CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2013年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
つながるカフェ@ふくしまオルガン堂 [2013年07月01日(Mon)]
6月20日(木)、ふくしまオルガン堂でつながるカフェを開催しました。

487477_411220915643577_1979825089_n.jpg
(ふくしまオルガン堂@下北沢)

お昼の定食が大人気のオルガン堂。「言ってみたい」という声やファンの存在は多いものの、夜の営業は一定人数が集まったときにのみ・・・とうことで、この日はオルガン堂のお食事とふくしまの話
を堪能する時間として「つながるカフェ」を設定しました。

この写真は、この日のために用意されたメニュー表。

IMG_8373.jpg

手作りの温もりが伝わってきます。

IMG_8375.JPG

店内には旬の野菜や加工食品などが販売されています。すべての食材に放射能測定を行なっており、その結果がしっかり表示されています。

この時の旬の一押しは佐藤錦。さくらんぼが終わると、つぎは桃が始まるそうです。
オルガン堂のツイッターで、旬のメニューが発信されていますので、要チェック!)

IMG_8376.JPG

前菜も、こんなに豪華。ひとつひとつのお料理、店長の阿部さんが丁寧にご紹介くださいました。「どれも日本酒に合うんですよ!」と福島の地酒のアピールもしっかり・・・。桑の葉のお茶や野菜ジュースなど、ドリンクも豊富で、疲れた身体が元気を取り戻します。

IMG_8378.JPG
(アスパラ豚巻串揚げ)

IMG_8381.JPG

会津の郷土料理「こづゆ」は、会津から専用の器を取り寄せてのご提供。文化も一緒に味わえる、心づくしのおもてなしでした。食べるのに夢中になってすべてを写真におさめるのを忘れてしまいましたが、アスパラ豚巻串揚げ、ふろふき大根のえごま味噌など、お腹いっぱい、堪能させていただきました。

お食事の合間に、福島の今、そしてオルガン堂への想いについて、お話を伺いました。

IMG_8380.JPG

店内には福島民報など福島の地元紙が置かれてあります。「是非これを読んで、福島の今をしってください」。そこには、放射能測定値の情報が事細かに掲載されており、これを日々目にして生活する人たちがいるという現実を、リアルに感じ取りました。

IMG_8384.jpg

有機農業をするために17年前に福島に移り住んだという喜多方市山都町の農家さんからは、有機農業への思い、そして震災と原発事故の経験を伺いました。土地を想い、故郷での生活を守りたいというみなさんの想いが、胸に深く響きました。

IMG_8383.JPG

今回は、オルガン堂ファンの方、地域で環境保全やコミュニティーづくりの活動をしている方、フリージャーナリスト、国際機関職員や企業勤務の方など、多様な方のご参加があり、参加者同士のおしゃべりも弾む、あたたかな夜となりました。

これからも定期的に、ふくしまの今を感じるために「つながるカフェ@ふくしまオルガン堂」を開催していきたいと思います。

IMG_8385.JPG

オルガン堂のみなさま、ありがとうございました。
Posted by makiko21 at 22:08
第12回つながるカフェ:ふくしまオルガン堂とつながろう [2013年05月30日(Thu)]
487477_411220915643577_1979825089_n.jpg

第12回つながるカフェ:ふくしまオルガン堂とつながろう

2012年3月、下北沢に「ふくしまオルガン堂」という小さなお店がオープンしました。

この場所をつくったのは、「福島県有機農業ネットワーク」のみなさん。福島で地域資源循環型の有機農業を目指す農家の方々によるネットワーク団体です。

現在、福島から県外の避難者は5万4千を超え、そのうち約7,300人の方が東京に避難しています(H25年5月復興庁データより)。ふくしまオルガン堂は、福島をふるさとに持ち、あるいは福島に寄り添ってゆきたいという思いを持った人たちが集う場として、たくさんのひとたちが出会い、つながる場所となっています。

