CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2006年07月 | Main | 2006年09月»
カテゴリアーカイブ
<< 2006年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
学校支援ボランティア [2006年08月31日(Thu)]

机の上を数多く回っていく回覧資料たち。
キャパシティーの小さい私の頭には入りきりません。

そうだ! ブログに残せばいいんだ!

ということで、第1弾。

--------------------
2006.8.28付 日本経済新聞より
「学校支援ボランティア導入9年目 地域の教育力 向上に一役」

千葉県木更津市の教育委員会が、地域や保護者の人に学校を手伝ってもらう「学校支援ボランティア」という取り組みを行っています。

教育活動支援、環境整備支援、登下校時の安全支援などが主な活動。



こういった地道な取り組みはなかなか成果が出にくいものです。
が、胸を張っていい(と思う)「成果」が、すでに表れています。


1つめに、支援ボランティアの登録数が、9年間で195人から1,567人に増えたこと。

2つめ、子どもたちの間で挨拶が生まれたり、規範意識が醸成されたこと。
(これはどう客観的にはかるのか疑問はありますが)

3つめ、親から学校への苦情が減ってきたこと。



ただし、課題も残されています。

外部の人が入ってくることに対する、学校内部の抵抗感。
ボランティアの活動が教員から見えにくい、教員がボランティアに対して感謝の気持ちをもっているかどうか。
ボランティア登録者の数と質の兼ね合いをどうつけるのか?
登録はしたが出番がない登録者にどう対処するか?


…などなど。



記事の中から印象に残った言葉。

何でも大人がするのは過保護だ。子供と一緒にやるボランティアがいい」。

どこまで手を出すか、どこで手を引くか。難しいけれど、周囲にモデルとなる大人が増えれば増えるほど、子どもが良い影響を受けやすいと思う。

結局、(私なんて未だにそうですけど)周りの人間から影響を受けて育っていくものだと思う。
悪い影響を与える大人が周囲に多ければ、その考えや言動が染まってしまう。

良い影響を与える大人は、多ければ多いほどいいんだと思う。



学校支援ボランティア、木更津市だけの取り組みではなく、全国あちこちでやっています。

岡山市教育委員会生涯学習課

青森県教育庁生涯学習課


こんな本もあったりして。
はじめよう 学校支援 ボランティア 〜先生と地域のみなさんのためのハンドブック〜


--------------------

日本経済新聞のサイトを検索していたら、こんな気になる記事も見つけました。

児童・生徒の自殺防げ・文科省、対策マニュアル作成へ


新潟にて [2006年08月27日(Sun)]

川口町、すぱーく川口の親子いきいきランドに来ていた男の子。

おじいちゃんはゲートボール協会の理事長。
おじいちゃんのお話が終わるまで、遊んでもらいました。



下は、インターンのムンくんとの2ショット。
何を語るのでしょうか。



そして、塩谷へ。
家々に灯りがついている景色が新鮮でした。
また次来る時には、景色が変わっているんでしょうか。

牛。
初めて身近で見せてもらいました。
金属の専用ブラシでブラッシング。…気持ちいーのか? こわごわなんですけど。




……あれ? 仕事しに行ったはずなんですけどね。

いやいや、ちゃんと仕事もしてますよ。
いきいきランドの様子、詳しくはコチラからどうぞ。
出張予報 [2006年08月24日(Thu)]

週末(正確には明日から)、出張で群馬・新潟へ行ってきます。

1日目、群馬県渋川市にて、森林整備体験(財団の新人研修の手伝い)。
2日目、新潟県川口町のすぱーく川口にて、親子むけのイベント、いきいきランド。川口は中越地震の緊急支援で関わった思い入れの深い地です。
3日目は、同じく新潟は長岡市の、教育分野で現在担当している助成先団体を見に。

夜のオフィスに残って準備をしながら、なんだかこの3年間の集大成のような出張だなぁーとぼんやり思った。
森林整備、災害支援、スポーツ、親子、教育…これまでに横断してきた担当分野のキーワード。(これに障害者福祉が入れば無敵)


直接の災害担当を外れてから、また時間が経ったこともあって、新潟に行く出張目的も以前とは変わってきた。

実りのある出張にしましょう。
決別 [2006年08月22日(Tue)]

学生時代からずっと続けていた活動のひとつを、今年の夏を区切りに離れることにした。

変なひとたちがいっぱいいる場だった。おかげでだいぶ鍛えられたと思う。
無力感とか、充実感とか、そこでしか感じられない感情がたくさんあった。
3年間、長いようで、短い。それだけ濃い時間を過ごしたからだろう。

私にとってはずっとストレスの根源であると同時に、エネルギーの源でもあった。

中途半端だったし完全ではないし理想的でもないけれど、私にとっては精一杯やったと思う。
後に残る人に伝えたいことも、伝わったと思う。

いようと思えばい続けることもできるけど、そろそろ次のステップに進まなきゃ。



今までありがとう。
本当に、ひとりひとりに感謝。
インターン1日目 [2006年08月16日(Wed)]

本日より、我が日本財団公益・ボランティア支援グループ 公益チームにて、インターンを受け入れております。

しかも僭越ながら私、チューターを担当してます。

担当するインターンプログラムは、「フリースクール、私立学校に対する支援方針の策定」。

このとてつもなく掴みどころのない、深いテーマに果敢に取り組んでくれるインターンのお2人(のブログ)を、さっそくご紹介します!


