CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

伊賀の伝丸さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント

書き描き展でロゴ発表 (02/20) MORIMOTO
書き描き展で新ロゴ (01/22)
https://blog.canpan.info/tsutamaru/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tsutamaru/index2_0.xml
伊賀市 外国ルーツの子どもたちの学習支援教室「ささゆり」 [2021年05月12日(Wed)]

今年度より、伊賀市の「ささゆり教室」を伊賀の伝丸が受託し運営していくことになりましたきらきら

【ささゆり教室の基本情報】チラシまだ出来てないので…
 日時:毎週土曜日の14:00-16:00
 場所:伊賀市総合福祉会館の2階会議室
 対象:伊賀市内の外国にルーツのある子ども(小学3年生から中学3年生と高校受験生)
 内容:やさしい日本語などで教科学習の支援をします

これまでも教室設置まえから15年あまり、運営委員や教室ボランティアマネージャーとして伊賀の伝丸の理事が関わり、たくさんの子どもたちを見てきました!
その経験と、伊賀の伝丸の相談や若者サポートで培ったノウハウを駆使して、子どもたちの学びのサポートと、温かい居場所を提供していきますひまわり

こちらは第1回5月8日(土)のようすです。
seito.jpg

sensei.jpg


新型コロナの感染防止を徹底するために、ナ、ナント!教室と教室をオンラインで繋ぎ、授業を実施しました。こちらは英語の授業の先生と生徒です。
ほかのペアでは作図などがあり、一緒に作業をしないと授業ができない場面があったので、アクリル板を通しての対面授業も合わせて実施しました。

ただ、残念ながら伊賀市では5月末まで「まん延防止等重点措置適用」期間。
5月の残り3回は休講することにいたしました涙ぽろり
この間は、ボランティア先生がたにオンライン学習のお試しなどをして頂きます。。
6月には再開できるよう、感染防止にみんなで協力してとりくみましょう!!
子どもたちの学習を応援!!! [2021年01月22日(Fri)]

2020年9月、赤い羽根共同募金(三菱財団×中央共同募金会)から
助成をいただけることになりましたexclamation
共同募金_三菱財団_ロゴワク最終.png

いただいた応援を活かして、ただいま「子ども若者サポート」事業を加速させていますグッド(上向き矢印)

外国ルーツの子どもたちの学習機会を確保し、その環境も整える支援を展開しています。
詳しくは、ホームページの「若サポ」ページでご覧ください >> こちらをクリック

コロナウィルス感染拡大を防ぐため、オンラインでの個別指導も展開中ですひらめき
online.jpg
外国ルーツの若者の未来をサポート!!! [2020年07月07日(Tue)]

外国にルーツをもつ子ども若者が、力強く生きていくために必要なサポートをしたいexclamationと模索を続け、昨年ようやく念願の事業「若者サポート2019」を始めることができましたぴかぴか(新しい)
2019年、母国で中学を卒業して来日した2人の「日本語オンライン授業」や「高校進学」のサポートをしました。2人は短期間で日本語を習得し、見事試験に合格して高校に入学することができましたるんるん
修了証ふたりweb.jpg

ホームページに「若者サポート(コチラをクリック)」の新しいページを作りましたので、事業の詳細をぜひご覧ください。

そして、今年も「若者サポート2020」は始動していますひらめき
フィリピンで中学を卒業して来日した若者の日本語オンライン授業をサポート中です。
0604キーア初日2-編集web.jpg

毎日5限の日本語講座を受講し、昼休みには事務所スタッフとミニテストをしたり、簡単な会話をしたり、ときには「食」の授業exclamation&question 先日、スタッフと巻き寿司作りに挑戦!なかなか上手にできましたわーい(嬉しい顔)
2020.06.22巻きずしweb.jpg

この事業は、みなさんの応援とご協力が必要ですexclamation×2
ホームページに「寄付でサポート」のNEWページも作成しました。
外国にルーツをもつ子ども若者が、夢に向かって力強く進めるように、みなさまのご支援ご協力をよろしくお願いします。
みんなでがんばろう! [2020年05月08日(Fri)]

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、
伝丸事務所でも、オンライン化などで人と人の接触をできるだけ減らし、
安全の確保を最優先に考えて予防に取り組んでいます。

そんな中、新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、
生活が厳しくなっている外国人が増えているとか、
情報が十分届かず、不安が広がっているとか聞くようになり、
伝丸でも何かできないか考えました。