オルガン堂は普段はランチがメインで、夜は5名以上の予約がはいった時のみの営業ですので、気になりながらもなかなか足を運ぶことができないという方の声を耳にしました。そこで今回、ふくしまオルガン堂を訪れてみたいという方々がオルガン堂とつながるための機会として「つながるカフェ」を開催させていただくことにしました。

当日は福島の美味しい家庭料理をいただきながら、オルガン堂の雰囲気や、オルガン堂の店長・阿部さんやシェフの方のお話を味わいながら、皆さんで交友を深めてゆけたらと考えています。

開催概要:

日時:6月20日(木)
   18時30分〜(2時間くらい)
参加費:2,000円(お食事代)+飲み物代(各自)
   福島の農家さんが心をこめてつくった美味しいお野菜でできた福島家庭料理をお楽しみください。


お申込み
こちらのリンクよりお申し込みください。
*お席やお料理のご用意の関係上、早めにお申し込みいただければさいわいです。
*準備の都合上、キャンセルは極力避けていただきますようご配慮お願いします。

店舗情報&アクセス: http://www.farm-n.jp/yuuki/organ/shopinfo.php
〒155-0032 東京都世田谷区代沢4丁目44−2 TEL: 03-3411-7205
アクセス:
電車:京王井の頭線「下北沢駅南口」より徒歩約12分
バス:渋谷駅から、小田急バス:経堂駅行、又は梅ヶ丘駅北口行(いずれも渋54系統)に乗り、「代沢小学校」バス停下車。店はバス停のすぐ前。(渋谷駅から約15分)

972966_473017446110677_567797006_n.jpg
(人気のランチメニュー)

979632_473668042712284_1844623780_n.jpg
(福島産の旬の農産物や加工品の販売も行なっています)
*写真:ふくしまオルガン堂のHPより。

912430_470915026320919_1004307591_n.jpg
(店長の阿部直美さん)

ふくしまオルガン堂について紹介した記事
福島の有機農家、東京にオーガニックカフェを開店 (ジャパン・フォー・サステナビリティ)

Facebook Page
ふくしまオルガン堂
Posted by makiko21 at 12:04
第11回つながるカフェのご報告 [2013年05月28日(Tue)]
IMG_8196.JPG
(野田さんのプレゼンテーション、スタート)

第11回つながるカフェは、ゲストに助けあいジャパンの代表理事、野田祐機さんをお招きして開催しました。

情報は水や食料と同じライフライン。なるべく正しい情報・ニーズを、被災地と、被災地を支援したい人にすばやく提供する。

「助けあいジャパン」は、そんな想いから、震災の翌日に発足した、官民連携プロジェクトです。

Tasukeaijapan.jpの運営には300人のボランティアが関わり、2年経った今も復興支援を続けています。発足から1年で公益法人認定を受け、今は東京だけでなく、岩手、宮城、福島でも事業を展開。現在では30名の現地スタッフを抱えています。震災から二年経った今年の4月からは、「復興meetup!」という東京で気軽に復興支援に関われるイベントも実施しはじめました。

IMG_8197.JPG
(助けあいジャパンの設立から現在に至る話を、HPをみながら振り返りました))


外資系企業勤務の経験を持ち、助けあいジャパンに設立当初から関わっている野田さんは、今、世界が本質的なところで大きく変化していると考えています。それは、人がより多くの選択肢やツール、情報を持つようになり、人と人のつながりがパワーをもちはじめたということ。

ある調査によると、金融危機を背景に、ひとびとの価値観は「所有」から「共有(シェア)」に変化。80%のひとびとはシンプルな暮らしを選ぶようになりました。

世界では自然災害が増加し、60%のひとが絆を重視するようになっています。

そして、モバイルやSNSの普及によって、「口コミ」は広告の50倍の効果を持つようになりました。

奪いあう・競い合う社会から、分かち合う・助けあう社会へ。

実は今、世界ではそんな変化がおこっているのではないか。世界は今、バランスのとれた世界に向かおうとしているのではないか。そんなことを、東北に関わり、助けあいジャパンの活動を続けながら、野田さんは確かに感じ取っているようです。

