CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« about this blog            −このブログについて− | Main | 仕事にまつわる話»
カテゴリアーカイブ
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
未来を拓くロウソク! [2009年12月03日(Thu)]

今日は12月3日。

職場の先輩が仕掛けるソーシャルアクション、名づけて
「1,2,3で、施設商品!」の日です。

クリスマス商戦本格化にあわせて、障がい者や社会参画に向けてがんばっている人たちがつくるモノ・取り組みを紹介しよう! というキャンペーン。

→くわしくはこちらのブログをご覧下さい。



さて。

私からご紹介する商品は、こちら。



この色とりどりのロウソク、なかなか日本では見ない色合わせですよね。

どこで作られたものかというと・・・・





インドです。


約1千万人強の世界最多のハンセン病患者・回復者を抱えるインド。

差別が原因で故郷に住めなくなった患者・回復者が集まって暮らすハンセン病コロニーは、
自然発生的にできたものがインド全土で約700ヶ所、ミッション系や政府が設置したものも含
めると約1,000ヶ所あるといわれています。

そのようなハンセン病回復者が暮らすコロニーを対象に、住人の経済的自立のためのマイクロクレジット(無担保小口融資)を行っているのが、

ササカワ・インド・ハンセン病財団

通称SILF:Sasakawa-India Leprosy Foundation
です。



その融資先の一つである、インド北部、ウッタルカンド州の州都、デラドゥーンのコロニーを10月に訪れました。


(写真:Shiv Kushtu Ashram 全景)



デラドゥーンは、ヒマラヤ山脈の麓に位置する自然豊かな街。
ヒンドゥー教の聖地でもあり、祭事に使うお香やロウソクの需要が高いそうです。


16人ほどの住人が暮らすShiv Kushtu Ashuram(シブ・ハンセン病コロニー)では、SILFからの融資を受けて、コロニー住人全員で取り組むプロジェクトとしてロウソクづくりを行っています。

融資額は、26万ルピー(約50万円)。

このお金で職業訓練を行い、ロウソク作りのための着色料や糸、蝋などの素材と機械を購入し、事業を展開していきます。


(写真:2009年8月に行われたトレーニングの様子)


ロウソク作りは、熱したロウを扱うため、手の感覚がない回復者にとっては危険を伴う作業。

それでも、熱いものを扱う工程は手に感覚障害のない人をあてがったり、感覚障害があっても火傷をしないよう特殊な手袋をするなど、工夫をして取り組んでいます。



ハンセン病回復者に対する偏見はインドではまだ根強く、商品を作っても買い手を探すのが一番困難とのこと。

そのために、まずは規格のパッケージを他から購入して商品を販売し、買い手が固定されてきたら、「コロニーの製品だということを前面に出して、オリジナルのブランドを確立していきたい」と、リーダーの方は話してくださいました。


(左の男性がコロニーのリーダー。目力の強い、でも語り口の穏やかな方でした)



コロニーで初めて本格的に着手する収益事業。

作業や販売の過程でその他にも困難はあるだろうけれど、そこであきらめるか、それを打破する道を見つけ出せるかは、

コロニーリーダーの指導力と、プロジェクトに携わるメンバーのやる気次第。

前向きなコロニーと、後ろ向きなコロニーとで、結果は180度変わってきます。


目指すゴールは、
これまで「慈悲(charity)の受け手」として寄付をもらうだけだったハンセン病回復者が、経済的自立し、尊厳のある生活ができるようになること。


そのために、一人でも多くの人、ひとつでも多くのコロニーが「前向き」に融資事業に取り組める環境をつくることが、SILFと、その側面サポートをする日本財団に求められている役割だと考えています。




このろうそく、日本にいながらネットで購入……は、残念ながらできません m(_ _)m

(インドの他のコロニーで作られた品物は一部、日本の競艇場で販売されています!)


音量 日本にいながら購入できる品物たちは、山田さんのブログを玄関口にして色々な情報がアップされていますので、こちらをご覧ください!

