CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2008年01月 | Main | 2008年03月»
カテゴリアーカイブ
<< 2008年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ゲートボール連合+発達障がい=∞? [2008年02月29日(Fri)]

2月29日に開催された(財)日本ゲートボール連合主催の「地域における発達障害児に対する関わり方」勉強会に参加してきました。





日 時:2008年2月29日(金)13:00〜16:00

会 場:日本財団ビル2階第8会議室 (東京都港区赤坂1―2―2)

内 容:第1部 講演「発達障がい児と地域住民の関わり方」
          講師 国学院大学栃木短期大学 助教 佐藤 秋子氏 

    第2部 講演「教育行政からみた発達障がい児への対応」
          講師 栃木市教育委員会 生涯学習課長 小室 義博氏 

********************

日本財団の助成事業ではありませんが、今回は会場貸しという形でお手伝い。


日本ゲートボール連合では、「総合的な放課後対策推進のための調査研究」を文科省から受託し行っています。
2007年度は栃木との共催で、4回の活動が行われました。

今回はその報告と、今後の拡大に向けての勉強会。



報告を通し、「栃木だからこそ実現できた事業なのだ」としみじみ感じました。

栃木市による教育委員会への働きかけなど積極的な協力、
国学院大学栃木短期大学の佐藤秋子先生による専門的な指導、
佐藤先生のゼミ学生による当日サポート、
ゲートボール会員による当日の指導など、
各協力機関に理解のある人がいて、お互いの資源を提供しあえる関係づくりができている。

そして、その有機的なつながりを生み出せる、日本ゲートボール連合さんのコーディネート力に、いつもながら脱帽です。


詳細は「続きを読む…」をクリックしてください。

続きを読む・・・
祝・第100回ランチコンサート! [2008年02月27日(Wed)]

月2回、日本財団ビルのバウルームを使用し行われているランチタイムコンサート。
2001年に始まり、若手演奏家に発表の機会を提供することを目的として実施してきました。

本日、記念すべき第100回目を迎えます!

いつもお越しいただくお客様へ感謝の気持ちをこめて、ささやかなプレゼントをご用意しております。
近隣にお住まい・お勤めの方、ぜひ足をお運びください!

【日時】2008年2月27日(水) 12:10〜12:50
【場所】日本財団ビル1階 バウルーム
東京都港区赤坂1-2-2

※詳細はホームページをご覧ください


(写真は本文とは関係ありません)
東京マラソンの裏打ち上げ [2008年02月27日(Wed)]

ランナー、スポーツメーカー、事務局スタッフ、私的なつながりで繋がったメンバーでの打ち上げ。

ランナーの中でも、3時間台で走る人もいれば、5時間台で走る人もいる。
それぞれの関わり方がある。


スボーツメーカーでは、これまでシューズ、ウェアと各ラインばらばらに動いていたのが、東京マラソンをきっかけに、「紫のシューズが流行ったらウェアも合わせて紫にしよう」など一体的な空気が生まれてきた。


普段ランニングをしていると、2月前はどうしたんだろうというほどランニング人口が増える。
が、大会が終わった途端にまた閑散としている。
でも本当は継続的にスポーツを続けてもらうことが目的のはず。
1回きりのイベントで終わってしまっている。


海外の大会では、大会が終わるとみんな大会のTシャツを着ている。空港までメダルを下げていく。
その余韻は日本ではない。



成功といわれる東京マラソン。

「でもまだまだやるべきことはいっぱいあるんですよね」


42.195kgのダンベルを持って仮装して走ろうという笑い飛ばすような話から、よりランナー主体の大会にするためにはどうすれば良いかという真面目な話まで。

肩書でも金銭力でもなく、東京マラソンを支えているのはこういう熱い思いを持った人たちなんだと、この集まりに参加すると強く思います。


1年間で、関わる人も立場も大会の様子もめまぐるしく変わっていく。

来年の今頃は、どんな人たちが集まって、どんな思いを大会に寄せるのか。

定点観測してみるのも面白いかも。


…まずは10kmにエントリーかな。
『裸でも生きる』 [2008年02月18日(Mon)]

『裸でも生きる ―25歳女性起業家の号泣戦記―』
著者 山口 絵理子
発行 講談社
------------------

いつもエネルギッシュなパワーをもらう、モリさんからお借りした本。

バングラデシュで天然繊維・ジュートを使用したバッグを生産し、日本で販売する「MOTHER HOUSE」というブランドを起こした女性の手記。


印象に残った部分を抜粋。

* * * * * *

(バングラデシュで初めてスラムを見て:)

「私は、どうして日本に生まれたんだろう。
もしこのスラムの中で生まれていたら、いったいどうやって生きていって、何を考えたのだろう。何かを考えることすらできなかったかもしれない。
どうしてこんな世界が今なお当たり前のように存在しているんだろう」(p.77)