IMG_8199.JPG
(石巻やきそばを調理)

野田さんのお話のあとは、東北の食材をつかったおいしいお料理。

今回はFun Tohokuさんのご協力で、石巻焼きそばやかじき、仙台麩の麩じゃがやアンチョビディップ添えなど、たくさんの美味しいお料理をご用意いただきました。

IMG_8201.JPG
(今日のメニューと、石巻焼きそばを手に満面の笑みの野田さん)

Fun Tohokuは食やkawaiiものをつうじて、遠くからでもできる支援を、楽しくつづけていくための場の提供や情報発信をおこなっています。是非、facebookのpageを「いいね!」してくださいませ。

IMG_8202.JPG

IMG_8203.JPG

今回のつながるカフェは天気もあまり思わしくなく、参加者人数が少しすくなかった分だけ、いつもよりも深く、全員で話し合う時間がとれました。こじんまりと、仲良く、深く。美味しいお食事をいただきながら、社会の変化と東北・日本(そして世界)の未来について想いを馳せたひとときでした。

912575_511352745567391_705127112_n.jpg
(みんなで記念撮影)

助けあいジャパンの「復興meetup!」は東日本大震災の月命日、毎月11日に開催されているそうです。誰でも気軽に参加できる場ということですので、是非、訪れてみてください。
Posted by makiko21 at 00:22
第11回つながるカフェのご案内:5月16日(木) [2013年05月06日(Mon)]
第11回つながるカフェ:東京でできる助けあい、東北の今と復興支援から見る新しいライフスタイル

普段は首都圏に生活してるけれど、東北の復興に関わり続けていたい。

「つながるカフェ」はそんな人たちが集い、東北の「今」について理解を深め、「これから」を応援するための交友と学びの場として、毎月第三木曜日の夜に開催しています。

今回のゲストスピーカーは「助けあいジャパン」の代表理事、野田祐機さんです。

情報は水や食料と同じライフライン。なるべく正しい情報・ニーズを、被災地と、被災地を支援したい人にすばやく提供する。

「助けあいジャパン」は、そんな想いから、震災の翌日に発足した、官民連携プロジェクトです。

Tasukeaijapan.jpの運営には300人のボランティアが関わり2年経った今も復興支援を続けています。発足から1年で公益法人認定を受け、今は東京だけでなく、岩手、宮城、福島でも事業を展開。30名の現地スタッフを抱える。 震災から二年経った今年の4月からは「復興meetup!」という東京で気軽に復興支援に関われるイベントも実施しています。

被災三県で事業を展開し、東京でも活動をする助けあいジャパン。官と民が連携するその活動はいったいどんなものなのか? そして、復興から見える新しい社会の形とライフスタイルとは??

野田さんのお話の他、皆さんの疑問や関心のあることについて共有しながら、つながりを深めていけたらと思っています。

当日は東北の食材を使った軽食をご用意いたします。
はじめての方も是非、お気軽にご参加ください。
助けあいジャパン:http://tasukeaijapan.jp/

スピーカー:
野田祐機さん(助けあいジャパン代表理事)
外資系企業を経て助けあいジャパンには立上げから参加。2012年7月に代表理事に就任。公益社団法人では最年少代表理事。 
就任直後から福島の事業を立上げ、18人の雇用を実現。
2013年は、岩手の事業もスタートさせ、これにより岩手、宮城、福島の被災三県で広域的な復興活動をしている。

+++
日時:2013年5月16日(木)19:30-21:30
場所:しょこらぼ  麻布十番徒歩5分
(詳細は参加希望者のみにお知らせします)
定員:20名
参加費:2000円(軽食代込み。アルコールドリンク代別)
*食事の用意がありますので、早めにお申し込みいただき、キャンセルは極力さけていただけますとさいわいです。