音量 コロニー訪問詳細は日本財団ブログ・マガジンでも公開されていますので、こちらもあわせてご覧ください。
手話でつながる世界 [2009年11月05日(Thu)]

先週の金曜日、財団の助成事業の「アジアに拡がる手話辞書・教材の人材育成プロジェクト」の事業報告会のお手伝いに行ってきました。

香港中文大学から事業責任者のジェームズ・ウッドワード教授とグラディス・タン教授、コース受講中のケニーさんを招いての報告会。

ろうあ連盟や手話研究者などをはじめ25人の方々にご参加いただきました。

通訳者は、
英語⇔日本語2人、
日本語⇔日本手話3人、
英語⇔香港手話1人の、
計6人。

音声言語のみで行われる会議よりもインタラクティブな感じがする。
妙な一体感がありました。


(写真はイシイさんのブログから拝借)


印象的だったのは、ろう者の集まりは意外と私語が多いということ。

説明の最中も、くるっと振り向いて、または隣の人の肩をポンポンと叩いて、私語が始まる。

「今のどういう意味?」

「えっ? 研修中は食費も宿泊費も無料ってこと? いいね!」

(そして目の前の人にしか話していないつもりでも、会場中から読み取られてしまうので要注意です)


もうひとつ印象的だったのは、
「他国の大学と新しいネットワークを築くときはどうやって選ぶのか?」
という参加者の質問に対するウッドワード教授の答え。

「まず対象とする事業国を絞って、次に世界ろう連盟に連絡し、
候補国にしっかりした当事者団体があるかどうかを調べる


対象国・地域の当事者団体の協力は、研修生の募集やプログラムの内容など、プログラム推進の上で不可欠だそうです。


当事者の中から、問題解決に向けて動ける人材を育てたいのは、ろう者もハンセン病回復者も同じ。

しっかりした当事者の団体があり、当事者のエンパワメントがある程度進んでいる地域でなければ、さらに次のステップを目指す新しい事業を立ち上げるのはうまくいかない。
事業の中核を担える当事者の人材が存在しないからだ。


終了後にその感想をいうと、
「そりゃそうだよ。ベトナムでは事業を始められるようになるまで20年かかったよ」
といわれた。

…そうですよね。
ハイ。


たまに他の事業を覗くと新鮮で楽しい。

日本財団の海外における聴覚障害者支援事業についてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください。

イシイさんヨコウチさん、ヨシダくん、貴重な機会をありがとうございました&お疲れ様でした!
東マラ:元担当者のヒトリゴト [2009年03月22日(Sun)]



笹川スポーツ財団東京マラソンボランティア養成事業を、日本財団の助成事業として担当させていただいて、1年目(むしろ0年目)から、3年連続で、ボランティアの立場で関わってきました。

理由は、最初はただ単純に、大会当日に手持ち無沙汰になるのが居心地悪かったから。

でも今年関わった理由は、今までとはちょっと違う。


ひとつには、周りにいる人の関わり方が毎年少しずつ変わっていく中で、定点観測をしてるのがおもしろいから。

もうひとつには、スポーツボランティアの文化を広めるためにこれだけの労力(とお金)を注ぎ込んだなら、ひとりやふたりや3人くらい、その協力団体からボランティアとして関わる人が出ていいと思う。から。

それだけ魅力があるものを、この3年間で築き上げられてきたと思います。


…個人的にボランティアリーダーとしてはまだまた課題がありますが。(リーダーってやっぱり難しい!)


今年はうっかり申し込み忘れてギリギリのところで掬っていただきましたけど、
来年もまた何らかの形で関われたらと思います。


お疲れ様でした。


(写真は雨に濡れてボロボロになったボランティアパス)
東マラ:ボランティア閉会式 [2009年03月22日(Sun)]



17:45からビッグサイトの西ホール1で行われた、東京マラソンボランティアのクロージングセレモニー(閉会式)。

正直、今まで3年の中で一番良かったです。

司会は、これもボランティアリーダーの中から逸材のお二人が。

目の前にはずらりと並ぶボランティアリーダーをまとめあげる立場のキャプテンの方々。

その中には、確か4年前のまだ東京マラソンそのものが生まれてなかった頃に、笹川スポーツ財団が手掛けていたスポーツ・ボランティアリーダー養成講座でご一緒した方の顔もありました。




サプライズの石原都知事のビデオメッセージも受けが良かったけれど、一番胸に響いたのは笹川スポーツ財団藤本常務理事の言葉。

「私が主催者として、壇上でお話するのは今年が最後です。
来年からは壇上を降りて、皆さんの側に回りたいと思います。

“東京で市民マラソンをやらせてください”と、曽野綾子さんと一緒に初めて都庁を訪れてから、これまで“自分のマラソン”と思ってやってきました。
でも今日、コースを回りながら写真を撮っていて、“皆さんのマラソン”になったと確信しました。

許されるならば皆さん一人ひとりと朝まで酒を飲みたい気持ちです。

本当にありがとうございました」



これまで藤本常務とは幾度となく東京マラソンにまつわる話をする機会がありましたが、恥ずかしながら、
神輿を担ぐ人のわらじを編むための号令をかける人に、これほどの思い入れがあったことを初めて肌で感じました。



最後は、集まった160人くらいのボランティア&ボランティア事務局スタッフで、全員握手。
どこかでやったような?)



