CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 仕事にまつわる話 | Main | 世の中の動き»
カテゴリアーカイブ
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
線路脇に [2010年07月03日(Sat)]


難民に関するシンポジウムのお手伝いに、駒場東大前まで来ました。


線路脇に、混在して植えられた花たち。

なんかいい感じ。





送別会、じゃなくて壮行会 [2010年07月01日(Thu)]


昨日は、財団を辞めてニューヨークの大学院に留学する友人の壮行会。


彼女とは、同い年・同じ血液型・同じ大学の同じ学部と、妙に共通点が多くて、強がりなところとかが自分を見ているようでした。


年中審査に追われる部署にいながら、遊ぶ間はもちろん寝る間も惜しんで、朝夕時間をつくって勉強してきたガッツは、ほんと尊敬します。


なぜか同い年の女性は皆辞めていくというジンクス更新中?


ちょっと寂しいけど、
がんばれ。


私も負けずに自分なりに次のステージに進めるように、がんばりますよ。

ラナンキュラス [2010年05月01日(Sat)]


荒井良二の絵画展をみに、小伝馬町のFOIL galleryへ。

雑誌FOILバックナンバーの、奈良美智と川内倫子のアルガニスタン訪問写真集を手にとる。

他にも、「限界集落」とか、興味をそそられるタイトルが本棚に並ぶ。
アートの切り口で社会をみるのは、王道では望めないいろんな可能性を秘めていて、面白い。
でも重いテーマに手が伸ばせるのは、気持ちに余裕がある時だな。


小伝馬町4番出口すぐの小さな花屋で花を買ったら、おじさんが英字新聞でかわいく包んでくれた。

ラナンキュラス。

覚えます。
深呼吸 2 [2009年09月29日(Tue)]















深呼吸 [2009年09月29日(Tue)]














湘南OWS:振り返り [2009年09月02日(Wed)]


先週末の湘南オープンウォータースイミング2009

3kmのコースで一人、泳者が亡くなられました。
海の怖さと、海上の安全管理の責任の重さを改めて感じました。
ご冥福をお祈りします。



事故があったという重い一点を除いては、前年までの運営と比べても遜色のない大会だったと思います。
初めてのことに試行錯誤された方々、後方でフォローされた方々、運営に関わったスタッフの皆さんのご尽力のおかげです。


個人的には、

カヌーを快く貸出していただいた葉山オーシャンファミリーの皆さま、
出艇、上陸、レース中ののサポートをしていただいたシーカヤック隊の熟練者の方々、
前夜に快適な宿泊環境を提供していただいたフルサカさん(&ケイコさん)、
忙しい中練習につきあっていただき、横波の越え方と長時間漕ぐためのコツをアドバイスしていただいたヨシザワさん、
そして練習〜準備〜本番〜レース後の片づけまでつきあってくれたサワタリくん、

皆さんのご協力に感謝です。


また来年も続くことを願いつつ。





写真は大会前日、カヌー水上運搬後、逗子海岸の夕焼け。
湘南OWS [2009年08月29日(Sat)]

日本財団の助成事業から、地元の実行委員会形式に移行して、一年目の大会。

9時スタートです。

今年もサワタリくんと一緒に、水上のシーカヤックから、チバさんとタカハシさんを応援します!

風がやや強め。

雨の古都 [2009年08月10日(Mon)]


携帯写真の画質は馬鹿にできません。









熊野4:景色切り抜き(後半) [2009年05月10日(Sun)]



午後は那智駅へ向かい、
→市野々王子
→大門坂
→多富気王子
→熊野那智大社
→那智大瀧へ。

約7.4kmの路。


市野々王子まではのどかな田園風景の中、舗装された公道を歩く。
野草に覆われた石垣。なんでもないようで、こういう風景、好きです。


大門坂は石段が続く難所。
入口の夫婦杉。


もう石段は見るのもいや、というくらい登ったら、頂上には那智大社が。
(バスでも車でも行けます、ええ。)

樹齢8百年といわれる那智杉。


那智駅から車で一路、42号線で串本の先の岬の灯台へ。

熊野灘に映る夕焼けは、山の端が雲に霞んで幻想的で、絶景でした。







上野駅の地下通路 [2009年04月19日(Sun)]

引越してから、成田空港に向かうのに上野駅から京成スカイライナーを利用している。

2月末すぐインドに出張した時、70メートルほど続く地下通路にずらりとホームレスの人たちが寝そべっていて、驚いた。


今日またその景色を覚悟していたら、人の代わりに隙間を埋めるサイズのつい立てが設置されていた。

つい立てには
「この付近での座り込み・横になる・飲食・喫煙等の行為は禁止致します」
の文字が。


上野駅のホームレス問題、解決?

あそこにいた人たちはどこに行ったんだろう。
それとも寒い時期だけつい立てを外して受け入れるんだろうか。

調べてみないと判らないけど、きっと駅からいなくなったからといって、問題がなくなったわけではないんだろう。

がらんとした通路をガラガラ荷物を引いて歩きながら、複雑な気分になりました。

| 次へ