お申込は、こちらのリンク
または、facebookのつながるカフェイベントページからお願いします。
https://www.facebook.com/events/140788002770972/

+++
facebook https://www.facebook.com/Tsunagarukafe
ブログ https://blog.canpan.info/tsunagarucafe
+++
Posted by makiko21 at 23:08
第10回つながるカフェ −東北復興新聞 本間勇輝さんをお招きして− [2013年04月20日(Sat)]
4月18日(木)第10回「つながるカフェ」を開催しました。

今回は東北復興新聞の本間勇輝さん。
本間さんは富士通に勤務の後、(株)ロケーションバリューの創業に携わり2009年に退社。奥さんの美和さんと一緒に約2年間の世界一周旅行の後、2011年10月に帰国、NPO法人HUGを設立し、東北復興関係者のための業界紙「東北復興新聞」の発行や東北リーダーたちのオピニオンサイト「TOMORROW」を運営している他、慶応義塾大学G-SEC復興リーダー会議委員を務めています。
2012年12月、U-CANより、美和さんとの2年間25カ国の旅を記した「ソーシャルトラベル 旅ときどき社会貢献。」を出版しました。

復興新聞.tiff
(東北復興新聞のWeb Site)

東北復興新聞の読者や、本間さんの本を読んでご本人に会いたいと思っていたという人、気軽に集まれる場と聞いて申し込んでみたという人など、今回は総勢20名を超える参加者がありました。

そんな本間さんを迎える今回のお料理は、仙台のカタクチ商店から取り寄せたもの。会場として使わせていただいている、ソーシャルなリビングスペース、Chocolab(しょこらぼ)さんの協力により、今回も豪華なメニューをご用意いただきました。

IMG_7959.JPG
(メニューの数が豊富です!)

イタリア料理でよく使われるアンチョビ。その材料であるカタクチイワシは、日本でも多く捕れますが、市場での取引価格も安く、他の魚の餌に使われたり捨てられたりという現状があるそうです。カタクチ商店さんは、石巻で捕れた美味しいカタクチイワシから自家製のアンチョビを製造・販売されています。

その他にも、新鮮な野菜、ムール貝やあさり(大きくてびっくりします!)や自家製ピザなど、多くの食材を提供していることから、今日のメニューはカタクチ商店さんスペシャルとなりました。

IMG_7957.JPG
(アンチョビ)

IMG_7960.JPG
(みんなが「はまぐり?!」と間違えた、アサリ)

まずは、ゲストスピーカーの本間さんからの話題提供。
東北復興新聞は現在月に1回発行され、4000部が無料配布されているそうです。当初は復興関係者同士をつなげる意味合いが大きかったですが、次第に、心を支えるモチベーションとなる情報の提供としての意味合いが強くなってきたそうです。

本間さんは、現在復興に関心を持ち、実際に何らかの形で関わっている人は日本全体の1%〜5%ほどではないか、と分析します。多くの無関心層にどうアプローチしていくか。そのためには、復興、震災というダイレクトなキーワードではなく、より興味・関心を持ちやすいキーワードを打ち出すことも大切かもしれない。そのためには、どうすればいいか。

IMG_7961.JPG
(本間さんによるプレゼンテーション)

そこで本間さんは、自分自身の原点となった、2年間の旅を通じて感じたことに立ち返ります。「多くの人たちは、旅に出て、自分たちと違うところを見つけようとする。自分たちは、何が一緒なんだろういうことを、探ろうと思った」。本間さん夫婦は、旅をしながら「身の丈でできる社会貢献をしたい」と、現地でであった人たちと小さなソーシャルプロジェクトを立ち上げていきます。そこで考えさせられたのは「本質的な人間の豊かさとは何か」ということ。それは、自然、神、つながり、文化といった言葉に象徴されることではないか・・・。本間さんは、帰国後、東北の復興現場に関わりながら、東北ではまさに、そういった本質的な豊かさが取り戻されようとしているのではないかと考えるようになったそうです。それから、東北の人たち、そして東北に関わる人たちとの素晴らしい出会い・・・。そういったものに、自分は確かに、惹かれているのだと。