そこでひらめき
外国にルーツのあるお子さんがいるひとり親家庭や、
経済的に厳しい中で頑張っている方に、クッキーなどを袋に詰めて渡す
「Tsutamaruおやつサポート」を4月26日に実施しましたぴかぴか(新しい)

グッズ2.jpg

伊賀市総合福祉会館の駐車場をお借りして、
来場者は車から降りずに袋を受取るドライブスルー方式車(セダン)
おやつが詰まった袋を渡しました。
つたまる会員スタッフにもお手伝いいただき、
2時間で29家庭に渡すことができました。
おやつと共に感染予防法などの啓発チラシも渡しました。

「友達が期間満了で解雇された」
「残業減って苦しい」
「学校がネットで授業するらしいけど、パソコンない」
などの意見を直接聞くこともできました。

マスクと手袋をして少し緊張した短時間でしたが、
みんなの元気な顔が見れて、私たちも元気をもらうことができましたるんるん

翌日、各社新聞にて記事を掲載していただきました。

collage_support.jpg
漢字の教え方学習会を実施しました♪ [2020年02月14日(Fri)]

報告が少し遅れましたが、
2月2日(日)に外国にルーツのある子どもたちをサポートする
ボランティア先生のための漢字の教え方学習会を実施しました。
定員20名を超える応募がありましたひらめき

講座の始めに、NPO伊賀の伝丸 和田代表が
「なぜ漢字の教え方講座をするのか」を語りました。
IMG20200202133308.jpg

みなさんと想いを共有したあと、本日の講座
「楽しく身につく漢字の教え方講座」スタート!
日本語教師養成講座講師の船見和秀さんに
たくさんのヒントやノウハウをわかりやすく教えていただきました。
P2024296-2.jpg

後半は、グループワークを行いました。
生徒役と先生役に分かれ、絵カードや写真を使って
テキストの漢字を実際に教える活動をしました。
P2024314-2.jpg

参加者からは、
「語彙力を増やす大切さ」「教えるポイント」「教えるための準備」など
よく分かったという感想をいただきましたるんるん

外国にルーツのある子どもたちが力強く生きていける地域づくりのために
「NPO伊賀の伝丸ができること」が少しずつ見えてきましたぴかぴか(新しい)
冬休み学習会 [2020年01月02日(Thu)]

2019年12月28日(土)午前9時半から、冬休み自習教室 実施しました。
学習6.jpg
学習2.jpg
冬休みの宿題を持参した小学生7人、中学生や高校受験を控えた既卒の子が4名、高校生1名の計12名が参加してくれました。元学校の先生や大学生などがボランティア先生としてサポート。個々に約2時間、しっかり勉強しました!
勉強の後は、みんなでおにぎり作り。
おにぎり1-1.jpg
スタッフが準備した美味しいお味噌汁とゆで卵とバナナとともに、みんなでいただきま〜す。おなかいっぱいの後は つたまる恒例のひとこと自己紹介をしました。
自己紹介アリーヤ.jpg
ちょっと時間が足りなくて、交流タイムが少なかったのが残念でしたが、参加の子どもたちからは、「せんせいがやさしい、いえでやるよりかんたん。」「またさんかしたい」との声、お手伝いしてくれたボランティア先生からは「続けていきましょう!また参加します。」などとコメントいただきました。
今回は、「勉強会」を伝丸の定期事業をしてやっていけるかどうか、「試行」として実施しましたが、子どもたちや先生の笑顔を見ていると、年2回ほどで続けていけたらな〜とおもっています。
つたまるBBQ2019 ほうこく [2019年07月24日(Wed)]

7月21日(日)今年も阿山ふるさとの森にあるデイキャンプ場でバーベキューで交流しました。
会員さんや関係者など、日本、インドネシア、タイ、中国、ベトナムの5カ国30名の参加。
昨年は台風の影響で中止となり、今年も少し心配しました。
が、今年は暑くもなく雨降りでもない丁度良い気候!
そして今年は災害時にも役立つ空き缶コンロづくりをみんなでしました!67192815_408671149747166_2940004662863986688_n.jpg
お肉が遠いけど(笑)、牛肉、鶏肉、ブラジルソーセージたくさん焼きました!
ムスリムの人も数名参加してましたので、ソーセージだけ調理道具を別にしました。
67724616_463968874162940_2779991545967804416_n.jpg
こちらは三角おにぎり作り隊!みんな上手きらきら
S__28074009-2.jpg
空き缶3つで・・・
67077879_483249962503059_1511347713847853056_n.jpg
コンロの完成!(燃料はサラダ油) 災害時調理にこまったら、コレ!