金子さん
インターンde始まる☆ 公益活動と綾 2006夏

枡方さん
幸せの還元


10日間という短い期間ですが、日本財団に何かひとつでも残して、そしてたくさんのものを持ち帰ってもらえればと思います。

みなさん、応援&見守りよろしくお願いします!
アドバイス [2006年08月15日(Tue)]


誰かの一言で目の前が開けたとき、
その言葉を忘れないようにしたいと思った。

また同じ悩みで行き詰ったときに、思い出して浮きあがれるように。
キラキラ [2006年08月15日(Tue)]


財団を退職してアメリカのロースクールに行き、今度から東京の法律事務所で働くことになったココロさんとのお食事会にお邪魔してきました。

入会して重なっていた期間は10ヶ月ほど。
同じ部署で働いたことはないけれど、「この人はすごい! この人はできる!」とう評判をいろんな人から聞きました。

初めて? ゆっくりお話して、その理由が少し分かった気がします。


玉沢さん曰く「急所をつかむ」、本質を見極める目をもっていること。
国際会議に出るようなエライ人とも、助成先団体の現場の人とも、うまく接することができるコミュニケーション力があること。


私より7つ上、お子さんもいらっしゃいます。

元同僚と、仕事の話で自然に盛り上がる。
そんな姿を見ながら浮かんだのが、このタイトル。

かっこいい。


もう同じ職場ではないけれど、目標となる存在があると、励まされます。
まだまだまだ道のりは長いけど。

がんばらねば。がんばろうっと。
開善塾研修会1:「命の火」 [2006年08月07日(Mon)]

(またまた遡ってアップしてます)

8/7〜9、開善塾が主催する「教育相談実技研修会」に参加してきました。

教育相談実技?
教員向けの研修会??

財団の仕事とは関係ないじゃん?と思うかもしれませんが、メールマガジンで入ってきた案内の中の「教師のバーンアウト」 、「発達障害と不登校」、「母親支援による子どもの復学指導」 などのキーワードに惹かれ。

しかも、現在向き合っている「不登校」というテーマに日々取り組んでいる団体が主催する研修会。

これは行ってみるべし、と思い、3日前くらいに電話で駆け込み申込をして、参加させていただきました。


行ってみて、驚いたこと。

内容の充実ぶりもさながら、この団体のネットワークがすごい。
文部科学省の偉い方々から、全国の小中高等学校の教員の先生方まで。
濃密な信頼関係が築けていることが、懇親会での様子から伺えました。


いつもどおり、印象に残った言葉。

教育とは、流れる水に文字を書くようなはかない仕事なのです。
しかし、それをあたかも岸壁にノミで刻みつけるほどの真剣さで取り組まなければならないのです。
教師が己自身、赤々と命の火を燃やさずにいて、どうして生徒の心に点火できますか。教育とはそれほどに厳粛で崇高な仕事なのです。」

(教育者 森信三氏の言葉)

それを紹介してくださったのが、冒頭の講演を担当された文部科学省初等中等教育局の今泉柔剛さん。

文部科学省の職員が赤々と命の火を燃やさずにいて、どうして現場の教員の心に点火できますか


…かっこいい。
私も言ってみよう。

助成財団の職員が赤々と命の火を燃やさずにいて、どうして現場の助成先団体の心に点火できますか!


文部科学省の取り組みがよく理解でき、また現場の先生方の苦悩が垣間見れた2日間でした。
持ち帰って、財団の立場から何ができるのか。考える考える考える…
生き方を学ぶ、ライフスキルワークショップ [2006年08月06日(Sun)]

日曜日ですが、オフィスから記事アップです。

なぜオフィスにいるのかというと。

Lions Quest の、「思春期のライフスキル教育」というプログラムのワークショップが、日本財団ビルで開かれているからです。

今回は助成事業ではありませんが、会場貸しでお手伝い。



主な受講生は、学校の教員やライオンズクラブのメンバー。
2日間のプログラムで、ライフスキルプログラムの意義と、実際の指導方法を学びます。

学校では教えてくれない、
でも大人になるために、社会で生きていくために、必要なこと。

自信の見つけ方。
感情のコントロール。
友人関係の形成。
目標設定の仕方…などなど。

対象年齢は10歳〜15歳、小学校高学年〜中学生ですが、この時期に限らず、高校、大学、卒業後もずっと身につけておいてほしい事柄ばかりです。


1日だけの参加でしたが、私も終日、グループワークに混ぜていただきました。

模擬授業を行ったり、講義の前後には必ず「エネジャイザー」と呼ばれる簡単なゲームが加わったり、と、長時間でも飽きさせない工夫が随所に凝らされています。


実際参加してみての感想。

それぞれ単元のテーマが、答えがあるものでも、はっきり結論づけられるものでもない分、教え方が難しい。
子どもの「これは違うんじゃない?」「これはこうこうなんじゃない?」という疑問に答えるには、先生の腕が試されます。

その疑問を受け止められるかどうか。
納得のいく答えを返せるかどうか。

でも、子どもたちの今後の人生を左右しかねない大事なテーマなだけに、真摯に教えていっていただきたいと思います。


…と、書いてしまうと他人事ですね。

もし実際私が子どもたちを前にして教えるとしたら……
おもしろそうだけど、責任重大で恐い気もする。

先生って重要な職業だなぁ、と、改めて思いました。


ワークショップの最後、参加者1人ひとりに向けたメッセージを書いた紙皿。


有意義な1日でした。
講師の先生方、主催者のJIYDさん、ライオンズクラブの皆さん、そして参加者の皆さん、ありがとうございました!