの人々の目をひいていたようです。


そして、トランジション・ジャパンの2人、藤野のみかえさんと、種まき大作戦のkocちゃんがトークで参加した「いきものカフェ」。

”ここでは、アメリカの食事情を紹介した映画「フード インク」ダイジェスト版の上映と生物多様性と絡めたトークが4回開催され、その最後の回に参加させていただきました。
映画には大量生産、大量消費が生む社会の歪みが描かれていました。遺伝子組み換え食品、農薬を使う集約型農業、食品加工業のオートメーション化、ファーストフードの弊害などなど、今ある食の問題を集めた濃厚な内容。食と経済、グローバリズムが生み出した問題がリアルに表現されていました。

実はこれ、種まき大作戦の根っこの部分なんです。軽いノリの種まき大作戦ですが、目的は社会変革。上に書いたような社会問題を解決するのは農的暮らしだという事から、都会人が手軽に楽しめるスタイルに加工して、農へのアプローチをしています。買うものや買う場所を変えるだけで変化をうむことができる。自分でつくればもっと世界は変わる。” by kco
Posted by かとしゅん at 14:53
トランジション合宿@関西 [2010年10月22日(Fri)]

10/2(土) 〜 3(日) には、関西初のトランジション・トレーニングが、大阪のチベットといわれる能勢で開催されました。会場は、お寺の隣の、廃校を利用したユースホステル。
参加者は11名。大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、そして浜松からも駆けつけてくれました。
ファシリテータは、俊郎&まるじゅんコンビ。2度目ですが、すっかり息が合っていました


TT大阪の参加者3人から、感想文が届きましたので、抜粋してシェアしま〜す。

■「2010カンサイTT合宿(トレーニング)」に参加して

一日目は、すっきりとした全体像と道筋、みんなの笑顔が見えてきた〜!
二日目は、うどんを噛みしめるように、いろんな味と香りが出てきた〜〜!!
合宿が終わる頃には、3H(頭・手・心)をフルに使い、トレーナー、スタッフ、
一緒に参加した仲間たちの個性がスパイラルを描き始めるイメージ。
二日じゃ足りないようで、でも、満ち足りている・・・そんなふうに感じました。

(中略)
そして今後は、身近なTTに関わり盛り上げると同時に、ウェスト以外の地域
とも(世界とも!)つながったり学んだり、そしてTT合宿のフォローアップ&
スキルアップの企画ができればな!と野望を抱いております。


■関西のトランジショントレーニングを受講してきました。

様々な人の想いや力添えで実現できたこのトレーニング、
受講することが出来てとても良かったです。

なかでも素敵だなと思ったのは、2日目の皆の笑顔です。
今回の合宿を通じて、それぞれの中にある「心のスイッチ」が押されていった
ように思います。
それは、それぞれがここに集まる前までは押そうかどうか迷っていたスイッチ。
それが、ここに来て参加者全員の相乗作用で自然にそのスイッチが「ON」
された。
そんな貴重な場に居合わすことが出来てとても感謝しています。

(中略)
わたしにとって、このトランジションタウンの活動に関わることは、
自分にとっての重要な(内なる)トランジションを起こそうとしている、
そう感じます。
そして、ひとりのトランジションがまた新たな周囲のトランジションを引き起こし、
それが街全体、地球全体に広がればいいな〜と思います。


■TTトレーニング能勢に参加

ぎりぎりで滑り込んで受講した今回のトレーニング。
受けて本当によかったと思っています。
今の自分の力はすごく小さいけれど、その小ささに押しつぶされず
むしろそれを支える大きな希望を実感できた。
そんな2日間でした。

少人数であるのと、知った顔が多い中ではじめから緊張感はなかった
のですが、今回こうして集まった人たちをより深く理解できたこで、
大きな調和につながったと思います。
同じ時間と空間を共有して共認をしていく過程のマジックを実感しました。

自分と周りが溶けていく感覚。
これこそTTのなかで重要なのかなぁと理解できました。
(後略)

Posted by かとしゅん at 00:01
トランジション夏フェス@都留 [2010年09月03日(Fri)]

8/29(日)には、『トランジション夏フェス&都留のつどい』が開かれまし。前日のオールTTミーティングに続いてのイベントです。都留のNPO関係者や一般の参加者もあり、60名ほどの人たちで賑わいました。


午前中は野外での対話。「市民活動やまちづくりにおけるリーダーシップ」というテーマで、しゅんろう、ヒデ、だいごの3人がトークした後、参加者全員でグループに分かれて対話しました。