本間さんは今、復興を進めるにあたり、こんな問いを抱いています。それは「我々がどう変わったら、復興は進むか」ということ。東北被災地に象徴される、日本の地域社会の抱えるさまざまな課題。そういったことを構造的に支えて来たのは、地域や生産者を忘れた、哲学なき消費者だったのではないか。変わるべきは、私たち消費者ではないか。

その問いかけには、とても深く、胸に刺さるものがありました。「復興」という言葉は、私たちの日常に潜む矛盾を、より鮮明に浮かび上がらせるキーワードなのかも知れません。

毎日新聞に紹介された本間勇輝さん、美和さん「旅ときどき社会貢献」の記事。
http://mainichi.jp/opinion/news/20121215k0000m070124000c.html

本間さんからの話題提供のあとは、お食事をいただきながらの懇談会。

IMG_7970.JPG
(美味しいお要理をいただきながら)

IMG_7964.JPG

IMG_7976.JPG
(「しょこらぼ」のしょこらさんこと小和田香さんとお料理隊のメンバーでつくった豪華創作料理の数々)

IMG_7972.JPG
大槌復興刺し子プロジェクトの小杉さん。ピザを手に、笑顔でポーズいただきました)

IMG_7974.JPG
(被災地の仮設住宅に暮らす女性たちを支援するRQ被災地女性センターの栗林さんから、宮城の復興を伝えるフリーペーパー「Fortune宮城」の紹介)

20130418tsunagarucafe.jpg
(みんなで記念撮影)

次回のつながるカフェは、復興支援情報サイト「助け合いジャパン」の代表理事、野田祐機さんをお招きします。日時は5月16日(木)夜19時から。詳細はつながるカフェのfacebook Pageでご案内しますので、ご注目ください。
Posted by makiko21 at 16:07
第8回つながるカフェ(2013年1月17日開催) [2013年01月13日(Sun)]
つながるカフェ第8回 ひとのつながりを育む

普段は首都圏に生活してるけれど、東北の復興に関わり続けていたい。「つながるカフェ」はそんな人たちが集い、東北の「今」について理解を深め、「これから」を応援するための交友と学びの場として、毎月第三木曜日の夜に開催しています。

1/17 つながるカフェ第8回 ひとのつながりを育む
スピーカー: 
NPO法人ETIC.(エティック) 田村真菜さん

WEBサイト「みちのく仕事」や「震災復興リーダー支援プロジェクト」の運営を通じて、田村さんは多くの「人」の生き様に触れてきました。そんな田村さんのお話を伺うことを通じて首都圏に暮らす私たちにできることについて、ヒントを得たいと考えています。

ETIC. http://www.etic.or.jp/
みちのく仕事 http://michinokushigoto.jp/

当日は東北の食材を使った軽食もご用意しますので、はじめての方も是非お気軽にご参加ください(準備の都合がありますので、ご参加の方は必ず事前にお申し込みをお願いします)。

facebook https://www.facebook.com/Tsunagarukafe
ブログ https://blog.canpan.info/tsunagarucafe

日時:2012年1月17日(木)19:30-21:30
場所:しょこらぼ  麻布十番徒歩5分
(詳細は参加希望者のみにお知らせします)
定員:20名
参加費:2000円(夕食代込み)

お申し込みは以下リンク先の下にあるフォームからお願いします。
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dG1IVHY4dTBxVHE3WWRpbTBtbml2Z0E6MQ
Posted by makiko21 at 18:27
2012年12月13日のつながるカフェ [2012年12月14日(Fri)]
2012年12月13日(木)。年内最後の「つながるカフェ」を開催しました。

今回のテーマは「これまでを振り返り、深めてみる」。
つながるカフェを通じて知り合ったメンバーが、それぞれどのような気持ちで復興に携わっているのか、自己紹介をかねて共有しあい、そこから話を深めてゆきました。