ランナーとして、観客として、ボランティアとして、職員として、関わった全ての方々へ。


お疲れ様でした。

ありがとうございました!



いきなりゴール。 [2009年03月22日(Sun)]

途中経過報告する間がありませんでした…
(あとゴールはセキュリティのため人の目が厳しくてボランティアウェア着て写真撮りにくかった)

16:10でレースが終了し、着替え終わったランナーとボランティアの波が出口へ向かいます。


ステージでは完走した古田さんが喋ってます。

何を喋ってるのか頭に入らない。

疲れました…。


律義に(なんて自分で言ってしまう)ボランティアのクロージングセレモニーに出て帰ります。

朝のビッグサイト [2009年03月22日(Sun)]

生憎の曇り空です。
風が強い!

外の特設会場の設営準備も大変そう

OWS3:ゴール! [2008年08月11日(Mon)]



雷雲が現れたため、ライフセーバーもカヌー隊も最終泳者のゴールを待たず、早めに上陸。

ヒデアキさんはもちろん、初参戦のチバさんも無事ゴールしました!
おめでとうございます 拍手


雷の中海に出るのは危険なため、葉山までの帰り道は漁船で送迎。
(気が抜けたような安心したような…)


夏といえば山キャンプ派の家に生まれ、海との交わりはこれまで少なかった自分の体に「夏といえば海!」モードが刷り込まれたのは、一重にも二重にもクロサワさん&ヨシザワさんのW澤コーチのおかげです。


関連団体が主催するイベントに、一般ボランティアと同じ立場で関われる機会は少ない。
担当部署を離れても、こうして関わりを持つことができるのは嬉しく思います。

来年からはどのような形の大会になるかはわかりませんが、
大会が続く限りは、また志の有る人たちで集まれると良いなぁ、と心から思います。


笹川スポーツ財団の皆様、大会実行委員会の皆様、事前の準備及び当日の運営、お疲れさまでした!
突然の参加表明にも関わらず受け入れていただきありがとうございました。

カヌー隊総指揮官の加藤さん、カヌー隊の皆さん、
当日駆けつけたNFおよび関連団体お手伝いの皆さん、
葉山の直前練習につきあってくれたスガイさん
葉山の直前練習に加えて、本番当日もゴールで迎えてくれたクロサワさん
快適な睡眠環境を提供していただいたフルサカさん、
美味しい夜食&朝食を用意してくださったケイコさん、
一緒に漕いでくれたサワタリくん、
そして往復の運転、カヌー指導と変わらず面倒をみてくださったヨシザワさん

本当にお世話になりました。ありがとうございました!


おまけ:出発前の浜のネコ。




OWS2:スタート地点 [2008年08月09日(Sat)]

(7:59)

本日の10kmコース、エントリー選手は367名だそうです。

ウォーミングアップ中。

財団からも2名参戦!

9時スタートです。



OWS1:逗子の朝焼け [2008年08月09日(Sat)]

(5:00)
*ようやく電波が入ったので遡ってアップします*

おはようございます。

湘南の海を舞台に行われるオープンウォータースイミング。
今年も水上シーカヤックボランティア隊で参加させていただきます。

今年はフルサカリゾートにお世話になりました m(_ _)m

怪我や事故なく、無事に大会を終えることができますように。

行ってきます!
かち歩き大会のご報告 [2008年03月11日(Tue)]

日曜日、かち歩き大会に参加してきました!

新宿→青梅の43kmを、飲まない・食べない・走らないというルールのもと歩き、心と身体を鍛えることが目的のこの大会。

大会自体は78回目を数えます。
私は、4回目の参加。
(過去の大会の様子はこちらとかこちらとかをご覧ください)

今回は(今回も、)半分の23.5km東村山コースでエントリー。


今回は親子や若いカップルで参加する人の姿が目立ちました。

青梅街道をひたすら歩き続ける。

もしかしたら参加者は、一緒に歩く人とじっくり向き合う時間を買うために、参加しているのかもしれない。


私はというと、初めて当ビル管理会社の東京BMCの皆さん+競艇振興センター(旧:競艇情報化センター)の常務理事+琴平町内会(海洋船舶ビルの所在地区)のうどん屋さんのご主人とご一緒させていただきました。

いやぁ〜、……勉強になりました。

人生の、異業種の、そして同じ業界の大先輩とお話するのは、今の立場を振り返る上でも貴重な機会になりました。
この場をお借りして、お礼をいわせていただきます。




(今回はデジカメと携帯までもをうかつにも忘れてしまったので、イラストで。)


TBSのニュースでも紹介されました!
| 次へ