CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2008年01月 | Main | 2008年03月»
カテゴリアーカイブ
<< 2008年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ゲートボール連合+発達障がい=∞? [2008年02月29日(Fri)]

2月29日に開催された(財)日本ゲートボール連合主催の「地域における発達障害児に対する関わり方」勉強会に参加してきました。





日 時:2008年2月29日(金)13:00〜16:00

会 場:日本財団ビル2階第8会議室 (東京都港区赤坂1―2―2)

内 容:第1部 講演「発達障がい児と地域住民の関わり方」
          講師 国学院大学栃木短期大学 助教 佐藤 秋子氏 

    第2部 講演「教育行政からみた発達障がい児への対応」
          講師 栃木市教育委員会 生涯学習課長 小室 義博氏 

********************

日本財団の助成事業ではありませんが、今回は会場貸しという形でお手伝い。


日本ゲートボール連合では、「総合的な放課後対策推進のための調査研究」を文科省から受託し行っています。
2007年度は栃木との共催で、4回の活動が行われました。

今回はその報告と、今後の拡大に向けての勉強会。



報告を通し、「栃木だからこそ実現できた事業なのだ」としみじみ感じました。

栃木市による教育委員会への働きかけなど積極的な協力、
国学院大学栃木短期大学の佐藤秋子先生による専門的な指導、
佐藤先生のゼミ学生による当日サポート、
ゲートボール会員による当日の指導など、
各協力機関に理解のある人がいて、お互いの資源を提供しあえる関係づくりができている。

そして、その有機的なつながりを生み出せる、日本ゲートボール連合さんのコーディネート力に、いつもながら脱帽です。


詳細は「続きを読む…」をクリックしてください。

続きを読む・・・
| 次へ