CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«「公の仕事を民がやる」ということ | Main | 「実践野球教室と栄養学講座」1»
カテゴリアーカイブ
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
それぞれの道 [2005年09月20日(Tue)]

9月、10月と続く秋の3連休、1回目。
2回目と3回目は仕事の用事が入っているので、唯一自分の自由に使える今回の連休。
…でも特に旅行するでもなく、茅ヶ崎とか桜木町とか神奈川近辺をうろうろしてました。

この週末、学生時代から続いている関係の人たちと会って、一緒に時間を過ごしていて感じたこと。

20代の前半というと、ちょうどみんな自分の道を選んでバラバラに歩き始める頃で、
つい周りの人と比べてしまったり、環境が変わって自分の価値観がゆらいできたり、社会に出てもまだまだ半人前で仕事のやり方や、ひいては生き方までに急に自信を持てなくなったり…

実際私も、去年は地に足がついていなくて雲の上を歩いているような不安定な気分になる時期が多々ありました。(今も少なからずあるかも)

私の周りの人たちの中には、会社をやめて、新しいバイト先で毎日遅くまで仕事をこなしながら家族を養う人もいれば、家で生まれたばかりの子を抱えながら一人きりで子育てに奮闘してる人もいる。
単身で海外に留学しながらも日本で行政書士になるための試験勉強をしてる人もいれば、目標売り上げを達成できないことに悩みながら外回りの営業で闘う人もいる。

自分に自信が持てない時は特に、どうしても人と比較してしまいがちですが。
外で働く人は外で働く人、家で主婦業をやる人はその人なりの悩みがあって、どっちの方が偉いとか、どっちの悩みの方が深刻だとかは、比較して計れるものではないと思う。
「忙しい」=「偉い」わけじゃないし、「稼いでる」=「偉い」わけでもない。

自分が選んだ生き方の中で、それなりの悩みを抱えながら、「自分はがんばってる」と胸張って言えるくらい精いっぱいやるしかないんだよなぁ。

…そんなことを思った連休でした。


コメントする
コメント
自分の通る道には、近道も遠回りもなくって、自分の通った道が自分の道。
と自分に言い聞かせていますが、それでも目的を見つけるとその近道を考えて先を急いでしまったり周りの声に行き先を心配になるときがあります。
心配になるのは安定・安心な道を求めているときだと思います。どの道もいつまでも平坦な道が続くと限らないし、険しい道も続くとも限らない。安心を求めるならどんな道でもしっかり歩ける足を鍛えた方がいいのかも。自分の足に自信が持てるようになるために、今踏み出せる一歩一歩を大事にしたいと思います。
アワちゃんのブログ、またお邪魔させてもらってもらいます。                                                                                                                               
Posted by: のぶ  at 2005年09月21日(Wed) 06:56

アワちゃんいいなあ、青春まっただ中!って感じですね。貴女の未来は未知数、無限大の可能性があるんだよね。だいたい先の見えてきた年代になると、凄くマブシイよ。貴女がおっしゃるように精一杯やる事は本当だと思います。そうすることで、人は輝くんだとおもうな。
Posted by: oyaji  at 2005年09月20日(Tue) 22:15