CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Cruise around Tsunami Havens in淡路島 [2013年12月13日(Fri)]
12月26日はインド洋大津波から9年目です。この日に淡路島で東日本大震災復興支援手織りワークショップを開催いたします。会場は、阪神淡路大震災の震源地・野島断層のそばにある「のじまスコーラ」、翌27日は洲本市民工房で開催いたします。
のじまスコーラ http://www.nojima-scuola.com/
727f0dfb-780b-4a7d-842b-4914eccb4e8b.png

ここは2010年に閉校となった野島小学校を「農・食・学・芸」をキーワードにリノベーションした複合施設。「scuola(スコーラ)」とは「学校」を意味で、イタリアンレストラン・カフェ・ベーカリー・マルシェ・MUSIC小ホール等が入っています。校舎の目の前は大海原が広がっています。

洲本市民工房 http://www.hi.awaji-bb.jp/~ssk/sumoto/top.html
bafbf97c-ace4-4551-bf2d-11fb3740145f.png

洲本市内の新都心ゾーン、洲本市民広場にある複合文化商業施設で、明治時代に建設された赤レンガ造の旧鐘紡洲本第二工場汽缶室を利用した「洲本アルチザンスクエア」内にある工房です。クラシカルな紡績工場の建物で、織物のワークショップをやることになりました。

このワークショップは、東日本大震災から1,000日目に岩手県宮古市などにある仮設住宅を中心に岩手・宮城・福島の方たちにより手がけられたさをり織りのたて糸を関西に運び、よこ糸を入れ織にしていく共同作業です。
被災した方々が手がけたたて糸にあなたがよこ糸を通すことで、織物という「作品」となり、それはアートの形で被災地の人とあなたが交差したことにもなります。
今後、この織物はさまざまな場所を旅して、あなたの後を誰かが織りつないでいきます。この共同作業の証は東日本大震災のみならず、インド洋大津波、阪神淡路大震災の被災地などにも持っていき、2015年1月の阪神大震災20周年に完成を目指します。
さをり織りは簡単な織り物なので、織物の経験のない方でもご参加いただけます。

「Cruise around Tsunami Havens in淡路島」 参加無料
12月26日(木)13:00〜15:00 場所:のじまスコーラ(淡路市野島蟇浦843 TEL:0799-82-1820)
12月27日(金)13:00〜16:00 場所:洲本市民工房(洲本市塩屋1-1-17洲本アルチザンスクエア内 TEL:0799-22-3322)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ツナミクラフトさんの画像
https://blog.canpan.info/tsunamicraft/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tsunamicraft/index2_0.xml