あとは、1人ずつ「ホントかウソか」で自己紹介光るハート
「彼女は2人いる」(ウソ=ほんとは一人もいない募集中!!)
「年は60歳を超えている」(ウソ=ほんとは58歳)
なんて感じで、かなり盛り上がりました〜。
戸外でのんびり交流会、楽しかった〜。
感謝でいっぱい♪ [2019年06月27日(Thu)]

6月23日に開催した「伊賀の伝丸 創立20周年 感謝のつどい」に
約130名の方が参加してくれました揺れるハート

記念講演では、講師のオチャンテ 村井 ロサ メルセデスさんが
自身の体験をもとに、外国にルーツを持つ子どもの現状を
わかりやすく話してくれました。

DSC_0555.JPG

子どもたちがどこに住んでいても、その多様性が活かされる社会があるexclamation
そんな未来を共に考えました。

その次は、伊賀の伝丸の新しいプロジェクトを発表しましたわーい(嬉しい顔)
外国にルーツを持つ子どもたちの自立を支援するための
プロジェクト第1弾ですひらめき
日本語や漢字学習のサポート、自習教室などの居場所づくりを
伊賀地域で、より効果的にできる方法をまずは模索&試行します。
みなさんのご支援、よろしくお願いしますぴかぴか(新しい)

DSC_0599.JPG

後半は、交流しながら、ワイワイと過ごしました。
伊賀の伝丸 20年の歩みをスライドショーで見たり、
みんなで「未来へのメッセージ」を考えたり、
南米音楽ミニライブで踊ったりるんるん

みなさんからいただいた未来へのメッセージの中には、
「外国にルーツを持つ子どもたちと関わってみたい!」
「みんなで地域づくりを話し合える場があるといいな」
「ロサさんは 外国人にとって すばらしい ロールモデル!スゴイ」
など、元気をもらえるメッセージがいっぱいありましたグッド(上向き矢印)

後日、各社新聞にて「感謝のつどい」の記事を掲載していただきました。

1561606466396-COLLAGE.jpg

伊賀の伝丸は、「言葉・文化の違いを超えて、共に住みよいまちづくり」を目指して、
20年間、心とこころを伝えて回ってきました。
今、伊賀の伝丸は、次のステップへと一歩踏み出しました。頑張りますexclamation×2
これからもご支援よろしくお願いします。
「創立20周年 感謝のつどい」申込受付中! [2019年05月24日(Fri)]

私たち伊賀の伝丸は、「言葉や文化の違いを超えて、共に住みよいまちづくり」を目指し、
20年間、活動を続けることができましたぴかぴか(新しい)これもみなさんからの温かいご支援のおかげです。
そこで、感謝の気持ちを込めた記念イベントを開催しまするんるん

ひらめき日時:2019年6月23日(日)13:30〜16:00
ひらめき場所:ハイトピア伊賀5階 大研修室(伊賀市上野丸之内500)

■20周年チラシ完成.jpg

伊賀市出身のオチャンテ 村井 ロサ メルセデスさんの記念講演、
つたまるの新しい取り組み発表、20年のあゆみ、
ワークショップ、南米音楽ミニライブなど盛りだくさんexclamation×2

参加者同士交流する時間もあります喫茶店
参加無料で、どなたでもご参加いただけます揺れるハート
ぜひお申込みください。
お申込みはコチラから
基礎から学んだコミュニティ通訳研修 [2018年11月20日(Tue)]

2018年11月11日(日)、つたまる主催の「コミュニティ通訳研修」を開催しましたexclamation
通訳者として活動されている方、通訳に関心がある方、
通訳者が活動する現場で働いている方など、予想を上回る大勢の方が参加してくれましたぴかぴか(新しい)

前半は、通訳者の重要性、必要な資質、メモのとり方など基礎を学びました。
PB113416.JPG

後半は、ペアを作って相手のことを聞きとり、
そのあとみんなの前でペアのことを紹介する「他己紹介」に挑戦exclamation×2
PB113460.jpg
「通訳される人の気持ちを知る機会になりました」と好評でしたひらめき

最後に、「こんなときどうする?」をテーマにした
2つのロールプレイを通して、みんなで意見を出し合いました。

通訳研修に初めて参加した人も多く、
「通訳の意味がわかった」
「学び直しができました」
「こういう研修がもっとあればいい」などの声をいただきました。
これからも、コミュニティでよりよいサポートができるよう、
スキルアップのための研修の開催などを考えていきたいですハートたち(複数ハート)
Posted by 長野 at 12:28 | 事務局日誌 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