CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«手話でつながる世界 | Main | deaf と Deaf の違い»
カテゴリアーカイブ
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
「外国人に言葉が通じた!」うれしさ。 [2009年11月05日(Thu)]



「手話って世界共通なの?」

と、よく訊かれますが、違います。


音声言語がそれぞれの地域で生まれてそれぞれの国・地域で変化していったように、手話もまた国・地域ごとに異なります。
(東京と関西でも微妙に違ったりします)


日本手話で育ったろう者は、日本語よりも、他国の手話の方が理解しやすいそうです。

ろう者同士で話すスピードにはやはりついていけませんが、手話初心者向けにゆっくり簡単な単語で話してくれると、ちょっと通じる。


どんな会話かというと、

私:日本手話(のつもり)
ケニー:香港手話


私)「日本に来るのは初めて?」

ケ)「3回目。
1回目と2回目は遊びで、3回目は仕事。

香港に来たことはある?



私)「まだない。

飛行機のトランジットではあるけど、空港から外に出たことはない。

いつか行きたい



おお〜。会話になってるじゃないですか!
ちょっとうれしい。

…とはいえ、大部分はウッディー教授とヨシダくんに通訳してもらい、残りはついていけずにひたすら手の動きをにらんで固まってましたけどね。

そろそろ初心者から脱したいなぁ。
いきなり手話で話しかけられても読みとれるようになりたいなぁ。。


ケニーに最後に訊かれた質問:

「将来はろう者に関わる仕事をしたい?」
(これはウッディー教授に訳してもらいました)

ん〜 わかりませんが、
手話やろう者の文化とは関わり続けていきたいと思います。


周囲の先生方、よろしくお願いします!!



(写真はアジア各国の手話辞典

と、その中身)



コメントする
コメント
>石井さん、ちばさん

みんなしてコメントありがとうございます!
お手伝い、楽しかったです。

香港、行きたいですね。たしかに、仕事よりプライベートで行きたいです。

ちばさんの夢は相変わらずデカイですねー。
ついて行きます、先輩!!
Posted by: awa→石井さん、ちばさん  at 2009年11月06日(Fri) 20:42

粟津さん
この間の報告会、夜遅くまで手伝ってくれてありがとう。
プライベートでもいいから、一度香港に行ってみると面白いですよ。
ご飯もおいしい!
石井
Posted by: イシイ  at 2009年11月06日(Fri) 12:06

将来は障害者支援全般を通して日本の地方活性と国際交流を推し進めもっと多様性があり寛容力のある日本社会を一緒に作っていきましょうおでん
Posted by: ちば  at 2009年11月06日(Fri) 09:58