「車にはねられても一言も言えずに立ち去る少年も、クラスメイトの女性も、リキシャ引きになる少年も、洪水の中泳いで薬を買いに行く子どもも、みんな、生きるために、生きていた。
そこに生まれなければ発揮できたはずの沢山の可能性がある。
しかし、正義や努力が日の目をみない腐った社会でも、自分の生きる道を何とか切開き、力強く、生きていた。」(p.111)


「ビジネスはビジネス。利益が出なけりゃやっていけない。社会貢献も何もない……ということ。
『利益第一』になるという意味ではなくて、NGOではなく、『かわいそうだから買ってあげる』商品でもなく、商品として勝負すると決めたのだから、価格、品質、デザインで勝たなければ、生き残れないという当たり前の現実だった。
ビジネスの世界で戦うと決めたのに、『社会的な意義』をアピールすることは、そういった要素に頼ってしまっている証拠だ」(p.165)

* * *

正直、「社会企業家」という言葉も、「フェアトレード」も「ジュートバッグ」も、(最近よく聞くよね)程度にしか思わなかった。

けれど、彼女の生き方は、よく聞く話でもどこにでもある話でもない。


開発援助に関わる国際機関(米州開発銀行)インターンとしてワシントンに単身で飛ぶ、…まではよくある、かもしれない。

でもそこで援助のあり方に疑問を持ち、単身でバングラデシュに乗り込む。

もっとその国のことを知るために、そのまま大学院に進学する。

悪い品質でも「かわいそうだから」と買われるフェアトレード商品に疑問を持ち、
途上国で高品質のバッグをつくる。

作ったバッグを日本で売るために、会社を立ち上げる。

商品であるバッグの価値を高めるために、職人養成学校に無理やり入学して皮の裁断から覚える。


その度に泣いて、ぶつかって、悩む。
その場その場で、自分が感じた疑問や直感に従って、嘘をつかずに生きてきた軌跡。
すごい、の一言だ。
久々にがつんと揺り動かされた一冊でした。

特にお父さんが寿司屋に連れて行ってくれるシーンは不覚にも電車の中で読みながら涙腺が緩んできてしまった。

ピンチのときに現れて、
「まぁ、今の辛さは将来に活きる」
とボソッというお父さん。…かっこいい。



「周りに流されず、自分が信じた道を歩く」

いうのはとても簡単で、でも口にするのは少し気恥ずかしくて、行動に移すのはもっと勇気がいる。
多くの人にとっては。

こういう生き方ができる人には、憧れます。



……でももし実際周りにいたら、危なっかしくて見てられないだろうな。
東マラ3:ごほうびの夕焼け [2008年02月17日(Sun)]


ランナー、ボランティア、ボランティアリーダー、事務局スタッフ…
それぞれの立場での関わり方がある。

濃淡はあるけれど、優劣はないはず。


有明の空は広い。
関わった人たちへ、ご褒美のようなビッグサイトの夕焼け。

お疲れさまでした!
東マラ2:業務完了 [2008年02月17日(Sun)]

最後のランナーを見送り、作業完了です。

経験者が多くかなり楽な場所でした。

でもランナーは辛そう。

昨年は15km地点、品川折り返しの給水ポイントにいました。
ボランティア・リーダーという責任のある立場だったため、ランナー通過時間や道路の規制解除時間を気にしながら、歩道橋を文字通り右往左往しながら、10コのテーブル×12の島が円滑に給水を行えるかどうか目を配っていました。

ランナーもまだ固まって走っているため、誰が通ったかはほとんど判別できず。


今年は、去年よりランナーとの距離は近かった気がします。
東国原知事も、松村さんも、勝俣さんも川田さんも、財団職員の青柳さんも見れました。

「30kmを越えたあたりからが、辛い」
とよく聞きますが。
本当に辛そう。苦しそうな表情で足を引きずりながら、でも「がんばって」の声援に微かにうなずきながら目の前を走っていくランナーの表情を見ていると、胸が熱くなりました。


今年、目に付いたのは「声援ありがとう」「応援ありがとう」と書かれたウチワや手袋を身につけ走るランナーの姿。
中には、給水のテーブルひとつひとつにその文字が書かれた手袋を見せながら、手を振りながら走ってくれるランナーも。

きっと、去年の大会で彼を支えた素晴らしいボランティアの人がいたのでしょう。

ボランティアの声援はちゃんと届いているんだ、と実感できたひとコマでした。


…それにしても、寒いっ。
東マラ1:30km給水 [2008年02月17日(Sun)]

準備完了しました!
さすが財団精鋭部隊(と、自我自賛)
ゴミが入らないよう上からカバーをかける入念ぶり。

車イスランナーはすでに通過済み。

一般ランナーの到着を待つのみです。
東京マラソンEXPO@国際展示場 [2008年02月16日(Sat)]



