CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2006年06月 | Main | 2006年08月»
カテゴリアーカイブ
<< 2006年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
浜名湖競艇場にて:今日の意味 [2006年07月30日(Sun)]

今回のイベントは、日本財団・B&G財団・日本科学協会・笹川スポーツ財団・マリンスポーツ財団・ゲートボール連合の共催。
競艇の売り上げを財源とする関連団体の、1年目の新人から役員まで大集結です。

前日の土曜日はスタッフの大半が昼過ぎから入り、ナイターの場外発売が終わり現金輸送車が出るまで待って、夕食も食べずに23時過ぎまで会場の下準備。
当日の日曜日は当日で、場外発売が始まるまでの時間を使って、邪魔にならないように15時前に潔く撤収。

貴重なレース非開催時間帯とはいえ、たった半日のために、経費と職員を出して、これほどまでしてやる意味があるのか?


…答えは、きっとあるんだと思う。


しつこいようだけど、日本財団は競艇の売り上げを財源に活動しています。

ハンセン病患者の尊厳回復、災害支援、障害者の地域生活支援、郷土学…
いくら大きなことを言っても、大切なことをしようとしても、競艇のお金がなければ何もできないわけです。

事業をしていく上で安定な財源を確保するためには、競艇ファンを増やし、理解者を増やさなきゃいけない。

じゃあ誰に支えてもらうか?

直結するのが、競艇場の周辺に住む人たちです。

確かに新聞広げてブツブツ独り言いってるおじさんが自分が利用する駅にいたら、怖いでしょう。

でも、その競艇場があって、舟券を買ってくれる人がいるからこそ、財団が活動できる。


当日ブースに立つのは、(外部からの協力者を除いて)アルバイトでもボランティアでもありません。
競艇の売り上げで仕事をさせてもらっている職員たちです。


本気で科学好きの子どもたちを育てたいと考えてる。
本気で海洋体験を通じて、たくましい子どもたちを育てたいと考えてる。
本気で日本を元気にしようと考えてる。


競艇のお金でどんな活動をしているのか、そのお金で給料もらってるのがどんな人たちなのか、顔をみて知ってもらいたい。
そして日頃の感謝の気持を伝えたい。

このイベントが無料なのは、そんな理由からです。

(…と、少なくとも私はそう思っています)


…何はともあれ、疲れた…。
少し実家に立ち寄って、ひと呼吸、ひと休みしてきます。
浜名湖競艇場にて 4 [2006年07月30日(Sun)]

いつもモーターボートが駆ける水面にはカヌーとヨットが。
(午前中はバナナボートも登場)
浜名湖競艇場にて 3 [2006年07月30日(Sun)]

こちらは笹川スポーツ財団担当のダブルダッチ体験コーナー。

大盛況です。
浜名湖競艇場にて 2 [2006年07月30日(Sun)]

そのわけはこちら!

今日は浜名湖競艇場で、スポーツフェスタが開催されているのです!

セーリング体験、科学体験コーナー、ニュースポーツ体験コーナーなど、盛りだくさんのお祭り。

今日一日限りのイベント、リアルタイムでお届けします。
浜名湖競艇場にて 1 [2006年07月30日(Sun)]

投票所にならぶ親子の姿。そのわけは……?
お茶の話 [2006年07月30日(Sun)]

最近のお気に入り。

広末涼子浄化計画に乗っかりたいわけじゃないけど、この味好きです。
ちょっと前は爽健美茶の緑茶がお気に入りでした(笹の葉入りのやつ。最近あまり見なくなったなぁ)
熊笹やドクダミのほのかな苦みが、体にいいことしてる気になったりして。


お茶。


一時期、紅茶、中国茶を始め、お茶のいれ方に凝っていた時期がありました。
冬場はお湯を沸かすのに電子ポットを愛用しているのですが。夏場はなかなか家で熱いお茶を飲む気になれず、電気代がもったいなくてコンセントを抜いたまま。
専らペットボトルに頼る日々です。