20121213tsunagaru1.jpg
(忙しいなか、準備と冒頭の参加のためにかけつけてきた安田くん。明日重要なプロジェクトのキックオフを控えているそうで、このあと職場へと戻っていきました・・・)

お食事をいただきながら会話を深めてゆく。そんな空間で開催されるつながるカフェ。「せっかくだから、被災地の食材をいただいたいね」と今回のお食事に選んだのは「石巻やきそば」と「鯨須の子大和煮の缶詰」です。

被災地石巻からの食材は復興デパートメント石巻マルシェ大森ウィロード山王店などで入手ができますし、被災地の地名+名産などのキーワード検索からみつけることができます。


20121213tsunagaru2.jpg
(鯨須の子大和煮の缶詰)

20121213tsunagaru3.jpg
(缶をあけてみたら、何故かうれしい気持ちになりました)

缶詰の製造元、木の屋石巻水産の再建への道を紹介したドキュメンタリーは以下youtubeのサイトから視聴することができます。
【動画コンクール2012 缶闘記」
http://www.youtube.com/watch?v=K2q09SanmNY&feature=youtube_gdata_player

鯨須の子大和煮は、細かく刻んで、ほうれん草・水菜とトマトのサラダにトッピングしていただきました。

20121213tsunagaru4.jpg

今回のトピックは、それぞれが、どんな気持ちで東日本大震災や復興に関わりともってきたのか。そこでは以下のようなことが共有されました。

震災直後は被災地で作業にあたる人の食料も十分になかったので、社員みんなで食料を調達しておくったということ。

震災遺児の支援に携わり、どんなことができるのかと模索しているということ。

短期ボランティアとして被災地に入ったこと。福島の避難地域を訪れて感じたこと。

震災後、何かできることはないかとネットで情報を探しているうちに、助け合いジャパンのサイトに辿り着き、そこからボランティア活動をスタートしたということ。

これまで人の痛みに鈍感だったのかもしれない、という気づき。

カウンセラーの仲間と被災地にはいり支援活動をおこなったこと。その他複数の団体に所属し、ほんのわずかでも(例えば、ミーティングの議事録をとるようなことからでも)、できることに携わっていきたいという想い。

大学などの教育機関を復興とむすびつける道を模索するひと。

風評被害によって必要のない恐怖におびえて暮らす人たちを前に、何かできることはないかと、被災地支援につながるキャラクターをつくったりウクライナを訪れたということ。

福島の複雑な状況や、政治について思うこと。


その他、被災地で暮らしている方々や、震災後被災地に入り活動されている方の話、首都圏にいながらさまざまな方法で復興支援活動に関わっている方についての話を共有。「これから、どんな風に復興に携わっていきたいと考えているか」という気持ちを確認しあったひとときでした。

20121213tsunagaru5.jpg

20121213tsunagaru7.jpg

メインディッシュの石巻やきそばを鉄板で料理していただき、次回にむけての情報共有(ゲストでお招きしたい方についてのアイデア共有など)を行いました。被災地からの食材についても、またいろいろとみつけてゆけたらと思います。

20121213tsunagaru6.jpg

次回のつながるカフェは1月17日(木)に開催予定です。
Posted by makiko21 at 01:53
つながるカフェ [2012年11月07日(Wed)]
つながるカフェOct.jpg

「つながるカフェ」は、首都圏在住の社会人・学生など東北の「これから」を応援していきたい人たちが出会い、交友を深める、活動に活かす学びの環を広げるための場です。ここでは「つながるカフェ」をつうじてうまれたつながりの記録を綴っていきます。

Facebook Page:
https://www.facebook.com/Tsunagarukafe
Posted by makiko21 at 01:47
リンク集
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

つながるカフェさんの画像
https://blog.canpan.info/tsunagarucafe/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tsunagarucafe/index2_0.xml