CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年06月 | Main | 2009年08月»
カテゴリアーカイブ
<< 2009年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
週刊、今週のシゴト [2009年07月17日(Fri)]

最近、ブログであまりにも仕事の話をしなさすぎです。丁寧にひとつずつ書こうと思ったら永遠に書かなさそうなので、一週間まとめてざざっと振り返り。


7月13日 (月)

午前中、来日中のギャローデット大学奨学生に担当しているハンセン病事業の紹介。久しぶりの手話の世界は通訳頼み。日本語手話←→アメリカ手話の通訳にヨシダくん大活躍。

あとは風邪で先週1日半休んだため溜まった仕事と闘うも、本調子じゃないのと睡眠不足ではかどらず。

夕方から、笹川平和財団と東京財団とともに、「国際社会で活躍する日本の知的リーダーを育てる」という高い高い問題意識をもとに、新プロジェクト開発のためのブレスト&奨学金事業に関する情報交換会。

続いて、懇親会と称して一杯。


7月14日(火)

まだまだ片付かない仕事と格闘するも、やっぱりはかどらず。

17時半〜、早稲田大学の学生40人を対象に笹川会長による特別会議。
質疑応答から盛り上がり、19時過ぎから始まった8階食堂での懇親会まで。財団のインターンシップの宣伝をした学生のうちほとんどは「夏休みは中国なんです(ハンセン病快復者定着村でのワークキャンプ)」。WAVOCニシオさんと家のハラダさんの影響力、さすが。

7月15日(水)

溜まった仕事のうちのひとつの記念誌寄稿文をない集中力をひねり絞って書き上げるも、10分後に上司から容赦なく率直なダメ出し。仕事の質が低いまま外に出ることなく助かります。

夜、また別の新プロジェクトの名づけて「学生ボランティア支援センター(仮称)」の検討委員会第1回。2日続けてニシオさんと、かなり身内な話も含めて意見交換。他メンバーは公益チームフルカワさん、トノガイさん、経営企画イシクラさん、国際から広報チームに異動したばかりのオザワさん。

夜、高校時代からのおつきあいの京都に住む恩師と久しぶりに長電話。


7月16日(木)

事務メールを打ち返しながら、遅々として筆が進まないまた別のハンセン病療養所会誌寄稿文(兼、出張報告書)一本をほぼ一日かけて仕上げる。気分がのらないと本当に文章が書けません。スランプの作家みたい。

昼に去年ダミアンダットン賞でお世話になった&仕事仲間チバさんの新渡戸塾同期でもあるアメリカ大使館のナカニシさんとチバさんとで昼食。が、午後健康診断のため朝から何も飲まず食わず、たまたま居合わせたタキさんとナカニシさんの関西弁弾劾トークにくらくら。

午後、健康診断。おかげさまで健康です。血圧は相変わらず上88、下54。高血圧に悩む祖母の孫とは思えない。

17:45〜、2回連続で出張と重なり休んでしまった和太鼓倶楽部の自主練習に30分だけ参加。

18:30〜、 CANPANセンターが主催する「子どもの社会的責任フォーラム」に参加。CANPANセンターのとがったアイディアと、でも地に足ついた個々の課題が見えにくいところと、個々の課題は見えてるけど既存の助成の枠組みを越えられず悶々としてる日本財団の事業部職員との距離がもっと縮まって一緒に仕事できるようにしたい。個人的には、子ども未来ファンドの米田さんと多文化共生センターの王先生と思いがけず再会できて嬉しい。


毎日なんだかんだで、帰りは遅い時間。
…こうしてみると、ほとんど本業の仕事してないんじゃ…
来週はもっと効率あげて仕事片付けられるように(そうじゃなきゃ出張にも旅立てないし夏休みも流れちゃう)、週末は頭オフにして休みます。
あ まだ明日一日残ってる……

…おやすみなさい。