各グループでの対話内容をみんなでシェアして、気づきやアイデアを広げていきます。


お昼からは、夏フェス恒例のブース出展。今回は森の中でフェスになりました。都留の自家栽培小麦のうどん、黒豆のまんじゅう、かとうさんちの鶏が産んだ卵かけごはん、鎌倉の流しそうめん、手ぬぐい、葉山の寒天、藤野のラタトゥイユ・ピタ、松山中島のジャム、小金井のフラフープ、たまのマッサージなどなど、各地域の特色を目一杯だしたユニークなブースがそろいました。そして子どもたちと一緒につくったいもパンのスタンプラリーが各ブースをつなぎました。
Posted by かとしゅん at 12:02
オールTTミーティング@都留 [2010年09月03日(Fri)]

8/28(土) には、山梨県の都留にて、『オールトランジションミーティング』が開催されました。日本各地のトランジションタウンから30名近くの人たちが集まりました。大阪からも駆けつけてくれました〜


まずは、「かとうさんち」のトランジションな暮らしを見学。数年前に東京から都留に家族で移住し、小さな山のふもとの森の中で、セルフビルドのお家を建て、のびのびと飼われるにわとりたちとともに暮らしている様子を案内してもらいました。


田んぼも見学。今年は仲間と10反以上の田んぼをやっているそうです。合鴨農法、苗の1本植え、適正な機械の利用など、かとうだいごなりのトランジションな農法へ、試行錯誤しつつ取り組んでるとのことでした。


ロッジに移動し、室内で各地域TTからの報告ミーティングをした後、外にでてみんなで輪になりました。


「いのちの食べかた」体験として、みんなでにわとりをしめ野外調理し、感謝を込めていただきました。
Posted by かとしゅん at 11:54
トランジションBAR@藤野 [2010年07月21日(Wed)]

7/17(土)には、神奈川の藤野で、トランジションBARにまぜていただきました。
トランジションBARは、飲食物持ち寄りによる地域の交流の場で、TT藤野では月に1回程度開催してるそうです。今回の場所は、牧里ラボという旧小学校を利用した施設で、8月初旬には、「ひかり祭り」の会場になるところです。

藤野には、地域通貨「よろず屋」があります。今年初め頃、「葉山のなみなみ」」と同時期に本格的に始まりました。「私にできること」と「してもらいたいこと」をお互いに表明して、してあげたこととしてもらったことを、通帳に記入していく仕組みです。これらは、鴨川の「安房マネー」をモデルにしているそうです。鴨川では、10年以上前から、自給自足的な暮らしと、持続可能なコミュニティづくりへ取り組んでいる人たちがいます。

トランジション・タウンは、そのコンセプトは英国発ですが、日本の地域での個別の取り組みは、国内各地の先進的な事例を参考にしたり取り入れたりしているのですね。


ところで、この日、なぜ藤野にいたかというと、トランジション・トレーニングの講師のリハーサルに、受講経験者として参加していたのでした。講師は、葉山のしゅんろうと、旅人まるじゅんのコンビ。トランジション・トレーニングは、8月に1日短縮バージョンを東京で開催した後、秋には関西で、2日フルバージョンを開催する方向で、トランジション・ジャパンが準備しています。


翌7/18(日)のお昼には、直子の台所というとても見晴らしのいい気持のいい所に連れていっていただき、韓国料理のランチ。オーナーの地元の方は、数十年前から脱化石エネルギー型の暮らし方を指向していたそうです。BGMは、懐かしのジョニ・ミッチェル。とても豊かなランチのひとときでした。
Posted by かとしゅん at 16:02
トランジション・ジャパン交流会 [2010年07月09日(Fri)]

7/8(木)は、「トランジション・ジャパンのこれからを考える会」が、東京の初台で開催されました。
東京、神奈川、千葉のみならず、滋賀、大阪、オーストラリアからも、駆けつけてくれて、
合わせて27人の参加となりました。16時〜20時頃まで、じっくりと対話。

各トランジション・タウンの方が一緒になって、今後のトランジション・ジャパンを作っていく姿が、
そこにありました。(by しゅんろう)

その後、交流会場のビストロへ移動。23時の閉店近くまで親睦を深めました。


最後は、路上でトーク。手前の3人は、左から、滋賀のしゅくさん、ブリスベン在住で京都に里帰り中のすいさん、大阪のくいちゃん。遠くから来てくれて、ホントにありがと〜^^/


したまちのさとちゃん、めぐちゃん、渋谷のゆりんこ、&旅人まるじゅんの、よくわからんガールズトーク。


そして夜は更けていくのでした。。。
Posted by かとしゅん at 20:35
エコビレッジ国際会議Tokyo [2010年06月14日(Mon)]

