CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年04月 | Main | 2009年06月»
カテゴリアーカイブ
<< 2009年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
小千谷3:塩谷に咲く花 [2009年05月30日(Sat)]







小千谷2:見慣れた景色 [2009年05月30日(Sat)]


ぼう種庵の看板も味が出てきました。

建物をぐるりと囲む畑にはそばが植えられています。


毛虫も健在です。







小千谷紀行 [2009年05月30日(Sat)]



遅くなりましたが。
2週間前の週末に新潟、小千谷市の塩谷に行ってきました。

田植えのお手伝い は口実で、まるっきりお休みモードです。

手植えの感覚と、塩谷の人たちと景色と空気が、本当に好きです。
ほっとします。



山の上の田んぼは手植えで。
「カノジョの田んぼ」
と命名していただきました。
ありがとうございます。


牛の散歩。

牛歩といいつつ、意外とペースが早いのは驚き。
往復したら息があがったのか、だいぶ呼吸が荒くなってました。
おつかれ、隆政。


土に擦りつけて汚れた鼻は、じょうろの水で綺麗に洗います。
慣れた手つきに愛情を感じます。



今年もまたお世話になりました。

ありがとうございました!

(そして今回お会いできずに失礼した方々、すみません。)







帰国報告 [2009年05月26日(Tue)]



報告が遅くなりましたが、土曜日に無事帰国しました。

なんだか最近ブログが消息掲示板のようになってきています。


4月半ばから7月半ばまでは出張強化期間です。

もう少しで半分。

周りの人に救ってもらいながらなんとかやってます。


4月のインド・ネパールと5月のハンガリー・スイスが終わり、あとは来月のインドネシアと6月末からのザンビア・マラウィ。


インドネシアは仕事では初の東南アジア。学生時代やや身近だったこともあって少し楽しみ。


でも出発前にもう1枚領収書が届かないと、インド出張の精算が終わらない。

現実的な話ですいません。

がんばりまーーす。



写真はスイスのうろこ雲。
ブダペスト [2009年05月20日(Wed)]

初のハンガリー。
滞在時間は飛行機到着から出発まで、23時間。

にはもったいないくらい素敵な雰囲気の街です。

みんなやさしい。


これからハンガリー科学アカデミーでSYLFF設立20周年式典。

ぎりぎりまで手をいれた会長の式典挨拶は、あとはデリバリーを待つのみ(であることを祈りたい)

東京は快晴です [2009年05月18日(Mon)]

明日からのハンガリー・スイス出張に向けた買い出しがてら、お散歩。
大充実の週末、終了。 [2009年05月10日(Sun)]

今週末は、金土日の朝まで熊野に行って、日曜の夕方は蒲田で大太鼓の講習第1回目に参加して、帰りに3ヶ月ぶりくらいに画材屋に寄って(引越し先の周りに画材屋がないので)と、
お財布の中身と筋肉痛はかなり痛いけど、ものすごく充実した贅沢な週末でした。


山道を登りながら気がついたこと。

登りの間は山肌しか見えないけど、峠を越えて下り始めれば空が見えること。

一歩一歩はあまり進んでいないように感じられても、振り返ればちゃんと遠くに辿り着いていること。


また明日からがんばります。


写真は和歌山からの帰路、新幹線から臨む富士山。
熊野4:景色切り抜き(後半) [2009年05月10日(Sun)]



午後は那智駅へ向かい、
→市野々王子
→大門坂
→多富気王子
→熊野那智大社
→那智大瀧へ。

約7.4kmの路。


市野々王子まではのどかな田園風景の中、舗装された公道を歩く。
野草に覆われた石垣。なんでもないようで、こういう風景、好きです。


大門坂は石段が続く難所。
入口の夫婦杉。


もう石段は見るのもいや、というくらい登ったら、頂上には那智大社が。
(バスでも車でも行けます、ええ。)

樹齢8百年といわれる那智杉。


那智駅から車で一路、42号線で串本の先の岬の灯台へ。

熊野灘に映る夕焼けは、山の端が雲に霞んで幻想的で、絶景でした。







熊野3:風景切り抜き [2009年05月10日(Sun)]

昨日の行程のおさらい。午前中は川湯温泉から
→熊野瀬橋
→湯峯王子
→鼻欠地蔵
→月見ヶ丘神社
→大斎原(おおゆのはら)
→熊野本宮大社へ。

約8kmの路。


山道を抜けて大斎原に出たところを迎えてくれたのは、悠々と流れる熊野川。


建物の様相は変わり跡しか残らなくなっても、木と日の光は何世紀前と変わらない、はず。



入口 [2009年05月09日(Sat)]

入ります。
| 次へ