CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«東京朝市 | Main | 上野駅の地下通路»
カテゴリアーカイブ
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

ウェブ全体
つぶろぐ
最新記事
最新コメント
sono
奄美出張4:伝統を伝えるということ (08/17) awa
出発の朝 (11/26) awa
カプチーノ (11/26) Kenzo
出発の朝 (11/24) わんな
出発の朝 (11/24) ちびすけ
カプチーノ (11/24) ssf.taka A
カプチーノ (11/21) アリサカ
お知らせ:11月からインドで働きます (11/10) awa→B&G岡田さん
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09) B&G岡田
お知らせ:11月からインドで働きます (11/09)
最新トラックバック
月別アーカイブ
色々な手話の世界 [2009年04月15日(Wed)]

3年前から職場の有志で立ち上げた手話サークル。

立ち上げからずっと講師を務めていただいたヒロカワさんが、秋からの留学準備のため、財団を離れることになりました。

昨夜はヒロカワさんと、新しいヒラツカ先生の歓送迎会。


ヒラツカさんはまた教え方が全く違って、授業の時は声を一切使わない。
音のない、完全にろう者の世界。

今までほぼ日本語対応手話で通してきたので、また異文化感を味わってます。


そうだ、ろう者の文化と健聴者の文化は異文化だったんだ、と、改めて先生の説明ではなく、ヨシダくんも含め三者三様の手話を見ながら感じる。

聴者文化との距離も、人によってさまざま。
違いに戸惑いつつ、学んんでます。


ヒロカワさんには、出張や何やらで出席率がものすごく悪い中で、嫌な顔(ほとんど)せず、お付き合いいただきました。
3年3ヵ月の長い間続けて来られたのは、本当に一重にも二重にも彼女の人柄のおかげです。
本当にありがとうございました!


写真は手づくりの手話「ありがとう」カード。
コメントする
コメント
飛び出す絵本で手話、すごいね笑顔
Posted by: 小梅  at 2009年04月16日(Thu) 17:31