CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

トランジションタウン したまちさんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ttshitamachi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ttshitamachi/index2_0.xml
『祝の島』コタツだんらん上映会レポート [2011年03月03日(Thu)]

2/27(日) 映画『祝の島』コタツだんらんツアーの上映会が開催されました。以前から企画されていたもので、このタイミングなのはたまたまです。関東在住の祝島出身者の同窓会みたいな場をつくりたい、という思いから始まったもので、祝島出身者と関係者20名ほどと、したまちメンバー10名ほどの集いになりました。


機材をかかえてツアーを回っているやっちゃんからのお話。
「瀬戸内の小さな島の出来事を自分ごととして、これからどうなるんだろう、これからどうすればいいんだろう、とシンプルに考えて」「こういうときこそ、みなさんの笑顔が遠くまで届くと思います。あったかい場所にしていきましょう」

映画の中の言葉をいくつか紹介。
町議会にて「私たちはいのちをかけて反対している。賛成するなら、いのちをかけて賛成して欲しい」。
「その日、さかながどれだけ獲れるかは竜宮城の乙姫さまが決める」ある漁師さんのことば。
いまから90年前「米さえあれば生きていける。子や孫のために、できるだけ大きい田んぼを残してやろう」と考えたという、かめじろうさん。
20年続く、夜のお茶会@こたつ。「一人でおったら、口も開かん。あれがよういかん」


映画の後、参加者みんなで車座になって、一人ずつ思いを語りあいました。一部ご紹介します。

やっちゃん。「神戸をきっかけにいのちの旅を始めて、祝島に出会った。六ヶ所でお米を作るやすこさんも、「私は止まらない。一日でも長く人に伝えていく」と言っていた。身の丈を知る上映会で僕も伝え続けていく」「一人一人が貴重なメディア。一人一人が歴史の一部。日本に居たら、みんな一緒」

映画制作スタッフのきさらさん。「島の人たちは、日常生活そのものを撮ることを抵抗なく受け入れて下さって、協力して下さった。島のことを伝え続けていきたい。映画を見るたびに、島でのいろいろを思い出します」


交流会では、祝島産のひじきやタコなどの食材を使った郷土料理と、したまちメンバーが持ち寄った料理が並びました。


交流会のトリは、祝島出身の歌手、瀬戸こうじさん。「祝島賛歌」と「棚田」を熱唱してくれました。「棚田」は映画に出てくる平さんのお父さんの萬次郎さん作詞だそうです。

やっちゃん帰る前に一言。「祝島の人たちが伝えて来たこと。これから何を守り伝えていくのかを考えたい。こたつ団らんツアーは、回数や人数ではなく向き合う機会を積み重ねて伝えていきたい」
『祝の島』こたつ団らんツアーは、20名以上集まれば、どこでも駆けつけてくれるそうです。

【上映会&ワークショップの最新記事】
Posted by かとしゅん at 17:59
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ttshitamachi/archive/74
コメントする
コメント