CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年02月 | Main | 2009年04月»
カテゴリアーカイブ
<< 2009年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
一足早く [2009年03月25日(Wed)]


生まれたことを祝ってもらいました。

私のイメージカラーだそうです。
紫とオレンジと緑だそうです。

オレンジって、自分ではイメージないのだけど前も別の友だちにいわれた。


1年前は繋がっていなかった友だち同士が、一緒に祝ってくれるのは不思議な感じ。

日々の生活でやられそうになる時に、いつもほっこり暖めてもらってます。


いつもいつもいつも、
ありがとう。

心から。

東マラ:元担当者のヒトリゴト [2009年03月22日(Sun)]



笹川スポーツ財団東京マラソンボランティア養成事業を、日本財団の助成事業として担当させていただいて、1年目(むしろ0年目)から、3年連続で、ボランティアの立場で関わってきました。

理由は、最初はただ単純に、大会当日に手持ち無沙汰になるのが居心地悪かったから。

でも今年関わった理由は、今までとはちょっと違う。


ひとつには、周りにいる人の関わり方が毎年少しずつ変わっていく中で、定点観測をしてるのがおもしろいから。

もうひとつには、スポーツボランティアの文化を広めるためにこれだけの労力(とお金)を注ぎ込んだなら、ひとりやふたりや3人くらい、その協力団体からボランティアとして関わる人が出ていいと思う。から。

それだけ魅力があるものを、この3年間で築き上げられてきたと思います。


…個人的にボランティアリーダーとしてはまだまた課題がありますが。(リーダーってやっぱり難しい!)


今年はうっかり申し込み忘れてギリギリのところで掬っていただきましたけど、
来年もまた何らかの形で関われたらと思います。


お疲れ様でした。


(写真は雨に濡れてボロボロになったボランティアパス)
東マラ:ボランティア閉会式 [2009年03月22日(Sun)]



17:45からビッグサイトの西ホール1で行われた、東京マラソンボランティアのクロージングセレモニー(閉会式)。

正直、今まで3年の中で一番良かったです。

司会は、これもボランティアリーダーの中から逸材のお二人が。

目の前にはずらりと並ぶボランティアリーダーをまとめあげる立場のキャプテンの方々。

その中には、確か4年前のまだ東京マラソンそのものが生まれてなかった頃に、笹川スポーツ財団が手掛けていたスポーツ・ボランティアリーダー養成講座でご一緒した方の顔もありました。




サプライズの石原都知事のビデオメッセージも受けが良かったけれど、一番胸に響いたのは笹川スポーツ財団藤本常務理事の言葉。

「私が主催者として、壇上でお話するのは今年が最後です。
来年からは壇上を降りて、皆さんの側に回りたいと思います。

“東京で市民マラソンをやらせてください”と、曽野綾子さんと一緒に初めて都庁を訪れてから、これまで“自分のマラソン”と思ってやってきました。
でも今日、コースを回りながら写真を撮っていて、“皆さんのマラソン”になったと確信しました。

許されるならば皆さん一人ひとりと朝まで酒を飲みたい気持ちです。

本当にありがとうございました」



これまで藤本常務とは幾度となく東京マラソンにまつわる話をする機会がありましたが、恥ずかしながら、
神輿を担ぐ人のわらじを編むための号令をかける人に、これほどの思い入れがあったことを初めて肌で感じました。



最後は、集まった160人くらいのボランティア&ボランティア事務局スタッフで、全員握手。
どこかでやったような?)



ランナーとして、観客として、ボランティアとして、職員として、関わった全ての方々へ。


お疲れ様でした。

ありがとうございました!



いきなりゴール。 [2009年03月22日(Sun)]

途中経過報告する間がありませんでした…
(あとゴールはセキュリティのため人の目が厳しくてボランティアウェア着て写真撮りにくかった)

16:10でレースが終了し、着替え終わったランナーとボランティアの波が出口へ向かいます。


ステージでは完走した古田さんが喋ってます。

何を喋ってるのか頭に入らない。

疲れました…。


律義に(なんて自分で言ってしまう)ボランティアのクロージングセレモニーに出て帰ります。

朝のビッグサイト [2009年03月22日(Sun)]

生憎の曇り空です。
風が強い!

外の特設会場の設営準備も大変そう

東京朝市@代々木公園 [2009年03月21日(Sat)]



東京朝市の冷やかしに来ました。


首都圏の農家や自然生活雑貨などの生産者が出展するアースデーマーケット東京朝市。

郷土学やら何やらでおつきあいさせていただいている「東京風土倶楽部」の朝田さんが実行委員を務めていらっしゃいます。

盛況につき商品はほぼ完売。

売り子はshop人にやさしくの山田店長です。


風土倶楽部の目玉商品・シリアルの他にも、手づくりジャム、野菜、米、石鹸などなどなど、「生産者の顔が見える」モノが盛りだくさん。

思わず土付きねぎと壬生菜とサツマイモを購入。
新鮮な野菜をみると、料理をつくりたくなる。

昨日スーパーでお米を買ったことを少し後悔。



次回の開催は4月12日(日)@代々木公園ケヤキ並木です。

お近くの方はぜひ!



明日はビッグサイトで水を配ります。



再会 [2009年03月19日(Thu)]

昨日は久しぶりに講演のため新潟小千谷から練馬へいらしたおやじさんと、その応援団の吉村さん、コーゼンさんたちと、高円寺の沖縄料理屋で一杯。
(一杯というより、一升という方が正しいかもしれない)

懐かしいです。

変わらないです。

でもみんな平等に少し年を重ねた気はしました。


たまたまその前に会っていた知人が吉村さんのお話を聞いたことがあるというので、急遽飛び入りで参加。
人の縁はどこでつながるかわからないものです。
双方とも顔が広く人の繋がりを大事にする方なので、どこでつながったとしても不思議はないですが。


久しぶりの再会、嬉しかったです。
また小千谷か長野か虎ノ門か四川かインドか、いずれかでお会いしましょう!



一夜あけた東京の朝は、春の陽気。
昨年は4月下旬に咲いていたはずの職場近くのハナミズキの街路樹がもはや五分咲きです。

支笏湖 [2009年03月15日(Sun)]


しこつこしこつこしこつこ。


真面目に月曜に向けて帰京する人たちと分かれ、代休をもらって一日延泊です。
自分へのご褒美。


北海道の景色はやっぱりスケールが大きい。

スケールの大きい景色の中に佇むと、気持ちが落ち着く。

来て良かった。
小樽・札幌、雑景 [2009年03月15日(Sun)]

小樽運河と、
運河沿いで絵を描くおじさんの傍らのカモメ。


…あ 手袋が写ってる…


4年振りのスキー
(コーチありがとうございました!)





北へ [2009年03月14日(Sat)]

そんでもって、

北海道に来ています。


広報のベテラン記者イシイさん&レディース4人の気まま旅行。


寝不足でスキーは恐いなぁ…と思っていたら、
なんと強風のためスキー場が閉鎖。

(ちょっとほっ。)


行きの機内と電車内で爆睡して、のんびり街歩きします。


| 次へ