CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2006年12月 | Main | 2007年02月»
カテゴリアーカイブ
<< 2007年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
1.17 [2007年01月17日(Wed)]

1月17日。

阪神淡路大震災から、12年。


モリさんと帰り道一緒に帰りながら、「12年前、何してた?」という話をしていた。

12年前、アメリカの中学校に通いだしてすぐの頃だった私は、
ニュースで「I'm sorry about Japan's earthquake」というニュースキャスターのコメントを聞いて、初めて“I'm sorry”に「気の毒」という意味があることを知りました。


2年前の同じ1月17日、友人が日本を離れた日。
2年前の同じ1月17日、友人に子どもが生まれた日。

これからもそれぞれの人に、それぞれの「1.17」が刻まれていくのでしょう。


それでも変わることなく、神戸で亡くなった大勢の方と、そこで生まれたボランティアの大きな力に、思いを馳せると思います。

今年の神戸の様子は、こちらからどうぞ↓

ヒューマンシールド神戸
-吉村誠司の地球日記ブログ-

雨ニモマケズ 風ニモマケズ
- 災害ボランティア情報 ブログ-


アカウンタビリティ研修 [2007年01月17日(Wed)]

昨日、今日と外部研修を受けてきました。

(株)パンネーションズコンサルティンググループによる、「アカウンタビリティ研修」。

論理的な考え方と、プレゼンテーション、コミュニケーション能力の向上をはかる研修です。


「相手に伝わりやすいように話す」
当たり前のことなのだけど、意外と難しい。

相手に自分の考えを伝えたつもりでも、こちらの意図通りに相手側が受け取るとは限らない。
助成先の団体の方しかり、財団内しかり。


どうやって話したら相手にすんなり理解してもらえるか?
どうやって話したら聞きやすいか?

悩み過ぎない程度に、意識して実践にいかしていきたいと思います。



それはそうと、こういった外部研修、一緒に受ける方はほとんどが一般企業の方々。
中には課長部長クラスの方もいます。

普段一般企業の方と話す機会がほとんどない環境にいる私にとっては、そういった受講者との方々と話すことが新鮮で、良い刺激になります。

「あぁ、一般社会の人の考え方はこうなんだ」と。

公益活動をしている人はどこか(良い意味でも悪い意味でも)世間ズレしている人が多い。
(それはそれでとっても魅力的で個性的な方が多くて好きなんですけど)
新卒すぐに非営利セクターに入った私としては、「世間の価値観=公益活動をしている人の価値観」になりがちです。

でもしかし、世の中の大半は営利活動に従事している人で。

「世の中を変える」「世の中を元気にする」というからには、そういう人たちに訴える要素がなければいけない。

こういう場で感覚のズレを修正しつつ、
良い事業が生み出していければなぁと思いながら、終わった2日間でした。


一緒にグループワークさせていただいた方、講師の方、お世話になりました。
ありがとうございました!