2/14(木)〜16(土)の3日間、東京ビッグサイトで行われた東京マラソンEXPO2008へ行ってきました。

閉場間際の滑り込み、……にも関わらず、この賑わい。

昨年よりも出展ブース数も増え、内容もかなり気合いが入っています。


こんなブースを発見。



「Runners Help Runners」
大会に出場するランナーからワンコインの寄付を集め、そのお金で途上国の子どもや若い選手にシューズをプレゼントするという取り組み。
ボストンマラソンから始まり、現在は主要なレースで募金活動を行っているそうです。
(後でネットでもうちょっと調べようと思ったけど見つかりませんでした。もし詳しい方いたら教えてください)


後半エリアは、スポーツ企業の出展が所狭しと並びます。
大会スポンサーであるasicsはもちろん、adidasNIKEミズノNew Balance
スポーツ用品ブランドが勢揃い。
東京マラソン限定のグッズも多数。


当日に向けたランナーへのアドバイスや、ランニングで足にかかる負担を測定できるマシン(?)など、各社とも趣向をこらした展示内容。
ランナーなら、ゆっくり時間をかけて回っても飽きなさそう。


adidasのブースには、来場者によって書かれた「あなたにとってランニングとは?」のメッセージが。




東京メトロの駅も登場。
凝ってますね〜。
スクリーンでは、小出監督が靴紐の結び方について話されてました。




夜のビッグサイト。
明日の今頃には、すべて終わっているはず。

スタートまであと約13時間。

『東京マラソン』 [2008年02月12日(Tue)]


東京マラソン
著者 遠藤 雅彦
発行 ベースボールマガジン社

----------------------

広報のアドバイザーの方からお借りしました。

昨年の2007年2月、第1回目を迎えた東京マラソン
いよいよ今週末の2月17日(日)、第2回目の本番を迎えます。

私は去年はボランティアリーダーとして参加しましたが、今年は一般ボランティアとしてお手伝いする予定。



著者である遠藤さんは、東京都の教育庁の方で、東京マラソンにおいては組織委員会事務局次長として、各方面の調整に奔走された方。

この大会は、東京都日本陸上協議連盟東京都陸上競技協会、広告代理店、協賛企業、マスコミ、民間団体など、様々な立場の人が関わって行われています。


それぞれ立場ごとに思惑も、持っている資源も違う。
それをどうやって組み合わせて、日本で初めての大会をつくりあげるか?

大会開催までの経緯や本番の様子が、素直な言葉で綴られています。
コース距離測定の裏話など初めて聞く話も多く、面白く読ませていただきました。


以下、印象に残った言葉。


最初はどんな大会になるのか検討がつかず、まるで雲をつかむような状態でしたが、それでも『世界一のマラソン大会にしたい』という思いはありました。
(中略)
今から考えてみると、これがとても重要だったような気がします。
あのとき、『とにかく大会を開ければいい、3万人を走らせることができればいい』と考えていたら、東京マラソンは成功しなかったと思います



ロンドン、ニューヨーク、シカゴ、ベルリン、ボストンのファイブメジャーズ、5つの大会に匹敵するような都市マラソンを日本で実現させたいという夢。

この大会はそれぞれ立場が違いながらも、「ここは譲れない」「これだけは実現させたい」という熱い思いを持った人が集ったからこそ、魅力のある大会になったのだと思う。


その結果、ランナーへ送った記録証に載せた言葉は、
「We made it together」。

そしてボランティアへ送った感謝状の言葉は、
「あなたがいたから」。



日本財団では、笹川スポーツ財団への助成を通じて、コース管理および運営ボランティアに関わる部分を支援しています。

「一体何人の参加があるのか?」
「どうやって3万人を都庁からスタートさせるのか?」
「どうやって荷物をゴールまで運ぶのか?」

そういった場面場面での疑問や不安は、昨年度は同時進行で笹川スポーツ財団のスタッフの方々と共有しながら進めてき(…たつもり、)でした。


何ごとも一つ一つ確認しながら、恐る恐るやっていた昨年。

日曜日に開催される大会も、「2年目だから」と甘く見ることのないよう、大きな事故なく無事に大会が終了できるよう、願っています。


スポーツボランティアに興味がある方は、こちらもぜひご覧ください!

sfen 東京マラソン特集

東京マラソン2008 ボランティア応援ブログ
やりたい事をやり続けること [2008年02月09日(Sat)]

ホテルウーマンを辞めてギター職人に転職したギタリストと、
仕事しながらCDデビューを果たしたコーラスグループの一員としてライブや練習に走り回ってるヴォーカルとの、デュオ初ライブ。

5組くらいが順番で演奏していく。
デュオのふたりは学生時代の同級生だけど、他の出演者は見たところ年上らしき方々。
学生時代にやるのとは違って、仕事とか、家族とか、みんないろいろなものを抱えながらやってるんだろうなぁ。
年齢を重ねるほど、自分のやりたいことをやる時間を持ち続けるのって、わりと努力と我慢と犠牲を要するものだと思う。

でもそういうのいいなぁ、
と、今日ふたりの姿をみて改めて思った。


ギターも、ソロの歌声を聞いたのも初めて。
すとんと胸に響く、優しい音でした。

ありがと。


(写真はもやがかかった東京タワー。今宵も都心は雪が積もりそうです)
| 次へ