ヤカンを買おうかなぁ、でも置く場所困るしなぁ…と悩みながら、溜る一方の空ペットたち。


丁寧にお茶をいれると、丁寧に生きている感じがする。

いつかは茶道もきちんと身につけたい。
今はお正月ににわか手ほどきを受けるだけなので。

そろそろお湯問題を解決してまたおいしいお茶を家でいれようかなぁ、とぼんやり思う、出張先ビジネスホテルの夜です。
ゲートボール大会! in 熊谷 [2006年07月29日(Sat)]

数ある担当事業の中のひとつがこれ、日本ゲートボール連合が主催する「全日本世代交流GB大会」と、「全国ジュニアGB大会」です。

担当になって1年、初めて大会を見に行かせていただきました。
(しかも今年限りの特典:ノガミさんの解説つき。←裏事情も含め、大変勉強になりました…)


世代交流は、?15歳未満 ?15〜39歳 ?40〜64歳 ?65歳以上、の4世代からの選手が1つのチームを結成し、競い合う大会。
なんと選手の最年少は6歳、最年長は79歳!

一方ジュニアは、15歳〜17歳でそれぞれ男子と女子の部、6歳〜14歳の3クラスに分かれ、決戦します。


会場はでっかい、彩の国くまがやドーム。なんととれるコート数は16面!!

入り口では特大バルーン第1ゲートが迎えてくれます。
(思わず写真に撮ってしまいました)


「お年寄りのスポーツ」というイメージが強いゲートボール、実は子どものために考え出されたスポーツだって、知ってました?

若い選手の中には、福祉方面で就職する人も少なくないそうです。
ゲートボールの審判員資格を持っていると、お年寄りとのコミュニケーションがとりやすい、というわけ。
なるほど。

ゲートボール……知れば知るほど奥深い世界です。
歩調 [2006年07月23日(Sun)]

久々に姉と2人で歩いた。

「歩くの早いよ。“東京で働いてる人”って感じがする」
と言われた。

急ぐ理由はないのに。
焦ってるのかな。
何を焦ってるのかな。

「でも姿勢は良くなったね」
とも言われた。

一進一退。


私前はどんなスピードで歩いてったっけ。

いつの間にか自分のペースを忘れてる気がする。

自然なかたち [2006年07月16日(Sun)]

栃木の「親子いきいきランド」でお昼に配られたおまんじゅう。
地元のおばちゃんたちがその場で丸め、その場でガスコンロを使って蒸かしたものです。

市販の味とは一味も二味も違う素朴な甘みで、とても美味しかった。


栃木から次の目的地に向かう途中。
単線の電車の車窓に広がる昔のままの里山の風景を見ながら、お饅頭を頬張り思ったこと。


本当はこういう味は、実のお母さんから、お祖母ちゃんから伝えてもらうものなんだろう。

「自然じゃない形」になってしまっているものが多い気がする。

学校帰りに暗くなるまで公園で遊ぶこと。
子どもが家で夕飯の手伝いをすること。
大人が近所の道で会った人と話をすること。


助成事業で支援している事業は、どこか不自然なものが多い。

子どもに遊び場を用意すること。
親に子どもの育て方を教えること。
子どもに地域の伝統文化を教えること。


それらが社会の中で必要とされていることも、確か。


時間がないから。
忙しいから。
他に誰も教えてくれなかったから。
お金がないから。
人々の意識が変わってしまったから。


でも、生活の中で求められているものを、作られた形ではなく「自然な形」で生活の中に取り戻すことが、目指すべき方向なんじゃないかと思う。


…理想主義かもしれないけど。

まずは、母と祖母から何を教えてもらおうか。

親子いきいきランド栃木 [2006年07月16日(Sun)]

屋内ゲートボール場すぱーくを使った親子いきいきランド、記念すべき第1回目。

15日は吟剣詩舞と和太鼓の体験教室、16日の今日は午前中は栃木市のゲートボール大会、午後はニュースポーツ体験会が開かれました。

合間には地元JAによる新鮮野菜の朝市や、押し花教室など内容は盛りだくさん。


参加者をどう集めるか?
「親子」というキーワードをどう盛り込むか?
地元の人をどう主体的に動かすことができるか?


今後につなげるための課題は色々ありますが、楽しいイベントになったと思います。

JGUの方始め準備に奔走してくださった皆さん、お疲れ様でした!
| 次へ