第4回エコビレッジ国際会議TOKYOが、5/28(金)から30(日)まで3日間にわたって開かれ、最終日には、トランジション・タウンのワークショップが1時間枠ありました。
冒頭に、3つの地域、トランジション都留トランジションタウンたま、トランジションしたまちから、5分ずつプレゼンがあった後、会場の参加者と一緒に、いくつかのテーマに分かれて、オープンスペーステクノロジーという手法で対話を行いました。
地域通貨、エネルギー、行政とのつながり方、トランジションの始め方、トランジション後の世界、などのテーマで、それぞれ創造的なアイデアがたくさん出てきたようです。


個人的には、とくにTTたまのプレゼンが面白かったです。子育て中のママさん数人が集まって始めたTTたまは、地域の人たちとに共感の輪を広げ、さらに古来からの日本人のこころとつながろうと、「祭り部」をつくって、和太鼓の練習をしているそうです。秋にはお披露目があるとのこと。楽しみですね。TTしたまちからも応援してます! (かとしゅん)

Posted by かとしゅん at 22:28
トランジションタウン@アースデイ東京2010 [2010年05月05日(Wed)]


アースデイ東京2010は、4/17(土)と4/18(日)に、代々木公園で開催されました。
今回、オールトランジションとして初めて、「トランジション・タウン」という名称で、
NPOビレッジというスペースの一角にブース出展しました。

主催者発表による当日の来場者数は下記の通りです。
******************************************
4月17日(土)  天気:雨のち晴れ
・来場者数:55,000人
4月18日(日) 天気:晴れ
・来場者数:80,000人
総来場者数:135,000人
******************************************

○4/16(金) 前日

 お昼から、飯田橋のボランティアセンターの印刷室でチラシの印刷。
 オールTTのチラシは500枚。その他は、50〜100枚ずつ程度。

 15時頃、冷たい雨がぱらつく中、中島のすえざわさんとブースに到着。
 長机とイスを借りて、並べてみたものの、 展示準備できるような小道具を
 用意していなかったため、他にやることなし・・・
 
 周りのブースの様子を探って、どんなものが必要かを洗い出し、
 いったん家に帰って、すだれやパネル用の板などを近所の兄から借り、
 前夜のうちに車で運びこむ、というドタバタぶりでした。

●4/17(土) 1日目

 早朝は「雪」でした。9時頃にブースに着いた時は、テントの上にうっすらと積もった氷を傘
 で払い落す、という作業から始めました。こんな寒さの中、今日はどうなっちゃうんだろう、
 と思いましたが、お昼前から晴れ間が見えだして、ほっとしました。

 みんなで手分けして、手書きの看板などを書いたりして、なんとかブースの体裁を整えました。





 ブースを訪れる人にオールTTのチラシを渡して、TTのことをざっと説明した後、
 住んでる地域をきいて、近い所のチラシを渡す、といった感じでした。
 ブースに立っていた人によって、説明の仕方は多様だったと思います。

 ブースを通りがかる人が適度なペースで現れてくれたので、それなりにじっくりと、
 トランジションのことを説明することができたのではないでしょうか。

 また、中島のちはるさんが手作りジャムを販売してくれました。これも、大好評でした^^

●4/18(日) 2日目

 前日の片づけ前に、各地域の名称を書き並べたポスターを作成したり、
 パネル展示用のスライド資料を、自宅で新たに印刷してきたりして、
 ブースの見栄えを、土曜日に比べてかなりバージョンアップさせました。





 朝から天気もよく暖かかったので、ブースを訪れる人もまずまずでした。

 オールTTのチラシは、念のため50枚増刷していったところ、
 2日目の終了時間の17時頃に、ちょうど配り終わりました。トータル550枚です。
 ちなみに、TTしたまちのチラシは、2日間で100枚ほど配りました。
 
○感想・振り返り
 バタバタしましたが、とっても楽しい2日間でした。^^/

 とはいえ、課題もいくつかありました。
 トランジションタウンのことをほとんど知らない人に、わかるように説明することの
 むずかしさを感じました。自分でもよくわかってないんだな、とあらためて思いました。反省。

 ブースの看板や展示では、いろんな地域でいろんなことやってるぞ、ということを、
 もっとアピールできたんじゃないかな、とこれも反省。

 オールTTのチラシも、TTの特徴とか、12ステップとかよりも、
 各地域の多様な取り組みをもっと取り上げてもよかったかと思ってます。

 近くのブースのNPOスタッフなどに、トランジションのことをもっと宣伝したり、
 仲良くなっておけばよかった、と後悔。

*アースデイその後(TTしたまちの場合)

 TTしたまちでは、アースデイをきっかけに、新たに4人のメンバーが加わってくれました。
 4月末現在、MLメンバーが13人になりました。
Posted by かとしゅん at 21:35
| 次へ