CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ポルトガル語継続講座最終回 | Main | ホンキで寄付を集める»
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

伊賀の伝丸さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント

書き描き展でロゴ発表 (02/20) MORIMOTO
書き描き展で新ロゴ (01/22)
https://blog.canpan.info/tsutamaru/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tsutamaru/index2_0.xml
多文化共生まち・ひとづくり講座 [2013年12月17日(Tue)]

15日(日)「多文化共生まちづくりひとづくり」講座が、
伊賀市主催、伊賀の伝丸実施で開催しましたひらめき
IMG00757.jpg

講座には住民自治協議会の役員の方々や、市民センターのスタッフさん、
保育園の先生方、また多文化共生に興味を持っていただいている市民の
方に参加頂きました。

午前は「どうやったら地域の外国人住民とコミュニケーションがとれるか」
●伊賀市の多文化事情
●外国人に伝わる「やさしいにほんご講座」
●多言語の名刺&チラシの作成方法
●地域のイベントの誘い方
について学びましたexclamation
やさしい日本語講座では、いつも何気なく使っている日本語が外国人には
伝わりにくい事がわかり、みなさん関心を持って聞いていただきました。

また実際にそのやさしい日本語を使って、外国人をイベントに誘う練習をしました。
当日ゲストのペルー・ブラジル・中国出身のゲストの方相手に、
参加者の2名が、ドキドキしつつも笑顔を忘れず、熱心に誘う練習をしましたわーい(嬉しい顔)

IMG00791.jpg

午後は、伊賀市市民生活課の方々と、外国人ゲストと伝丸スタッフで
「多文化地域の災害時の取り組み」について具体的な事例を考えながら、
今私たちに何ができるかディスカッションしました。
IMG00796.jpg

現実に多文化地域に災害が起きた時に「どうなっちゃうんだろう」
「準備できることはあるのか…」と考えさせられました。
やはり外国人日本人関係なく助け合える関係=コミュニケーションが
大切だということは一致したのですが、円滑なコミュニケーションを
進める具体的な方策は、また今後詰めていくこととなりましたかわいい
コメントする
コメント