CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

トランジションタウン したまちさんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ttshitamachi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ttshitamachi/index2_0.xml
深川史跡さんぽ [2011年01月29日(Sat)]
1/22(土) 和ピースリングさん主催の深川東京大空襲史跡さんぽに参加させていただきました。
東西線木場駅で待ち合わせ。和ピースリングさんメンバーの方5人に、私たち2名がジョインし、東京大空襲・戦災資料センター発行のガイドブックを片手に歩き始めました。


まずは洲崎神社に立ち寄って、それから最初に訪れたのが@西洲崎橋のたもとにある戦災殉難者供養塔。お地蔵様の隣に立っています。言われなければ気づかず通り過ぎてしまいそうです。


次に訪れたのは、写真のA平久(へいきゅう)橋を渡った先の西北詰めにある供養塔。「波除碑」という江戸時代の史跡と、旧平久橋の石橋の一部と並んで立っています。


それから、道すがら通りがかりの人に教えてもらった水琴窟のある小さな庭園に寄ってから、B黒船橋の南西詰にある慰霊碑の前でみんなで記念撮影した後、C越中島橋のたもとにある慰霊碑へ。


そして、焼き芋をホクホク食べながら、D万徳院というお寺の中の慰霊碑を訪れた後、深川東京モダン館の前を通りすぎて、門前仲町駅出口すぐの赤札堂の向かい側にある、Eモスバーガーの前へ。写真向かって右の自転車の前に、なんと慰霊碑があります。意外でした。


F深川不動尊にたどりつきました。境内の4階に、『平和の鐘』があります。仏殿建立の際に土中から発掘された爆弾の破片を含ませて鋳造されたそうです。

最後は、不動尊の参道にあるG永代寺の観音像。ここで今日のさんぽは終わりです。約3時間の道程で8か所に訪れました。和ピースリングのみなさま、ご案内どうもありがとうございました。

東京大空襲は、今の東京下町の原点の一つといえると思っています。個人的にもゆかりがあります。一度このような史跡を訪ねる旅をしたいと思っていたので、いい機会にめぐりあうことができました。
東京下町におけるトランジション・タウンの文脈の中に、今後なんらかの形で位置づけて行きたいと思います。
Posted by かとしゅん at 22:30
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ttshitamachi/archive/64
コメントする
コメント